2020.04.27 Monday

納品例!! モダン!! レンタル!!

 

 

昨日は「東京の現場」について書いた。

 

「木」をきざんで、店を作る。

 

今日は家具の「レンタル」。

 

 

 

ジョージ ポージの業務。

 

家具販売

 

家具コーディネート

 

家具レンタル

 

家具修理

 

家具輸入

 

家具買取

 

その他・・。

 

 

正直「家具販売」以外商売にはならない。

 

しかしなぜやるのか?

 

 

仕事をしているとよく「それは俺の仕事じゃない」なんてやつがいる。

 

可哀そうだよね、そんな奴って。

 

人間なんて死ぬまで、定年まで、仕事をしなければならない。

 

自営業だろうが、サラリーマンだろうが、自分の仕事に飽きることがある。

 

だから僕は商売にならない仕事もする。

 

 

まずはアメリカからヴィンテージの家具を輸入した。

 

ほしい物、売りたい物はほとんど扱った。

 

飽きた。

 

 

古い物は売るために直さなければならなかった。

 

修理もした。

 

塗装もした。

 

飽きた。

 

 

国内のユーズドも仕入れた、販売した。

 

飽きた。

 

 

販売するために買取もした。

 

飽きた。

 

 

古い物に飽きたので、新しいものを販売した。

 

飽きた。

 

 

売ることに飽きたので、レンタルしてみた。

 

飽きた。

 

 

売ることに飽きたので、コーディネートしてみた。

 

飽きた。

 

 

コーディネートすることに飽きたので、店作りを手伝ってみた。

 

飽きた。

 

 

そんなことの繰り返し。

 

僕は目の前に出された課題、仕事は精一杯こなすタイプ。

 

結果、20年家具屋が続けられてきたような気がする。

 

 

 

 

 

店にいて、事務仕事に飽きる。

 

そんなときはトイレ掃除をすればよい。

 

 

接客して、疲れる。

 

そんなときは植物に水をやればいい。

 

 

どうにも嫌になったときは、近所の奥さんやご主人と世間話をする。

 

 

 

 

僕はほとんど人に教わったことがない。

 

試行錯誤して。

 

見て、盗んで。

 

出来そうなことはやってみる。

 

 

 

 

 

結果、家具屋(ジョージ ポージ)をはじめ、

 

販売から修理、買取、レンタル、配送、その他 何でもできるようになった。

 

 

 

 

 

時々同業者に言われることがある。

 

「レンタルどう?」とか。

 

「ヴィンテージは儲かるでしょ?」とか。

 

やってごらん!!

 

 

 

 

 

 

 

今回はちょっと「モダン」!!

 

完全にヨーロッパ!!

 

ソファーは異色!?「SANCAL」

 

スペインのメーカー。

 

日本人はあまり買わないかも!?

 

特に一般住宅では・・。

 

サイズもデカイ。

 

 

 

 

リヴィングテーブルも日本的ではない。

 

 

 

 

 

ダイニングはこんな感じ。

 

 

格好いいじゃない!?

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい「箱」がいいと、家具も映える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大抵のことは飽きるほどやりました。

 

でもそれはたくさんやった、経験させていただいたという事。

 

飽きるほど、経験豊富なジョージ ポージに何かご依頼があるのであれば

 

まだまだ僕らは精一杯仕事させていただきます。

 

 

飽きても、嫌になっても、家具の仕事をする以外、能がないのだから・・・。

 

 

 

 

「がんばりま〜す」。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.11.29 Friday

レンタル 「アンティーク テーブル」

 

近所のウェディングレストランの担当者から電話があった。

 

「撮影で使うアンティークのテーブルを探している」とのこと。

 

店頭に並んでいない僕のコレクションの中から、「コレは」と思うものを。

 

 

 

いいでしょ。

 

でも最近アンティークは売れない。

 

何でも流行がある。

 

もちろん買う人が誰もいないわけではない。

 

都会では成り立つであろうし、地方でも高級なアンティーク店は存在する。

 

それからアンティークの雑貨などをメインにしたお店もいいんじゃない。

 

場所とらないし、配達の必要ないから・・。

 

しかしながら、ジョージ ポージが得意とする安価なアンティーク家具はダメ。

 

多分全滅!!

 

そんなもの扱っているショップ、もう日本にはないような気がする。

 

 

 

理由はたくさんある。

 

 

理由

 

一番の理由は中国製の偽物が多数出回っているから。

 

 

理由

 

景気も悪いでしょ。

 

 

 

経済産業省は何とかフライデーって言うけれど・・。

 

(自動車税が引き下げられるという事なので経済産業省のHPを開いてみた)

 

プレミアムフライデーとは?

 

●ちょっと長めの休日「2.5日旅」

 

●夕方からゆっくり「アーリーディナー」

 

●平日昼間に「午後ブラショッピング」

 

●友達みんなでゆっくり「夕飲み」

 

●好きな街を「アフタヌーン歩き」

 

●昼からたっぷり「アフター3エンタメ」

 

●家族そろって「午後パー」

 

●月末金曜はみんなで「早あがり」

 

なんてことが書いてある。

 

大抵のことに費用(お金)がかかる。

 

こんなに景気が悪くて「2.5日旅」出来るか?と思っている人も多いはず。

 

 

 

 

 

同じようなものが、アンティークで10万円、中国製の「アンティーク風」で3万円。

 

さあ、みなさんならどちらを選ぶ?

 

ジョージ ポージの顧客だと本物のアンティークかもしれないけれど・・。

 

一般のユーザー(引っ越し・新築以外に家具を買わない人、昨年一年間で家具を買っていない人)なら、

 

「アンティーク風」を選ぶに違いない。

 

 

 

景気が良い時期なら一般ユーザーでも10万円を選ぶ人は多いだろうけど・・。

 

 

 

それから「アンティーク風」は、きちんと日本サイズで作られている。

 

規格も現代にあわせて作ってある。

 

 

よほどのアンティーク好きじゃない限り、「アンティーク風」を選ぶに違いない。

 

 

 

他にも理由はあるけれど・・・。

 

 

 

 

話の趣旨がどんどん変わってしまうので。

 

話を戻して、レンタルしたアンティークのテーブルが陽の目を浴びました。

 

 

 

 

 

 

僕もウェディングレストランもテーブルも喜んでいます。

 

 

 

 

 

高崎市新保町にある結婚式場。

 

「ウェディングレストラン ジュレ」

 

素敵な担当者が待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.09 Friday

家具レンタル!!

 

「建築展」

 

先月終了したイベントだけど・・。

 

報告です。

 

僕の友人(素敵な女性)の旦那様が営業をしている会社のイベント?。

 

お話をいただき、ご協力させていただきました。

 

 

「ジョージ ポージ」のブースをご用意いただいたので、少し家具を展示。

 

商談用?打合せ用?のテーブルと椅子を貸出。

 

やはりホールにある備品の椅子やテーブルでは雰囲気はでない。

 

これが家具の力。

 

店舗も事務所も住宅も、中に入る家具で雰囲気なんて変わるのです。

 

これが公民館にあるような折りたたみ椅子や折りたたみのテーブルだったら・・・。

 

まあ、選挙やなんかの集会ならいいかもしれないけど・・。

 

人だって、来ている洋服でずいぶん雰囲気変わるでしょ。

 

同じこと。

 

 

 

こんな仕事も僕ら「ジョージ ポージ」の仕事です。

 

場所は前橋の「ベイシアホール」県民会館です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなイベントも参加させていただくことにより、普段出会うことのない人達との出会いもあり、

 

楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2017.12.24 Sunday

家具納品 レンタル 

 

今回の納品先は2世帯住宅

 

2階が若い夫婦のスペース

 

まずはダイニングのセット

 

無垢のオーク材でつくらせたダイニングテーブルに

 

半肘の椅子を2台

 

もう一方は人気のベンチで

 

この組み合わせだとかなりリーズナブルに納品出来る

 

 

 

 

 

 

 

そしてメインのリヴィング

 

日本人は「うちはダイニング中心」なんてことを言う人が時々いるけれど、

 

ダイニング中心なんてLDKはない

 

LDKの中心はリヴィングであって、ダイニングではない

 

何故かはご来店ください 説明します

 

間違った家具屋が僕のブログを読んで真似すると気分が悪いので

 

 

 

 

 

 

 

僕はデニムのソファーが嫌いだ

 

デニム生地をソファーで使用する必要はないと思う

 

一番の問題点は、色落ち

 

たとえリーズナブルなコットンパンツでさえ、デニムの色がつくと悲しい

 

きちんとしたメーカーの担当者は言う

 

デニムはお客様にきちんと伝えてくださいと・・・

 

でもマスコミ(テレビや雑誌等)でみな洗脳されてくる

 

洗脳されているつもりがないお客様でも大体洗脳されている

 

だって、毎日テレビをみて雑誌をみる 

 

 

 

昔仕入れた、イームズチェアー 50台すべてデニムにやられていた

 

青くなっている

 

デニムメーカーで使っていたんじゃないのかな?なんて思うほど

 

デニムの青は落ちない

 

 

 

 

じゃあ、売らなければいいかもしれない

 

ずっとデニムのソファーは並べなかった

 

でもこれだけ「ロンハーマン」だとか「西海岸」だとか「カリフォルニア」なんて

 

コンセプトで猫も杓子も家つくりをはじめるとほっておくわけにはいかない

 

店頭にご来店いただくお客様には、都度話をして説明をすればいい

 

どんな生地を使うか などなど

 

今回のようなレンタルの場合、工務店さんのお手伝いが僕らの仕事

 

だから出来るだけ、今風に空間を演出する

 

そのためには、デニムのソファーも有効的なアイテムだと僕は考える

 

 

 

僕がお客様に伝えたい事

 

それが本当に「カリフォルニアか?」

 

それが本当に「西海岸か?」

 

それが本当に「ロンハーマンか?」

 

これだけ上記のようなワードがピックアップされるようになった

 

8年も前に納品させいただいたお客様の場合 

 

なんとなくそんなニュアンスのある空間つくりでよかったかもしれない

 

でも今は・・・

 

もう少し本物ぽくやろうよ、が僕の思い

 

 

西海岸に仕入れに行く

 

僕の興味がないせいか、デニムのソファーをみた記憶がない

 

 

 

 

 

納品の話に戻して

 

ソファーよりツートーン色を落として、こちらもデニムのラグをチョイス

 

リヴィングテーブルとTV台はあえてセットにしないで少し違う物をチョイス

 

 

 

 

 

 

そして、こちらの物件で僕が一番気に入ったスペースがココ☟

 

 

 

 

 

 

多分お父さんのスペース(書斎)になるのかな?

 

 

 

 

 

僕は、アメリカの田舎のダウンタウンにある小さな会社のオフィスの一角ようなイメージで好感をもてた

 

子供の勉強スペースでもいいかもね

 

孤立していて

 

人間て、わりと狭いスペース好きでしょ

 

なんとなく落ち着くし

 

集中して勉強できるかも

 

 

 

 

 

 

 

窓の使い方に特徴があるよね

 

 

素敵なお宅でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.05 Tuesday

レンタル! 大物ロックスター!!

 

家具のレンタルの依頼がある 時々レンタルが普通に販売になる

 

売ることが本業 だからそれはそれでOK

 

 

今回もご紹介でレンタルの依頼

 

控室で使うソファーとテーブル

 

「んっ!?」 控室にソファーとテーブルがないのか? と少し思う

 

話を聞くと、日本を代表する超一流ロックスター「〇沢永吉様」が使うとのこと

 

「なるほど!」と納得する

 

やはり本当の超一流はちがう

 

 

マスコミではよく「一流」なんて言葉を口にする人達が多い

 

しかし僕は思う 本当の「一流」なんてほんの一握り

 

世の中が言う「一流」は多分「二流」だと思う

 

まして、超がつく「一流」なんて数えるほど

 

今回僕がレンタルさせていただくロックスターはまぎれもない「超一流」だと僕は思う

 

 

 

そんな僕は時々こんなことを口にする

 

僕は、ジョージ ポージは、「立派な三流を目指しています」と。

 

「二流」を目指すなんてまだまだ言えない

 

まずは「三流」から

 

 

 

話を戻して

 

映画の撮影で使うテーブルやCMで使う家具など、家具のレンタルの話は時々ある

 

県外にレンタルする場合、レンタル代の他、往復の運賃をいただけなければならない

 

逆に言えば、例えばヤマトさんを使う場合、ヤマトさんの運賃往復いただければ、全国どこへでも割と格安にレンタルできる

 

当店のレンタル代なんてたがが知れている

 

しかし、当店が比較的リーズナブル・良心的なプライスなせいか、買取になるケースが多い

 

レンタルだといくらですか? 買うといくらですか? と。

 

時々笑われる 「えっ、そんな金額で買えるの?」なんて

 

だからレンタルの話が、買取になる

 

 

写真の撮影で使用したソファー、「買うといくらですか?」

 

「じゃあ、帰りの運賃考えると僕が買って引き取ります」なんてことも

 

まあ、だいたいそんなお客様は都会のお客様の場合が多い

 

 

そんなに一生懸命レンタルしたいわけではありません

 

本業は売ること

 

でもあまりレンタルが出来る業者が少ない

 

何でもよければある

 

しかし格好いいソファーをレンタルしているところは少ないかも

 

まして地方では

 

困った時は連絡ください

 

家具レンタルいたします

 

 

 

 

ちょっとうれしいでしょ

 

僕が売った、買っていただいた、ソファーとテーブルが、全国ツアーをまわっているなんて考えると

 

まだまだ僕の商売、楽しい事があるみたい !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.09.18 Monday

納品! 家具レンタル

今回は家具のレンタル

 

基本おまかせで

 

お客様に好きな家具を選んでいただいたほうが気が楽

 

おまかせの場合、考えなくてはならないことがたくさんある

 

僕がセレクトした家具で、誰かの人生が変わるかも!?

 

と思うと、毎回手が抜けない

 

そんなスタンスで仕事をしていると、1週間7日 1日24時間では、到底間に合わない

 

だからほとんどプライベートな時間はない

 

僕のプライベートはとてもニッチ!?

 

 

 

ガキの頃、サラリーマンをしていた経験がある

 

客がこなかった

 

でも会社から「売れ!」と言われる

 

当たり前の事だけど、顧客がいるベテランとはちがい少し難しい

 

 

だれもが興味があって、人気があって、売りやすいものであれば簡単だけど

 

そんなモノではなかった

 

 

 

そんな経験から、

 

お客様が来てくれる

 

お客様から電話がくる

 

商売をしていてこんなに幸せなことはない 

 

と僕は日々思う

 

 

僕の賞味期限が切れるまで、僕のプライベートはないかもしれない

 

 

 

少し驚かれることがあるが、僕はこの商売をはじめてから

 

映画館に行った記憶がない

 

レンタルDVDを借りたことがない

 

だからツタヤのTポイントカードは持っていない

 

そんな時間はなかった

 

 

 

こんな商売をしていると、不安でいっぱいな、これから自営業を始めるお客様が来店する

 

そんなお客様を僕は何かの縁だと思い勇気づける

 

 

俺なんて、家具が好きだったかもしれないけど、プロとして何の経験、コネもなくこの商売をはじめた

 

世の中の大抵のインテリアショップは家具屋の2代目、3代目

 

最初から、仕入れ先もあれば、トラックもある

 

家具屋に限らずだけれども、すべて揃った状態からのスタート

 

でも毎日、家具の事だけを考えて10年も仕事をすればなんとかなる

 

 

 

大抵の自営業者は、その仕事をどこかで経験してから独立する

 

そうでない場合は、お金を払いフランチャイズにでも入り1からはじめる

 

 

 

「家具が好き」 金が無い! 何かしなくては? こんな思いからはじめた僕は少し大変だった

 

だからあまり怖いものはない

 

今は、スタッフいて、トラックがあって、ファックスを入れると商品を手配してくれる取引先がある

 

 

 

 

レンタルの話の前書きが別の方向に行ってしまった

 

 

それでは本題です

 

 

 

まずはエントランス

 

ここは少し飾り壁?になっていたので

 

 

僕の趣味でこんな感じに

 

合コンも住宅も第一印象が大切でしょ!

 

 

そしてリヴィングに入ると

 

 

和室の小上がりに丁度いいファーカルポイントを見つけたので、小さなキャビネットを

 

正面カウンター横も少し寂しかったのでサイズ感をあわせてチェストを

 

 

メインのリヴィングはこんな感じです

 

 

テレビ台後ろ、グレーの壁を生かすために、ラグも同系色で

 

リヴィングの広さ感を出すために、ソファーの奥行きをコンパクトなものにしました

 

幅はしっかりと2メートルを超えるもの

 

個人的には好きではありませんが、ファブリックは人気のデニムで

 

今風のテイストも加味されていい感じに

 

 

ここに植物を置きたかった、垂らしたかった

 

そんな勝手思いで

 

 

でもそんな勝手な思いが、センス(感覚)だと僕は思う

 

 

 

ダイニング

 

 

 

全体的に色が淡白なので、一番奥に赤い(オレンジの)イームズを

 

僕がやるのだから、やはりイームズの1脚くらいは必須です

 

今回は復刻ですが、本物です

 

オレンジのオリジナルはありますが、赤はハードルが高いので

 

 

トイレも少し僕の趣味で

 

 

 

サーフボードのトレイ? 

 

 

もう一ヶ所素敵な壁を見つけたので

 

使いまわしがしやすい小物

 

こんなの作って飾ったら、安くて便ですよ

 

あまりバラしたくないけど、こんなものも僕が作る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.04.22 Saturday

納品! オープンハウス!! 今回も自由にやらせていただきました(感謝)

 

オープンハウスのお手伝い

 

皆さまが思っているよりも割と大変

 

まずは積み込みから

 

今回は前日に積み込みが出来たのでラッキー!

 

 

何を積もうか数日前から考えます

 

オープンハウスのお手伝いは、家が売れなくてならないので、いつもの提案とは少し勝手が違います

 

事前に図面をいただいて考えます

 

今回のオープンハウスは土・日の2日間 

 

納品が金曜日 

 

前日が当店の定休日で僕は休みのはず 

 

でも、定休日の1/3くらいは、何を納品しようか考えているとほとんど休んだ気にはなれず・・・ 

 

今回はウォークインクローゼットも少し見せたいので、結局そこに配置するものを仕入れに行く

 

 

僕は家具屋で、家具を貸すだけの仕事だが、僕がセレクトした家具で空間でインテリアで、

 

家が1棟契約になったり、ならなかったりすることを考えると気が抜けません

 

もちろん、普段の仕事の合間をぬっての作業なので、準備期間1ヶ月 しっかりとした予算がある

 

インテリアコーディネーターのようにはいきませんが、やりがいのある仕事

 

 

 

 

今回は、時間の都合で下見にいけなかったので、少し余分に商材を積んでいきました

 

 

現場についてから、改めて空間を確認

 

 

 

 

さあ、仕上げるぞ!!

 

何と言っても、女性スタッフはいるものの今回はおじさん3人で空間を仕上げます

 

僕が全体を支持して、あとはスタッフに任せて

 

 

 

まずは、第一印象を良くするためにエントランス入った正面を少し演出

 

 

ここで50%決まるような気がします、素敵かどうか?

 

 

合コンもまずは第一印象

 

第一印象は良いに越したことはないはず

 

合コンの場合、性格や相性はその後のデートで

 

住宅の場合、構造やデザインはその後の打ち合わせで

 

 

 

 

こんな第一印象

 

 

 

さあ、リビングダイニング

 

 

ダイニングはこんな感じで

 

 

テーブルはウォールナットの無垢で

 

椅子の座面はカバーリング

 

どちらもリーズナブルな商材です

 

 

反対側は人気のベンチであわせました

 

これもリーズナブル

 

 

 

 

 

今回の物件はリヴィング正面に気持ちよいスペースがあったので、サイドボードを配置することに

 

(因みにこのサイドボードの裏がウォークインクローゼットになっています)

 

 

本当は絵でも飾りたいところですが、オープンハウスなので

 

 

 

 

そして今回の物件の特徴

 

リヴィング隣にウォークインクローゼットが配置されています

 

ここを少し見せようと思い、演出

 

 

 

 

 

 

 

メインのリヴィングはこんな感じ

 

 

 

 

春を意識して、少しさわやかなラグを選択


テレビ台が幅1800mm  壁が少し足りないので、植物で目線を少しごまかすことに

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のオープンハウスは、寝室にも家具を配置しました

 

 

 

とりあえず、間に合わせで買ってきたファブリックなのでこんなもんでしょ

 

でも一応ラルフローレン

 

実際もう少しいい感じのファブリックなんだけどなあ〜(写真写りが悪い)

 

なかなか安価で良いファブリックが見つからない

 

 

さあ、たくさん見に来てくれるといいなあ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.10.26 Wednesday

家具レンタル 「おまかせで」

今日は、ご依頼をいただいたお客様へ報告のようなブログ

 

以前ソファーをご購入いただいたお客様からのご依頼

 

それは、いつも以上に一生懸命仕事をさせていただかなくてはならない

 

 

まず、現場の下見にいく

 

(平日僕はこんなことをしています)

 

 

 

現場を実際見に行くときはスケールと緑色のマスキングテープがお友達

 

 

 

 

ダイニングテーブルのサイズも確認して

 

 

 

 

キッチンはこんな感じ

 

 

さあ、これからが勝負!

 

 

僕は家具屋であってインテリアコーディネーターではない

 

 

だから少し大変

 

 

10/16(日)の夜、はじめて話をいただく

 

10/17(月)先方のGOサインが出て、図面をいただく

 

10/26(水)納品!!

 

僕もそれほど暇ではないので、すぐに現場を確認にいけない 仕事がある、予定がある

 

椅子80台の修理にもとりかかっており、そちらの納期も迫る

 

それでもはじめて仕事をさせていただくお客様なので、コンセプトなどを理解し何を納品するか考える

 

今回は、少し崩した感じでご提案

 

ご担当者様には、事前にスタンスとコンセプトをご報告

 

今回は、時間がないので文章をメールで

 

 

 

何をどう入れようかなんてことは、1週間あれば十分 

 

実際は、現場でほとんどメインの家具は何にするか僕は考える、決める

 

後は残された時間で、自問自答する「これでよいのか、最善か?」と

 

が、しかし1週間では家具を発注しても間に合わないのだ 納期の問題 ここがポイント!

 

手持ちの家具で最善をつくさなくてはならない

 

こんな時、インテリアコーディネーターは、いいなあと思う

 

しっかりと時間をかけて、考える 提案することが出来る

 

まあ、でもそんなことを言っていても始まらない

 

何とか、納品の前日に時間が出来たので、現場を見に行く

 

当日足りないものを少しお買い物、トラックに積み込んで、さあ、納品だ

 

 

 

 

予算の都合はありますが、そんなことは言ってられない、これは俺の仕事、惜しみなく新品の商品を使います

 

 

 

 

今回は、かなり新品の商品が多かったなあ〜

 

 

多分、大抵のインテリアショップは、レンタルの場合、展示品などの新品以外の商品をレンタルすることがほとんどだと思う

 

 

 

 

お施主様のことを考え、しっかりと家具の裏にはフェルトを貼ります

 

 

 

さあ、ダイニングはこんな感じだ

 

 

 

 

もう一つ別角度で、

 

 

 

 

ここの住宅、スキップフロアが特徴です

 

 

 

 

ママの目線で、キッチンからのリヴィング・ダイニングはこんな感じ

 

 

 

 

大好きな子供と大好きな?パパをみながら家事が出来ます

 

 

 

よし、リヴィングを少しお見せしましょう

 

 

 

 

テレビ台の上に飾ろうと思っていた商品が前日売れてしまったので、急きょ「GPM」

 

 

そんなこともあります

 

 

 

 

照明を白熱の間接照明のみで撮影してみると、こんな感じ

 

 

 

 

ずいぶん違います

 

 

 

おまけに、ダイニングをもう1ショット白熱で

 

 

 

 

どお? ベストショットかな?

 

 

 

 

そして、ここの住宅の特徴がここだ!!

 

 

 

 

リヴィング下のスペース

 

 

勝手に子供が遊ぶスペースにしてしまいました

 

 

本当は、納戸?

 

 

でも子供は喜ぶだろうな〜 秘密基地みたいで

 

 

 

 

そして、ママの舞台はココ

 

 

 

奥の収納庫がうれしいはず

 

 

 

 

ママに休んでもらうために、スツールも用意しました

 

 

 

 

 

 

たくさん収納できます

 

 

動線もバッチリです

 

 

 

 

仕事いただいて、9日で納品

 

がんばりました

 

 

 

インテリアコーディーネーターのみなさん、私のブログをみていたらあまり厳しい目で見ないでください

 

月曜日に話が決まって、図面いただいて この日は超お得意様の納品が2件ありなにも出来ず

 

火曜日・水曜日は、予定通り仕事をして 何も出来ず

 

木曜日は定休日 僕にも多少プライベートはあります 結局半分は仕事をしていたけれど

 

金曜日は椅子の商談にいき 11/1オープンの近所の歯医者さんに納品

 

土・日・月は3連休のスタッフがいたので、3日とも店にいて接客

 

火曜日は朝から一人で納品 そのあとまた2件納品、超お得意様のカフェと超お得意様の事務所に納品

 

そして、今日

 

なんだか、超お得意様の納品が多かった1週間だ

 

 

 

今回納品させていただいた家具は、皆さま安心してご購入いただける金額の商品ばかりです

 

トータルでも大したことはありません

 

多分少しびっくりすると思います

 

ここでは金額を書きたくないので、興味がある人はご来店ください

 

金額オープンにします

 

開業以来「心地よい家具をリーズナブルなプライスで」をモットーにしています

 

今日のブログを読んで共感してくれたかた、「何をどう入れるか」が僕にとってポイント

 

高い家具であったり、ブランドの家具であったりしても入れ方が悪ければダメ

 

成金のお父さんが、高いブランド品を見につけても、格好良くないのと一緒

 

 

 

でも、高級な家具をご要望のお客様は、それはそれでご相談に乗ります たまには儲けさせてください

 

 

 

 

それでは、今回のメニュー

 

ダイニングは、古材のテーブルで人気のベンチを合わせて、反対側が最近ご要望の多いバラバラ椅子で

 

リヴィングは人気の木製フレームのソファー

 

無垢のリヴィングテーブルに合わせてテレビ台も同シリーズで

 

少し男っぽいので、ラグとクッションは少し可愛くして、外しました

 

今風を出すため、サイドテーブルのかわりに宝箱をつかって

 

ずっと使っていなかった少し時代遅れのフロアランプで演出 こんなモノでも十分間接照明になる

 

店にあった観葉植物(僕の趣味 当店では観葉植物は販売しておりません)を配置して

 

昨今のインテリアショップは、猫も杓子もカフェに観葉植物に洋服を販売

 

あっ、ちょっと悪口みたいになってしまった そうではない

 

ただ僕は人と同じがあまり好きではないだけ

 

 

 

ずいぶんとながくなってしまった

 

最後まで読んでくれたかた、ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.09.23 Friday

納品 素敵な平屋

素敵な平屋に納品してきました

工務店さんが写真撮影をするということなので、少し雑貨で色付け!!

 

 

 

 

 

リヴィングはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

ダイニングテーブルのセットは間に合わなかったので・・

 

 

 

 

 

素敵なキッチン

 

 

 

 

 

 

アイランドキッチンも白いタイルで

 

 

白にグリーンのモチーフ

定番ですが、PYREX(パイレックス)が似合います

 

 

 

 

 

 

収納タップリ!

 

 

 

 

 

 

机の前はこだわりの黒板仕様

 

 

 

 

 

 

 

特徴は何といっても

リヴィングの棚? 

 

 

実際には、家族の写真なんか飾るのかな?!

とりあえず、当店のロゴと看板と小さな花瓶を飾りました

 

 

 

 

 

玄関もいいですよ

 

ここもとりあえず、私のお気に入りの花瓶を飾りました

奥は、芝生になるみたいです

 

 

 

 

 

 

ブログっていろんな人が見ている

もしかしたら、インテリアコーディネーターみたいな人も?

負けず嫌いなので、先に言い訳します

 

家具の販売、納品がメインの仕事です

昨晩の閉店前の30分 家具の積み込み時に店内にあった雑貨をダンボールに適当に詰めてきました

時間とお金に余裕があれば、半日もいただければ、もっとしっかり色付けします

家具屋のおじさん二人が、店内にあるものを30分で用意して、納品の後30分で色付けしました

だから、瓶の中身は休憩室で使っている紅茶とキットカット

写真はうちの愛犬

バインダーは毎日使っているもの

ブレッドボックスもお店で毎日使っているブラバンシアのヴィンテージ品

もちろんパイレックスのカップ&ソーサーも

半分は私物?

まあ、こんなもんでしょう

 

 

 

 

2016.07.23 Saturday

家具のレンタル

家具レンタル

お任せです

どうでしょうか?

クライアント様のコンセプト等を考慮して貸出

どんな家具を貸出しようか?

普段は時間をかけて考えます

食事中だったり、犬の散歩中だったり、ドライブ中だったり

今回は考える時間が無かったので、トラックに積み込むまで商品が決まらず

うちのスタッフはやきもきしていました

まあまあ、うまくいったのではないでしょうか

僕的には満足 限られた枠組みの中で ☜ここがポイント!

 

どお?

もう少し寄ってみる

 

 

いい感じでしょ

ダイニングはこんな感じ

 

 

で、全体は

 

 

ちょっと統一しすぎた感じがあるが

空間がシンプルなことなどを考え少し家具のデザインと質感に特徴があるものを選択

少し男目線のインテリア

少しそっち系のコンセプトだったので

 

 

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM