2020.09.26 Saturday

納品例!! 「ソファー2台持の家」

 

ジョージ ポージの顧客は「違う」!?

 

何が違うのか?

 

「意識」!!

 

家具・インテリアに対する意識が違う。

 

 

例えば今回納品させていただいたS邸。

 

リヴィングスペースにソファーを2台納品させていただいた。

 

「車の2台持ち」は時々耳にする。

 

しかし一般家庭で「ソファーの2台持ち」はなかなか聞かない。

 

 

もちろん単純に建坪を大きくして、広いリヴィングスペースを確保すれば容易なこと。

 

そういうことではない。

 

インテリア(空間)をどのくらい意識して家を建てるか!?

 

ここがポイントになる。

 

一言でいえば、自分たちの生活スタイルをいかに客観的に見られるか?

 

自分たちはどんな生活スタイルで、どこの部分にスペースが必要で、どこの部分をコンパクトにするか?

 

それと同時にどんなサイズのどんな家具を「道具」として配置するのか?

 

これが把握できて初めて「図面」ができる。

 

 

 

 

 

「新築」

 

●99%以上の日本の新築の仕方 

 

々務店(ハウスメーカー他含め)と契約 → ◆嵜淕漫廚決定 → 「家具」選びが始まる。

 

●一部の僕の顧客の新築の仕方

 

々務店と契約 → ◆峅閥顱Χ間」の相談、家具がおおよそ決定する → 「図面」が決定。

 

 

99%以上の例では、 峽戚鵝弭務店とお客様双方の仕事 ◆嵜淕漫弭務店の仕事 「家具」お客様の仕事

 

一部の僕の顧客は、 峽戚鵝弭務店とお客様の仕事 ◆峅閥顱Χ間」ここが僕の仕事!! 「図面」工務店の仕事

 

 

この違いがわかるかな〜!?

 

 

ex.

 

友達に何かプレゼントをする際。

 

雑貨屋さんに行く。

 

まず先に「箱」を決める!?

 

決めないよね。

 

まずはプレゼントを決める。

 

つまり、中に入れるものを決めてから、箱が決まる。

 

中にどんなサイズの物が入るか決まる前に箱を決めることはないでしょ。

 

 

日本なんて欧米から比べると「狭い」場合が多い。

 

接客をしていると、「日本は狭いから・・」とすぐに言い訳をするやつらが多い。

 

そうではない。

 

狭いからこそ、中に入れるモノのサイズをしっかりと把握、決めてから、外側の箱を決めるべき。

 

ここの意識の違い!!

 

 

 

 

だから僕はいつも思う。

 

日本の一般家庭を設計する設計士は気の毒。

 

 

だって設計士の人達は毎回中に入る家具のサイズを知らされずに想定で設計をしている。

 

 

新築経験のある人。

 

図面の打合せがある前にきちんと中に入る家具のサイズを担当者に伝えられましたか?

 

ほとんどの答えは「NO」。

 

まあ何度も図面の打合せをしている中で、多少家具のサイズについて話をした人もいると思うが・・。

 

1回目の打合せ(真っ新な状態で)家具のサイズが伝えられたか?どうかという問題。

 

何事も最初と途中ではずいぶん違うと僕は思う。

 

 

変わってくるよね、「家づくり」。

 

 

僕は家を作らない。

 

僕は図面を書かない。

 

工務店でも、大工でもないから・・。

 

設計士ではないから・・。

 

 

 

当たり前のことだけれども、お客様は好きな工務店、設計事務所を選べばよい。

 

(自身がない人は僕が紹介します)

 

その後が僕の仕事。

 

 

もう一つ。

 

工務店(ハウスメーカー含めね)= 家を作るプロ。

 

設計士(建築士含めね)= 図面を書くプロ。

 

僕 = 家具・空間のプロ。

 

 

 

僕は工務店さん工務店さんの「なんちゃら工法」だとか、売りにしている部分だとかにあまり興味がない。

 

それは工務店さんの仕事であり、お施主さんが自分にあった、良いと思う工務店と契約すればいいことだから・・。

 

僕との打ち合わせの中で、「この柱は抜けない」なんて話がある。

 

それは設計士さんの仕事だから、僕はその柱ありで空間を考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直僕の顧客に家具を提案する場合、すごーく時間がかかる。

 

家具だけではなく、空間の提案も入るから・・。

 

だって切り離せないでしょ・・。

 

家具と空間(スペース)。

 

きちんとやろうとしたら・・。

 

 

ファッションをコーディネートする際、着る人の体型って絶対無視できない。

 

インテリアをコーディネートする際、家の図面(空間)って絶対無視できない。

 

 

人(体型)= 図面(空間・スペース)

 

服 = 家具

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もなんだかまとまらないブログ・・。

 

でもなんとなく「ジョージ  ポージはこんなことが言いたいのだろうな〜」ってことが伝わればOK!!

 

 

 

 

 

まとめ。

 

今日紹介する顧客。

 

リヴィングにソファーが2台。

 

きちんと早いうち(独身であったり新婚時であったり)から「意識」をして家具を買う、使う。

 

インテリアを「意識」すると、「新築時の家づくりが違ってくる」という話。

 

そんなことをまえがきとして少し説明したかった。

 

 

 

 

 

ソファーは「スタンダード」で「ミモザ」。

 

このデザインずっと売り続けている。

 

「ストレート」なデザイン。

 

「GEORGE PORGIE STANDARD」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「GEORGE PORGIE STANDARD」とは10年経っても色あせない「デザイン」であったり「商品」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リヴィングテーブルは「古材」を使用した雰囲気のあるモノをチョイス。

 

 

 

 

 

 

 

僕の顧客の多くは、リヴィングテーブルに「足」をのせる。

 

インテリアがきちんとしている人になればなるほど、リヴィングテーブルに足をのせるようになる。

 

わからないでしょ、インテリアの凡人は!?

 

 

 

「何言っているの」!? なんて年配者がいるかもしれない。

 

そうではない。

 

これもきちんとした「意識」の問題。

 

 

 

 

人に教わるということは簡単なこと。

 

だからこの件に関しては答えを書かない。

 

考えて、どういうことか?

 

答えがわからない人、興味がある人は僕が答えを教えますのでご来店ください。

 

同業者も可。

 

 

 

 

僕のブログやフェイスブックを同業者が読んでいることを時々耳にする。

 

「〇〇のインテリアショップの社長がジョージ ポージさんのブログ読んでいるよ」って

 

メーカーの営業マンから聞く場合もある。

 

 

 

盗まれる(違法じゃない)こと、真似されることがたくさんある。

 

まあそれはしょうがない。

 

もちろん僕もいいことは盗みますし、真似しますし、参考にさせていただきます。

 

しかしそればかりでは結局「金魚の糞」みたいなこと。

 

だから僕は最近ジョージ ポージのエキスを以前より排出(公開)している。

 

真似されて、追いつかれて、僕はより一層先を走るために・・。

 

 

 

僕は誰になんと言われようとも、「裸の王様」でいいと思っている。

 

インテリアショップだよ!?

 

販売しているものは「家具」であるけれど、「感性」で勝負している。

 

「俺が一番」という「尖った気持ち」がなければ、勝負になんてならない。

 

俺の「感性」が鈍った時が僕の引き際!?

 

 

 

 

 

 

また脱線!!

 

 

 

残念、横になってしまった。

 

首をかしげて見て!!

 

 

 

 

 

食器棚は造り付けにせず、置きタイプで。

 

これはMADE IN JAPAN(国産)で安価なものをチョイス。

 

生活スタイルが変わった際、置きタイプだと買い替えや移動が安易。

 

同デザインでサイズ違いのモノを2台用意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイニングテーブルは、

 

「無垢」

 

「ウオールナット材」

 

「黒鉄脚」。

 

 

ダイニングチェアーはこれも「GEORGE PORGIE STANDARD」で。

 

ずっと売り続けているチェアー。

 

 

 

 

 

奥に見える白い扉!?

 

開けると何だと思う!?

 

よーくみると2枚左右対称にできている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは「子供部屋」!?

 

子供部屋の入口がダイニングスペースにある。

 

 

 

「えっー」と思った人もいるでしょ。

 

でもあなたはこの間取りに住んだ経験がない。

 

この間取りは僕が提案したものではないけれど、お客様はきちんと考えて、意図的にこの間取りにした。

 

日本人は見たことがない、聞いたことがない、経験したことがない、と否定する場合が多い。

 

 

 

今の僕の寝室。

 

寝室のドアを開けて、3歩で冷蔵庫。

 

一年に数回かもしれないけれど暑い夏、夜中に喉が渇き水分補給に行くには最高の間取り!?

 

 

 

 

 

 

 

それからちょっと普通の家と違うところ。

 

打合せの中でキッチンと冷蔵庫の間のスペースをどう埋めるか考えた。

 

僕が「業務用の調理台」を提案。

 

 

 

 

 

 

一般家庭に「業務用の厨房機具」は普通提案しない。

 

でも打合せの中で僕がオススメした。

 

もちろん今回のお客様は顧客。

 

僕のスタンスはある程度理解済み。

 

 

本当に、心からこのスペースには最適だと思ったからすすめた。

 

食器を収納するスペースは先に紹介した食器棚2台で十分。

 

あとは炊飯ジャーやコーヒーメーカー(濡れる恐れがあるモノ)をどこに置くか?

 

業務用の調理台だから素材はステンレス。

 

濡れようが、スチールたわしでこすろうが、問題なし。

 

生活スタイルが変わって、不要になっても問題無。

 

素材がステンレスだから、ステンレスとしても売れる。

 

中古厨房器具としても売れる。

 

2杯引き出しがあれば、シルバーや箸が十分に収納できる。

 

ダイニングスペースは独立型だから扉を閉めれば、リヴィングから見えない。

 

調理台の足元は、オープンスタイルで。

 

少し余分にお金を払えば、扉付にもできる。

 

 

 

日本中のインテリアショップで一般家庭に「業務用厨房器具」を提案する店は無い、少ない。

 

 

 

僕の生まれた実家は「キッチン」ではなく、「厨房」だった。

 

すべてが業務用。

 

ガスコンロからオーブンまで。

 

今僕が住んでいるところもキッチンはすべて業務用。

 

ガスコンロ、シンク、食器棚から食洗器まで。

 

 

 

 

僕が子供のころからずっと、今も毎日使っているから「業務用厨房機具」の良いところも悪いところも知っている。

 

だから何のためらいもなく経験から提案ができる。

 

モノなんて誰でも仕入れることさえできれば売れる。

 

しかし経験がないと良いところと悪いところを伝えることができない。

 

クレームになる場合もある。

 

 

 

 

 

 

 

2台目の「2ndソファー」。

 

「Daybed」!!

 

これも長い間「ジョージ ポージ」で売り続けている定番商品。

 

「GEORGE PORGIE STANDARD」

 

 

 

奥様が昼寝をするも良し。

 

庭を眺めるのも良し。

 

 

 

抜群にカッコよい!!

 

 

 

 

 

日本の冬は乾燥する。

 

「無垢材」、特に「古材」は乾燥による「割れ」「ヒビ」が出る。

 

 

今回僕は納品に行く予定ではなかった。

 

しかしご主人に「社長来ないの?」って脅された、。

 

僕も納品に立ち会った。

 

 

 

ついでにメンテナンスの仕方を教える。

 

 

ヽ笋譟▲劵咫隙間にマスキングテープを張る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△靴辰りと「木工用」ボンドを入れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスキングテープを剥がして終了。

 

 

 

 

 

 

ポイント。

 

早めのメンテナンス。

 

しっかりと木工用ボンドを入れる。

 

マスキングテープが無い、ボンドがはみ出た場合は濡れた雑巾でしっかりと拭き取ればOK。

 

 

 

 

 

 

「無垢」「古材」について

 

「板」という字は「木」が「反る」と書く。

 

反らなければ本物ではないのです。

 

反ることが嫌なら「プリント合板」でも買えばいい。

 

それだって反ることがある。

 

そうだそういう人はプラスチックかガラスがいいんじゃない!?

 

 

 

 

「無垢材」が「反る」、「割れる」、「ヒビが入る」。

 

いくつも原因が考えられます。

 

そのうちの1つ。

 

最近の住宅は機密性が良い。

 

コレが原因の場合もある。

 

コレは住宅や住んでいる人にとってはとても良いこと。

 

ただ一部の家具にとって都合が悪いだけのこと。

 

家具に限らず「モノ」には良いところも悪いところもある。

 

わからない人は僕のところに来て。

 

説明します。

 

 

書く事、書きたい事はたくさんあるけど今日は疲れたから終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.09.21 Monday

掲載誌!!「relife」

 

今月は2冊。

 

連休、県外からのお客様が多い。

 

 

]休のせいか? 

 

∋┿鏃悩椶里擦い?

 

 

 

 

答えは20年「好き勝手にやっているから!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が店の外に出ると「品川」と「熊谷」ナンバー。

 

県外からありがとうございます。

 

感謝。

 

 

 

 

 

「好き勝手にやっている」と書くとジョージ ポージを知らない人は勘違いするかもしれない。

 

ジョージ ポージ的「好き勝手」=「あまりマーケティングをしない」

 

世の中で何が売れているとか、世の中の消費者はどんなものを求めているとか、そんなことは関係ない、参考程度。

 

 

顧客、紹介のお客様が多い中、世の中で何が売れているかよりも、ジョージ ポージにご来店いただくお客様が何を求めているか?

 

これが大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はフェイスブックが長くなったのでコレでおしまい!!

 

 

2020.09.20 Sunday

掲載誌「住まいの設計」Sumai

 

表紙がグレーなのは〇〇事務所のタレントさんが表紙だから・・。

 

HPやSNSにアップすることがNG。

 

人によっては「タレントなんて露出することが仕事だろ!!」という人がいるかもしれない。

 

しかしそれはそのタレント事務所の社長が考えること。

 

 

子供のしつけや教育はその家の親が考えること。

 

基本他人が口出しすることではない。

 

飲食店がコーヒーを提供する際、マグカップにするか?カップ&ソウサーにするか?

 

ドリンクバーにするか?人間がテーブルまでサービスするのか?はそのお店が考えること。

 

 

いい機会なのでジョージ ポージについて

 

約20年前、少しヘソの曲がった僕が始めたお店 ←少し謙遜しているつもり・・。

 

一般的なインテリアショップとは異なる部分がたくさんあることも事実。

 

例えば閉店時間について。

 

ジョージ ポージでは10年以上、閉店時間20:00、ラスト入店19:30!?

 

このような体制をとっている。

 

時々閉店5分前に来て「ちょっと見せて」というお客様がいる。

 

僕は「ちょっと見せたくないのです」。

 

 

至らないところだらけのジョージ ポージではありますが、

 

命をかけて家具を仕入れ、提案、販売しているつもり。

 

なのでしっかりと見ていただきたいのです。

 

 

 

「買う」「買わない」は僕らの仕事ではない。

 

それはお客様の仕事。

 

僕らの仕事は「買う」「買わない」の前まで。

 

ジョージ ポージはネット屋ではないし、量販店でもないので出来るだけきちんと提案したいのです。

 

 

 

それから例えば安価な商品は安価な部分(壊れやすいとか、ここがウィークポイントとか)を

 

出来るだけ説明して販売したい。

 

安価な商品もたくさん販売しますので・・。

 

 

 

創業以来ジョージ ポージでは「心地良い家具をリーズナブルなプライスで」をモットーにしている。

 

僕は毎日のように「この椅子はダメ椅子です」と言って安価な椅子を販売している。

 

「ダメ椅子なら販売しなければ!?」と思う人もいるでしょう。

 

その通りです。

 

しかしこれも経験からなのです。

 

一般的なインテリアショップとジョージ ポージの大きな違いの一つ。

 

ジョージ ポージでは配送させていただく家具の90%以上を自社配送している。

 

「効率!?」 あまり考えたくないワード!!

 

 

 

例えばダイニングテーブルを買っていただいたお客様のところへ配送に行く。

 

僕らがテーブルを組立てている横で、ご主人がインターネットや安物店で買ってきた

 

安価な椅子を組み立てているケースがある。

 

いくらの椅子を買おうがそれは消費者の自由。

 

(もちろん店頭では安価な椅子と適正価格の椅子の違いを説明することは多々あります)

 

そんな時僕は心の中でこう思う。

 

「ご主人1万円、2万円の予算でその椅子買うくらいなら、同価格帯でもっとまともな椅子あるのになあ〜」と思うことが。

 

そんな思いから、昔に比べ安価な商品も増やした。

 

 

新築のお客様が、「1点豪華主義」で高いモノを買ったとしても、素敵で心地よいインテリアには仕上がらない。

 

ジョージ ポージですべて揃えようが、他店で半分購入しようが、全体を考えて家具を提案するのが僕らの仕事。

 

 

 

店頭に並ぶ99%の商品は僕が何かしらの理由があって仕入れ、展示をしている。

 

「こんなシチュエーションのお客様が来た時にはこの家具を提案しよう」とか。

 

そのための商材、家具がジョージ ポージには並んでいる。

 

 

「他店で売れているから」、「全国で売れているから」、なんてことは参考程度。

 

あくまでジョージ ポージにご来店いただくお客様をベースに考え商品を選択する。

 

 

一般的な消費者は一般的なインテリアショップで、一般的なスタッフに相談して家具を買えばいい。

 

僕のように「俺、私、少しヘソ曲がっているかも? インテリア・家具に対しては・・」

 

なんて気持ちがある人はぜひご来店ください。

 

「ピッタリ」とはまるかも!?

 

 

 

 

 

いつものことだけど、ブログのタイトルと文章が一致していない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.09.20 Sunday

PORSCHE 924

 

ずっとお世話になっている one of 顧客。

 

今回は「ポルシェ924」のシートの張替を頼まれた。

 

 

ポルシェ924が欲しくなった。

 

小さくて良い。

 

最近の車は大きくなりすぎ。

 

もちろんメーカーは安全性を考慮しなければならない。

 

 

僕は車も家具もクラシックが好き。

 

 

924について話をすると長くなりそうなので・・・。

 

 

 

 

 

朝少し早起きをする。

 

僕は毎朝少し薄目のコーヒーを500ccおとす。

 

そのためのお湯を800cc沸かす。

 

その間にケーブルテレビをチェック。

 

お気に入りの映画、好きな俳優が出ている映画が流れていないかを確認する為。

 

今朝は「ロバート デニーロ」だった。

 

いつからだろう「ロバート デニーロ」がカッコいいなあと思い始めたのは!?

 

 

 

事前に番組表をチェックすることはない。

 

好きな映画、好きな俳優の出演作は何度も見ている。

 

途中から見ても何の問題もない。

 

 

 

 

PORSCHE 924

 

 

FRのクラシックポルシェです。

 

 

 

 

 

 

 

当時はそれほど感じなかったけど、この角度928とシェイプが・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

非力!?

 

十分です。

 

この車で高速道路をかっ飛ばす人はいない。

 

ゆっくりと街乗りをすればいいのです。

 

 

 

 

 

 

車も家具も洋服も、

 

「どう乗るか?」

 

「どう使うか?」

 

「どう着るか?」

 

 

 

 

 

 

 

ヤレ具合とこの色が抜群にカッコいい。

 

決して日本人的ではない。

 

日本人は「黒か白」で少しでもきれいにしようと努力する。

 

 

 

 

90年代の東海岸。

 

住宅街にひっそりと路上駐車されている924を彷彿させる。

 

 

 

 

西海岸ではない。

 

西海岸でサーフィンしている奴らはこの色は好まない。

 

やはり東海岸。

 

 

 

 

 

 

少し涼しくなってきた。

 

そろそろジャケットを羽織り、今年も古い車に乗る季節がやって来た。

 

 

 

 

 

 

 

2020.09.18 Friday

別注シェルフ納品

 

ずっと家具を買っていただいているお客様。

 

そんな大事なお客様の事務所。

 

今回はオーダーでシェルフを製作、納品させていただきました。

 

 

僕の個人的な見解として一般的には、別注、オーダー、オリジナルについてはあまりオススメをしない。

 

なぜなら消費者にそれほど得があるとは思えないから・・。

 

既製品の中から「最適な商品をご提案させていただく」ほうが消費者にとっては得があると僕は考える。

 

ここがポイント!!

 

一般消費者が数あるお店の中から(路面店でもインターネットでも)最適だと思う商品を選ぶ事と、

 

我々プロが豊富な商品の中から最適だと思う商品をご提案させていただく事とでは大きな違いがある。

 

同面積のお店と比べ、約3倍の家具を陳列しているジョージ ポージではあるが、

 

それでも店頭に並べることができる家具の点数は限られる。

 

 

ここで「ジョージ ポージの使い方」です。

 

,泙困翰菘垢い燭世。

 

△曚靴ぞι覆鬟好織奪佞冒蠱漫

 

E切な商品が見つかった場合 → ご購入ください。

 

 適切な商品が見つからなかった場合 → 展示品以外をご提案させていただきますので遠慮せずに「何か探して」と・・。

 

 20年もやっていると取引先の数だけは膨大!?

 

 僕が家具に対しては雑食なので・・。

 

 

 

 

人生のうち一度は911(ポルシェだよ)を新車でカラーオーダーしたいとずっと思ってきた。

 

吊るし(カタログ)には無い色。

 

本国オーダー。

 

 

僕は中古が好き。

 

新車に対してのこだわりはない。

 

新車は基本みんな一緒でしょ。

 

でも中古車には1台1台個性がある。

 

前のオーナーがどんな風に愛情を注いでいたのか?など。

 

911の新車が欲しいわけではない、新車を注文する機会があれば色については本国にスペシャルオーダーがしたい。

 

カタログには載っていない色。

 

 

ずいぶん前一度ディーラーで聞いたことがある。

 

当時の現行911に「リネングレー」を塗りたくて・・。

 

車の色には名前がついている。

 

「リネングレー」

 

930や964では塗られたことがある色。

 

以前911に塗ったことのある色でももう一度本国で検証するんだって。

 

本国NGなら塗れない。

 

 

話がずいぶん脱線したけど「こんな時はスペシャルオーダーでいんじゃない!?」って話。

 

時間とお金をかけて楽しむ。

 

 

車も家具も何でもそうだと思うけれども、一部の人にとってはオーダー・別注・オリジナルが

 

既製品よりもはるかに魅力的な場合がある。

 

 

 

今回の納品先もそんな一つの例かもしれない。

 

「ここは少し時間とお金をかけてでもピシッといきたい」そんなシチュエーション。

 

お客様が事務所に入って座るテーブルの正面。

 

言ってみれば事務所の「ファザード」の次に大切な場所。

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

サイズの都合で同じ棚を2台。

 

この棚にカタログなどが整列されます。

 

今回はオーダーで大成功!!

 

 

 

2020.08.22 Saturday

EAMES DCM Herman Miller

 

One of my favorite chair.

 

Herman Miller DCM by Eames.

 

 

お客様からご依頼があったので店頭に出してきた。

 

手前は少しvintage。

 

 

今日のブログは家具ディーラーぽい!?

 

この商売を始めた頃、全国でともにミッドセンチュリーの家具を販売していた同業者たちがボチボチ存在した。

 

しかしそのほとんどが廃業したり、転業!?したり・・。

 

もちろん僕も20年前と現在では販売している家具の種類が違う。

 

でもまだジョージ ポージは頑張っています、ミッドセンチュリーの家具も販売しています。

 

 

やっぱり僕はこの手の家具が大好き。

 

 

さあ問題です。

 

どれが本物で、どれが偽物でしょうか?

 

 

画像では少し難しいかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向かって一番左が「偽物」です。

 

 

昔買い取った商品。

 

基本「偽物」を仕入れることは無い。

 

買取の現場に行った際、欲しくなかったけど面白いので仕入れてみた。

 

「偽物」としては出来が良かった。

 

その買取現場、ほとんどの家具が「本物」だった。

 

ハーマンミラーも多かった。

 

何故かコレだけ「偽物」だった。

 

 

「偽物」が見抜けないようでは僕の商売は成り立たない。

 

隣に「本物」が並んでいれば素人でも見分けることができるかもしれない?

 

 

ジョージ ポージのスタッフがこんなことに興味があるのかないのかは知らないけれど、

 

僕が「偽物」を仕入れてくることによって、興味のあるスタッフは「本物」と「偽物」の違いを

 

勝手に勉強することができる。

 

ジョージ ポージにはたくさん「本物」が存在し、今回のようにシャレで「偽物」を仕入れてくることもあるのだから・・。

 

 

 

「本物」と「偽物」を見極める、「質感」を「質感」で、判断できるようになる。

 

仕事なんてものは教えてもらうことではないと僕は考える。

 

好きな仕事であろうが、そうでない仕事であろうが、生きていくためには働かなくてはならない。

 

結局同じ時間働くのであれば、何事にも興味を持ったほうが得!?

 

今役に立たないことでも、いつの日か役に立つ日が来るかもしれない。

 

そんなことを繰り返し僕は目が利くようになったのかもしれない。

 

 

 

僕の人生なんてほとんどがそんな感じ。

 

家具が好きでも家具屋を始める気なんてサラサラなかった。

 

ではなぜ家具屋になったのか?

 

この商売を始めるずっと前から個人輸入をしていた。

 

車やバイクやベッドや洋服など興味があるもの何でも。

 

その経験から家具屋を始めた。

 

ただそれだけの事。

 

趣味!?がいつの日か本業になった!?

 

 

 

お金があったわけではない。

 

親に少し借りたことはあっても、それはこの商売を始める前の事。

 

車1台分くらい・・。

 

 

 

経験なんて何もない。

 

誰も教えてくれない。

 

「検索」する時代でもない。

 

国際電話でさえまともに出来ない時代。

 

「高かったな〜」国際電話の通話料。

 

 

騙されたりもした。

 

 

 

でも若かった。

 

だから怖い物なんて何もなかった。

 

「人がやっていることなんて何でも出来る」

 

そう思っていた。

 

そんな思いだけだった。

 

 

今の時代は簡単。

 

嘘だろうが、検索すればほとんどのやり方は書いてある。

 

その情報が正確かどうかは別にして・・・。

 

 

 

 

イームズのDCM。

 

僕はこの椅子がずっと好き。

2020.08.14 Friday

入荷予定!! 本革ソファー

 

「フェイスブック」では紹介した??

 

「ブログ」ではまだ!?

 

 

 

自称「日本一尖った本革ソファー」

 

すでにオーダー済。

 

今、作らせているところ。

 

9月の頭には店頭に並ぶ予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本革は豊富なカラーバリエーションから選択できます。

 

何がうれしいって、価格がリーズナブル。

 

コロナの影響で「革」の価格が安くなっている。

 

その分をしっかりと販売価格に反映。

 

昨年から比べると最低でも約5万円以上安いみたい。

 

 

何が自称「日本で一番尖っている本革ソファー」なのか?

 

仕上がったら見に来てください。

 

「色」です。

 

 

たくさん販売しようと思えば、画像のような「キャメル」や「ブラウン」を展示すればいい。

 

しかしたくさん売る事よりも、「カッコ良いソファー」を見せたい、提案したい、という事のほうが優先になってしまった。

 

2020.08.10 Monday

買取 Shoemaker chair

 

フェイスブック書いて、ブログが疎かになりがち!?

 

Shoemaker Chair の買取

 

4台買い取りました。

 

全体的にコンディション◎

 

1台だけ未使用。

 

残念なことに「ア〇タス」さんで購入し、ソープフィニッシュ。

 

ジョージ ポージが販売する Shoemaker Chair とは仕上げが違う。

 

欲しい人いたら手を挙げて。

 

店頭では新品も販売しているし、邪魔だから・・。

 

2020.08.10 Monday

ウォールナット 無垢 オイル仕上げ 

 

素敵なダイニングテーブル入荷しました。

 

ウォールナット材

 

無垢

 

フィニッシュはオイルでもウレタンでも対応可能

 

展示は「オイルフィニッシュ」

 

サイズは1500mm〜2000mmまで対応できますので安心してください。

 

因みに展示は2メートルで展示中。

 

 

ちょうどいい感じで仕上がっています。

 

価格はかなりリーズナブル。

 

2020.08.09 Sunday

アルミナムチェアー 入荷

 

先月?先々月?コロナが少し落ち着いていたころ、

 

東京(青山)に行った際仕入れたHerman Miller アルミナムが入荷した。

 

こんなものコロナでアメリカに行けなくても20年一生懸命に仕事をしていれば

 

国内でも仕入れが出来る。

 

 

いい感じでヴィンテージ。

 

これから仕上げる。

 

とは言うもののそうそう簡単に仕入れが出来る商品ではないので、

 

まずはオーダーいただいているお客様の分から・・。

 

余った分は普通に販売致します。

 

なぜだか最近キャスター付きではないこの手の椅子が売れる!?

 

 

興味がある人はお問い合わせを。

 

ちょっと「ミッドセンチュリーやっています」感のブログでした。

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM