2018.11.18 Sunday

シーリングファン 入荷!! 取付!!

 

基本、工事を伴う照明器具の販売は手間がかかるのでしたくない。

 

なぜなら、家具屋の僕らにお客様が取り付け方や工事について聞いてくる。

 

勿論、わかることはお答え致します。

 

しかし、それは電気屋の仕事?

 

 

 

僕はいつもこう考える。

 

僕は、「家具・インテリアのプロ」

 

僕に家を施工してもらいたくないでしょ?

 

僕に設計(構造的な、デザイン的ではなく)してもらいたくないでしょ?

 

僕は、施工のプロでもないし、設計のプロでもない。

 

 

 

 

要するに、「餅は餅屋」という考え方。

 

 

家具・インテリアについて、誰かに言われたことを信じたり、参考にするのであれば、僕らの仕事はいらない。

 

家具・インテリアのプロでない人の話を参考にするなら、「俺の意見聞くな!!」と思うことが時々ある。

 

僕らが存在する意味がない。

 

お客様の「確認作業」のためにいるわけではない。

 

「コレ、どう思います?」みたいな・・。

 

家賃払って、家具並べて、全国飛び回って、時には海外行って、情報をゲットする必要もないわけで・・・。

 

僕は、僕らは、「家具屋・インテリアショップ」

 

だから、「家具・インテリア・空間」のプロ。

 

施工や設計や、どうしたらインターネットで売れるか?なんてことは正直興味はない。

 

きちんとした工務店に施工してもらい、きちんとした設計士が設計すればよいだけの事。

 

お客様が選んだ工務店、設計事務所に僕がなんだかんだ言うつもりはない。

 

いい工務店、設計事務所が知りたければ、それは喜んでお教えします、ご紹介いたします。

 

たくさん家具を納品させていただいていますので、誰よりもたくさんの家を見ています。

 

どんな工務店がどんな思いで家を作っているのか?

 

どんな設計士がどんなスタンスで家で設計しているのか?

 

 

 

「餅は餅屋」

 

うどん屋のラーメン食べたくないでしょ?

 

「量販店で買う、チェーン店で買う、フランチャイズ店で買う」と言うことは、

 

「ファミレスで食べる、コンビニで買う」と一緒だと僕は解釈する。

 

もちろん、好きなところで食事をして、好きなところで家具を買ってください。

 

システム? 商売の仕方? の問題。

 

 

 

先日テレビにニトリの会長が出ていた。

 

僕が言うのもなんだけど、やはりニトリさんは凄いと思う。

 

一代で日本一になった。

 

日本人のほとんどはニトリさんで家具を買えばいいと思う。

 

家具・インテリアに興味のない人は・・。

 

僕は、日本一の家具屋を目指しているわけでもなく、ただ家具・インテリアに興味のある人に

 

家具を提案したい、販売したいだけ・・。

 

ニトリさんの家具はいまだに会長が海外の工場に足を運び(すごい)、

 

デザインだ、なんだかんだを第一線で指揮しているようだ。

 

僕がみたテレビ番組がヤラセでない限りは・・・。

 

失礼な言い方をすると、70歳過ぎのおじいちゃん(ごめんなさい!!)がデザインしたり、

 

考えてたり、指揮をしている家具で満足する消費者を僕らは対象にはしていない。

 

群馬で一番インテリアを良くしたい消費者。

 

群馬で一番格好良くしたい消費者。

 

群馬で一番心地良くしたい消費者達の為に僕は努力しているつもり・・。

 

 

 

今日もちょっと脱線した。

 

本題に戻って。

 

 

それでも「ジョージ ポージ」の電気部隊? 電気係?(一人だから部隊ではないか?)が

 

シーリングファンを取り付ける。

 

 

 

 

まずは位置確認から。

 

 

 

 

 

 

 

今回取り付けるのはこんなシーリングファンです。

 

 

 

 

 

 

 

マットなブラックが格好いいです。

 

勿論販売していますので見に来て下さい。

 

時々、「シーリングファンを付けたいんですけど、工務店が用意するシーリングファンはあまり格好良く無くて」

 

と言うお客様がいるので・・。

 

早めに支給してやれば、嫌がる工務店さんもいるとは思いますが、つけてくれる工務店さんもいるはず。

 

「ジョージ ポージ」も階段の上にシーリングファンついていますが、これは一般家庭でも必須アイテムのような気がする。

 

空気の流れ。

 

 

 

「ウォシュレット」と「シーリングファン」は必須!!

 

まあ、興味がある人は見に来て!!

 

ついているから、展示してあるから。

 

カタログで発注するのとはわけが違う。

 

発注してから、取付してから、「感じが思ったのと違う」と言っても後の祭り・・・。

 

時々います。

 

「インターネットで注文したんだけど、思っていた感じと違ったので、買い替えにきました」というお客様が・・。

 

そんな人はインターネットで買わない方がいいのにね。

 

結局余分なお金を使うことになる。

 

どうでもいいと思う人が、インターネットで物を買うべきだね。

 

そう考えると、インターネット会社もたいへんだよね。

 

基本、どうでもいいような、いい加減な人を相手に商売をする。

 

「どうでもいい様な人=いい加減な人」

 

「いい加減な人=きちんとしていない人」

 

 

極論かもしれないけど、「家」ってインターネットで買わないでしょ。

 

みんなそれなりに「きちんと」買いたいから。

 

きちんと買いたい人はインターネットでは買わないのです。

 

それは金額が小さくても、大きくても・・。

 

車だってそうでしょ、

 

中には、「車なんてインターネットで買えない」という人もいるけど、

 

今の時代、インターネットで買う人も少なくはないはず。

 

服だってそうです。

 

「服なら、インターネットで買える」と言う人もいる。

 

多分それは、人それぞれの価値観の問題?

 

服はインターネットで買えるけど、家具は買えない人。

 

家具はインターネットで買えるけど、車は買えない人。

 

結局、きちんと買いたい人は、服も電気製品も、家具も、車も家も、インターネットでは買わないのです。

 

 

 

書いている自分が、なんだかよくわからなくなってきた?

 

インターネットの話をするつもりではなかったけど・・・・。

 

要するに、「展示してあるから見られますよ」という話だった。

 

 

 

 

 

リモコンもあります。

 

 

 

 

 

 

配線して。

 

 

 

 

 

 

 

取付完了です。

 

 

 

 

 

 

わかるかな?

 

まわっています。

 

 

 

 

 

 

もちろん、照明にもなります。

 

 

 

 

 

 

もう一枚

 

 

 

いかかでしょうか?

 

 

 

 

2018.11.17 Saturday

スチールロッカー !! インダストリアル !!

 

 

どうでしょうか?

 

数量限定!!

 

他のタイプもありますが、コレは仕入れが安かったので安価です。

 

 

2018.08.11 Saturday

入荷!! イームズ LCW 他

 

フェイスブックには先行して入荷のお知らせをした。

 

Herman Miller(ハーマン ミラー) EAMES(イームズ) LCW(ラウンジ チェアー ウッド)

 

まあ、説明することないね!!

 

最近の僕はすっかり家具屋。

 

(インテリアショップの経営者)

 

でも僕の心の中には「家具ディーラー」という気持ちがある。

 

こんな商品を仕入れて、トラックに積み込みしている時はそんな気持ちになる。

 

 

 

新品の商品を展示会、メーカーで見て仕入れをする。

 

場合によって、オリジナルの家具を発注する。

 

 

僕にとってはどちらもあまり刺激はない。

 

 

広いアメリカをトラックで走り回って、商品を集める感覚。

 

この感覚に勝るものはない。

 

納得のいく商品を見つけた瞬間のあの感動!! 刺激!!

 

その家具達を輸入して、お客様に販売する。

 

そんな思い入れのある商品は、今も誰の家で使われているのか、所在のわかるものも多い。

 

自分のかわいい子供達を嫁にやるような心境。

 

だからインターネットでなんて販売出来ない。

 

顔のわかる人に販売したい。

 

「嫌な奴なんかに売りたくない」

 

そんな思いだった。

 

 

 

 

アメリカで、例えば店に入る。

 

遠くに、ダイヤの原石のようなテーブルがうっすらと、ぼやっと、見える。

 

目の前にあるその商品に手をかける前に、何度、何気ない普通のおばさんに横取りされたことか・・。

 

まあ、正確には横取りではない。

 

その人のほうがタッチの差で早かっただけの事。

 

何故かこんな時は女性が多い。

 

男性(おじさん)に横取りされた記憶がほとんどない。

 

そのテーブルを片手にレジを待つ女性。

 

「あーあと1分早ければ、俺のものだった」と後悔する。

 

だから、昼飯なんて食べている時間はなかった。

 

すべてが1点物。

 

都度、勝負。

 

 

そんな刺激的な体験をしてきた僕らにとって、新品の商品はいつでも注文できる。

 

 

ユーズド品、アンティーク品、ヴィンテージ品、1点物は趣味に近い。

 

それに対して、新品は仕事?

 

 

そんな経験からはじまった僕の家具屋人生。

 

だから僕は今だにほとんどの発注を現場でする。

 

会社に帰って、カタログをみて、会議をして、発注なんてことはしない。

 

そんなシステムは僕の体の中にはない。

 

カタログなんてみることもない。

 

カタログをみている時間がない。

 

 

観葉植物に水を与えている時と、SNSをかいている時が僕の息抜きであり、リラックスタイム。

 

 

だから商品のほとんどは、展示会やメーカー、現場で発注する。

 

したがって、計画性なく仕入れをするから商品が多くなる。

 

いつも店内は商品であふれかえる。

 

まあそれは、消費者にとって悪い事ではないから良しとしよう。

 

 

 

 

知らない人の為に。

 

LCWはこんな椅子です。

 

まあ、普通の人は知らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックに積み込み出来るだけで僕はうれしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

イームズのサイドシェルも一緒に仕入れました。

 

 

 

 

 

 

 

興味がある人は連絡ください。

 

たくさんあるので、場合によってはお譲りします。

 

 

 

 

最後にアメリカを走りまわっていたころの写真を1枚。

 

1日家具を集めて疲れ果てた結果、食事にいく気力もなくモーテルのベッドで

 

サラダとビールで夕食。

 

 

 

携帯電話が懐かしい。

 

アメリカで使うためにだけに持っていた1台。

 

 

 

 

2018.05.26 Saturday

入荷!! モダンなスツール 2サイズ!!

 

〃擇!!

 

格好いい!!

 

リーズナブル!!

 

店頭に展示してあります。

 

興味がある人はご来店下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.05.02 Wednesday

Cappellini リボルビングキャビネット 倉俣史朗

 

Shiro Kuramata(倉俣 史朗) リボルビングキャビネット by Cappellini(カッペリーニ)

 

今日は少しレアなキャビネットのご紹介です

 

好きな人きっと好きなんだろうな〜

 

設計事務所や工務店、デザイン事務所の片隅に配置したらきっとそれらしくなるんだろうな!?

 

 

もちろん僕も嫌いではありませんが、それほど思い入れはありません。

 

まあ、これは趣味の問題

 

僕の仕事なんて半分は趣味??

 

そしてもう半分はセンス!!

 

 

こんなものどこでどう仕入れしようが、安く仕入れられるわけはない

 

結局たいした利益にはならない

 

だから僕は考える

 

今売って、少し利益を出すか?

 

今売らないで、高くなったら売るか?

 

どちらにしてもこんなものたくさん市場にあるものでもない

 

でも3拍子揃っている

 

〜卷鵝〇墨

 

▲ッペリーニ

 

コンディションが良い

 

さあ、どうする?

 

 

今、世界中で古いもの? 価値がある古いもの? 希少性がある古いもの? 達の価格が上がっている

 

空冷のポルシェなんて買えなくなってしまった

 

250万で買えた964が、400万、500万

 

400万で買えた930が、800万、1000万

 

まあ、そんな事言ったら、フェラーリのDinoなんてとんでもない事になっている

 

昔は、フェアレデイのZよりも馬鹿にされた時代があった

 

高崎の街中にも1台ディノがよく止まっていたのを覚えている

 

そんなディノは数千万!!

 

 

まあ、所詮家具だから車のようにはならないけど

 

高くなったと言ってもたかが知れている

 

じゃあ、売るか!! 欲しい人がいたら

 

 

きっとこんな家具に興味がある人は、僕よりもコイツに思い入れがあるはず

 

逆に考えたら、僕が好きな、欲しい家具が、そうでない人のもとに価格が上がるためだけにあるとしたら、

 

それは悲しい事。

 

だから売ります。

 

僕よりもコイツをかわいがってくれる消費者のもとに。

 

 

売るっていっても、こんなものはすぐに売れるわけでもないしね。

 

普通の人は買わない。

 

もしかしたら、タダであげるよって言っても、いらないと言うだろうね、価値を知らなければ。

 

 

こんな家具です

 

 

 

やはり、家具も車も好きな人のところで使われるのが一番

 

空冷のポルシェのように、投機目的であったり、海外からバイヤーが買いにきたり

 

なんかそんなのは少し悲しい気がする

 

あーもう一度、空冷のポルシェが乗りたくなった

 

ほとんど写真を撮らない僕だけど(今は撮ります 仕事柄 僕のスマホなんてカメラだから)

 

 

 

↓僕がガキの頃に乗っていたこだわりの空冷ポルシェ911

 

 

 

働いてさえいれば、誰でも買えた時代

 

 

一生懸命部品を海外から個人輸入

 

 

 

 

僕のこだわりのポルシェは、リアウイング無し(羽無し)

 

 

ポルシェの奥に見える、緑のクラウンもよかったなあ〜

 

群55のワンオーナー車

 

従って、僕が二人目のオーナーだった

 

 

昔の写真を見ていたら、だんだんと思いだしてきた

 

当時本当に金のなかった僕は、このポルシェを売った金で家具屋をはじめたようなもの

 

たしか、60〜70万くらいで売った

 

そうだ、このポルシェから今のジョージ ポージが始まった、もとになったんだ。

 

すごいよね、60〜70万 を元手にインテリアショップを始めた僕。

 

昔から、僕のことを知っている人、お客さんは笑っていると思うけど本当です。

 

本当は目黒通りでやりたかった

 

まだ、目黒通りがこれからの時期

 

家賃も安かった

 

でも仕事もせずに遊んでいた僕は結局目黒どころか、前橋でも店を借りることが出来ず(お金がないから)

 

結局、おばの所有する使っていない小さな雑居ビル(事務所)をただで借りてこの商売を始めた

 

「リノベーション」だよ!! 今で言う。

 

放置された事務所のデスクや椅子や書類を捨てに行き、店をつくった

 

それが最初のジョージ ポージ

 

天井抜いて、色塗って、看板つくって・・・

 

 

夏なんて、海に行ってきた友達が「何やってるの?」なんて

 

ペンキ塗っているところに遊びにくる

 

とりあえず、店のカタチになったがお客なんて来るわけない

 

人が雇えるわけでもなく、高校のサッカー部の後輩に店番をさせ、俺は昼飯代を稼ぎにバイトに行く

 

そんなところから始まった

 

幾らか覚えていないけど、無理して地元の小さな広告を出したことがきっかけで少しづつお客さんが来店

 

当時なかったからね、小さなインテリアショップなんて、地方には

 

まだみんな「家具屋」の時代

 

一つ売って、二つ仕入れる感覚

 

 

だから僕なんて何も怖いものはない

 

先代が築いた資産もなければ何もない

 

皆様のおかげで当時よりは、まともな暮らしができている

 

今は、高速道路のれるようになったしね!!

 

当時はのれなかった

 

トラックさえ買えなかった

 

親戚のうちで使っていないバンを借りていた

 

はじめて買った中古のトラックは、車屋さんにオークションで買ってきてもらった

 

20万以下のトラック

 

でもうれしかったなあ

 

 

 

 

今日も少し話が脱線しましたが、僕にとってはいい思い出が思いだせました。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.11 Sunday

新入荷!! T.V.ボード W.N. Modern!!

 

ブログで久しぶりの新商品のご紹介!!

 

ウォールナットのT.V.台

 

モダン!! 格好いい!! 佇まいが良い!! 

 

で、価格はリーズナブル!!

 

個性のない日本なんて・・・

 

という気持ちがある人におすすめ

 

人と違ったものをと思いながら、ゴルフに乗っている人にはオススメしないけど

 

↑ゴルフに乗っている人ごめんなさい

 

普通にゴルフに乗っている人はOKです

 

僕も昔はゴルフにも乗っていました(確か2台くらい乗った記憶がある?)

 

1台はしっかりと覚えている

 

でも僕のゴルフは、ディーゼルでマニュアル

 

今でさえ、日本もディーゼル人気

 

でも今から20年も前

 

日本では誰もディーゼルなんて乗らない

 

まして、マニュアル車

 

完全にヨーロッパ感覚

 

それからもう一台は、ガソリンで前後のバンパーだけ大きいやつ

 

あまりVWは好きではない僕

 

でもやはりVW

 

思い返すとそこそこVWも乗っている

 

ゴルフ2台

 

ポロ1台

 

バナゴン1台

 

記憶にあるだけでも4台

 

車は乗りすぎて、ながくのったもの以外はあまり覚えていない

 

高校生の時、免許を取るずいぶん前(高校1年)のときから現金片手に

 

中古車販売店に父親を連れて車を見に行っていた

 

ビートルは何台も見た

 

でも結局程度の良いビートルはなかった

 

当時群馬では今ほどVWの専門店はなかった

 

あっても高校生なので自転車で行ける範囲でないとなかなか見には行けない

 

車が決まり、買う気があるときは父親が一緒に同行してくれる

 

しかし、高校生のくだらない車探しに普段父親は同行してくれない

 

高校生では、金があっても契約出来ないしね

 

ケンメリ・ジープも真剣に考えた この2台は近所の日産の中古車センターに並んでいた

 

 

 

話を車の話になってしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.23 Saturday

入荷! 外用ベンチ アウトドア椅子?

 

外用ベンチ BBQ用 ガーデン用椅子・ベンチ 折りたたみアウトドアテーブル 椅子 ←こんな感じかな?

 

 

 

まずは画像を

 

 

 

普段はベンチで使ってね!

 

 

 

 

 

さあ、今日はBBQだ!

 

 

 

女性一人でも楽にセッティング出来ます

 

 

 

この素材なら外に出しっぱなしにしておいても痛みずらい

 

 

 

以前の画像もアップしよう

 

 

フェイスブックにはアップした記憶があるけど、ブログにしたか覚えていないので以前画像も

 

 

 

 

普段はこんな感じでみなさんのウッドデッキの上にでもいるのかな

 

 

 

 

 

 

天気の良い日曜日、お母さんと一緒に日向ぼっこしてください

 

 

 

 

 


そして、BBQモードに変身

 

 

 

ほら、女性一人でも楽々!

 

 

 

 

 

 

 

パパが帰ってきてBBQのスタート!!

 

 

 

どうでしょう?

 

 

家具が素敵だと自然と笑顔になれる

 

 

 

 

 

*注:登場人物は当店スタッフで夫婦ではありません

 

 

 

 

2017.12.03 Sunday

入荷!! 少し個性的な家具

 

日本の住宅に思う僕の気持ち

 

「みんな一緒」

 

毎日のように新築のお客様を接客させていただく

 

僕の立場上、ご紹介いただいたお客様や顧客を接客することがほとんど

 

みな口をそろえて言う

 

壁が白系で・・・・

 

そんなことはわかっている

 

最近の流行だと、壁の1面に色を入れたり、装飾したり

 

欧米のような空間でなかなか仕上がらない

 

まあ、でもそれはしょうがない事

 

工務店や設計士がそのような空間を提案したとしても消費者がついてこられない

 

インテリア超後進国のJAPANだから

 

そんな時僕は思う

 

家をつくりたいなあ〜と

 

僕が言う家をつくりたいは、もう一つ人生があれば工務店なり設計士になりたいという意味

 

ニーズだとか、利益だとか、そんなことを考えずに思った家をつくる、提案する

 

格好よかったり、素敵であったり、欧米のような

 

もし僕に金銭的・時間的に余裕があれば、そんな会社をはじめたい

 

家具で仕事をさせていただいて、家つくりは趣味!? みたいな感じで

 

きっとそんなことを思っている工務店さんもいるのであろうが・・

 

 

先日、最近のお客様に「日本人もインテリアに気を使うようになりましたよね」みたいなことを言われた

 

僕は素直な性格なので、「ぜんぜん話になりませんよ」と答えた

 

僕の見解では、日本のインテリアは欧米、世界と比べるとスタートラインにさえ立っていない

 

これには明確な理由がある

 

ここで書くと誰かに(同業者)にパクられそうなので、あえて書きませんが、興味がある人は来て下さい

 

直接お話します

 

 

インテリア超後進国で家具を売る僕らの仕事

 

なんか海外のNPOだかボランティアみたいな感じだ

 

海外で井戸を掘っている感じ

 

実は僕の仕事の一部はそんな感覚

 

だって日本人の多くは、ベッドで寝てないんだよ

 

今、「そんなことないだろ」と思った人は自分がベッドで寝ている人

 

または都会の人(都会はベッド普及率が高い)

 

自分が使っているから、人も使っていると思いこんでいる

 

日本なんてまだ半数以上の人達が布団で寝ている

 

だって大人になって、人の家の寝室なんて普通入らないでしょ

 

会社の同僚や友達がベッドで寝ているかなんて知らないでしょ

 

日本人はインテリアに興味がないから、普段ソファーやベッド話なんてしないでしょ

 

たまたま新築や引越しで家具・インテリアの話をするくらいで

 

まあまあ、それもせいぜい自分よりも先に家を買った友人に、どこで家具買った?みたいな

 

ニトリ? イケア? みたいな

 

そんな国だから、浅田真央ちゃんが宣伝していた「エアーなんちゃら」とか「無圧〇トン」だとかそんなものが売れる

 

布団を使っている人がそんなものを買う

 

まともなベッドを使っている人は買わない、使わない、買う必要がない

 

「えっ、俺ベッドでエアーなんちゃら使っているよ」って思った人

 

何故ベッドでそんなモノを使うのか?

 

それはマットレスがダメだから

 

世界ではマットレスがダメになると、マットレスを買い替える

 

ダメなマットレスの上にエアーなんちゃらをのっけない

 

でしょ、

 

ダメだと思っているから、わかっているから、寝心地が悪いから、そんなようなモノを買ってのっける

 

そんな国

 

 

 

毎日ソファーとベッドの事しか言わない僕

 

ソファーは多少売れる

 

でもマットレスはベッドを買う気がない人にいくら言っても大抵ダメ

 

頭では理解してくれる場合はあるけれど、ベッドは買わない

 

だから、日曜日なんて僕が店頭立っている半分以上の時間をベッドの話に費やすと、一日何も売れない日が続く

 

じゃあ、何故僕がベッドの話をするのか

 

それはきっと、一人でも多くのお客様を救ってやりたいような気持ち

 

商売というよりも、NPOやボランティア!?

 

僕は自称、日本で一番ソファーとベッドにこだわっているつもり

 

だから僕の時間の大半をソファーとベッドの話に費やす

 

「ソファーとベッドで人生かわります」

 

大抵こんなことを言うと笑われる

 

きっと僕と話をしたことのある人は、そんなこと言っていたと思っているはず

 

でも場合によっては10分で理解してくれるお客様もいる

 

今日の宇都宮から通りがかりで来たお客様は10分で理解していただいた

 

もちろん買わない 買うわけない

 

だって通りがかりだし、まして栃木のお客様

 

宇都宮ナンバーの車で、きちんと最初に話をして、買わないなんてことわかっていても僕は説明する

 

そんなことも僕のこだわり

 

 

一人でも多くの人にベッドで寝てもらいたい

 

ソファーに座ってもらいたい

 

自分でも思う

 

いつから俺は、こんなにソファーとベッドなんだろうと・・・

 

売れないベッドとデザイン重視で購入するソファーのことばかり言っていないで

 

(一応ソファーは座り心地というフレーズを一度くらい消費者は口にするが・・・)

 

消費者がお金を出しやすい、ダイニングテーブルのセットに特化すべきと思う今日この頃

 

 

でももう少し、売れなくても、売上がつくれなくても、ベッドとソファーにこだわってやっていく

 

なぜなら、当店にご来店いただける半数以上のお客様は顧客であったり、顧客の紹介であったり、

 

誰かの紹介であったり、工務店様・設計事務所様の大事なお客様であったりするから

 

 

僕が提案するインテリア、家具でそこに住む人の人生が少し左右されるから

 

 

 

今日もずいぶん、わけわからないことを書いたけど

 

新商品の紹介でしたね

 

まあ、でもブログもフェイスブックも書く人の思いや考えを表現する場でいいのではないのかな〜と僕は思う

 

興味がない人は、読まなければいいんだからね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し個性的な3点

 

今年アメリカに仕入れに行った際、アメリカでもこんな家具が格好よかった

 

だから、本当の「カリフォルニア」「西海岸」を意識するのであればこんな感じどうでしょうか?

 

日本のマスコミが作り上げた、「カリフォルニア風、スタイル」ではなくて

 

「スタイル」:日本では、文体・様式・体型・型・種類・流行・品位・芸風などの意味をもつ と書いてある

 

ということは、「カリフォルニアスタイル」とは「カリフォルニア様式」「カリフォルニア型」「カリフォルニア流行」

 

と言う意味!?

 

ちょっと違うよね、やはり日本の「カリフォルニアスタイル」とは、「カリフォルニア思いこみ」みたいな感じ

 

まあ、なんでもいいか きっ理解してくれる人は少ない みな洗脳されきっている

 

 

本当の「カリフォルニア スタイル」を求めるお客様是非ご来店ください

 

僕がわかるように説明します ご提案します

 

格好よく、素敵に

 

 

2017.11.26 Sunday

入荷!! 「西海岸」「カリフォルニア」「ロンハーマン」

 

数年前から販売していて、ずっと人気だった商品が仕様を変えて再入荷

 

まあ、みてください

 

 

まずは、リヴィングテーブルから

 

似たような、商品が巷で増えていますが、ジョージ ポージでは数年前からずっと販売しています

 

素敵でしょ

 

 

 

ダイニングテーブルもあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少しイイ角度で

 

 

 

 

 

 

天板のアップ

 

 

 

 

 

 

他にテレビ台もあります

 

 

 

 

 

たしかオリジナルのデザインは、フランス人の製作だったような気が・・・

 

色々仕入れるのですぐ忘れる

 

 

でも「西海岸」「カリフォルニア」「ロンハーマン」を意識したお客様大丈夫です

 

しっかりとはまります

 

意外と、アメリカ人はヨーロッパに憧れている人が多い

 

したがって、ヨーロッパを意識したインテリアを目指す人も多い

 

日本人がアメリカを意識するように

 

 

 

それからこの家具リーズナブルなのでセットでもいいかな !?

 

 

 

 

2017.11.03 Friday

折りたたみ ガーデン用 ベンチ!

 

春先になると外で使うガーデンチェアーとテーブルを買いに来るお客様が多い

 

逆に言うと今は来ない

 

 

真夏にオープンカーは暑すぎる

 

やはり春と今頃がちょうどいい

 

 

そう考えると、キャンプには少し寒いけど、外で食事はありかもしれない

 

 

季節外れの「外用 簡単に折りたためる ガーデンベンチ ピクニックもね!」が今日ご紹介する商品

 

 

女性一人でも簡単に引き出せます

 

 

 

普段はベンチとして

 

(外に追い出されるお父さんはタバコをここで吸ってください)

 

 

 

 

 

こんな感じです(イメージ)

 

 

 

 

 

そして、ピクニックモードに簡単にチェンジ

 

 

女性一人でも簡単に引き出せます

 

 

 

 

パパが仕事の休日も

 

ママと子供たちは楽しくお外でランチが出来ます

 

 

 

 

注)↑この二人はちょうど外にいたうちのスタッフ

 

 

 

 

 

 

 

しっかり出来ていて スマートで 便利で 安くて 丈夫

 

 

さあ、いかがでしょうか?

 

 

 

 

ほとんど僕の趣味で仕入れた商品だけど

 

 

 

 

座っただけで笑顔になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM