2020.05.03 Sunday

新入荷「アメリカかぶれ!?」

 

僕は生まれた時から超一流の「アメリカかぶれ!?」

 

まあ僕が「アメリカかぶれ」というよりも父親の生活スタイルがある意味「アメリカ」。

 

ブログなんて誰が読んでいるかわからないからここでは詳しくは書くことはしない。

 

興味がある人は店に来て、僕のどこが「アメリカかぶれ」か?

 

 

 

僕ら日本人は所詮「アメリカかぶれ」でしかない。

 

だけど「エセアメリカかぶれ」は嫌!!

 

格好悪いでしょ。

 

だからきちんとした「アメリカかぶれ」になろう。

 

 

今日ご紹介する商品は、アメリカそのもの。

 

実際にアメリカ人が使っている商品。

 

僕の専門分野のソファーやベッド(マットレス)。

 

日本で販売されているほとんどのアメリカメーカーのマットレスは日本仕様。

 

日本で販売されているヨーロッパメーカーのソファーは日本仕様のことが多い。

 

悪いことではない。

 

日本製だから、しっかりとは作られているはず。

 

しかし一番肝心の「寝心地」や「座り心地」が本国で使われているものとまったく違うことがある。

 

 

僕はきちんと「かぶれたい」。

 

アメリカ人が使っているもの、ヨーロッパ人が使っているもの。

 

そこに魅力を感じる。

 

日本の和食職人がきちんとつくった日本料理には魅力があるが、

 

アメリカ人が経営、料理をしている、ニューヨークの人気日本料理店にはあまり興味がない。

 

僕は出来る事ならどんなものでも「本物」を好む。

 

 

 

 

 

で、今日は安価で「本物」が手に入れられる。

 

まだ気づいていない日本人が多い。

 

 

,泙困魯ーデンチェアー。

 

リーズナブルだけど本物です。

 

 

 

 

 

少しラウンジ気味!!

 

気持ち良い角度です。

 

 

 

 

色の展開は他にもあります。

 

僕が使いたい色をとりあえず並べてみました。

 

 

 

 

この辺のステッカーがカッコいいい!!

 

本物の証!!

 

 

安いのに「MADE IN THE USA」

 

 

 

 

色もいいでしょ。

 

絶妙だよね。

 

やはりアメリカは洒落ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて「ランチボックス?」日本風に言うと、「お弁当箱」

 

アメリカの「ブルーカラー」はこれに昼食、ランチをいれて出勤する。

 

僕がアメリカで「DAN VOHEE」どんなスペルか忘れた?

 

彼のところで自動車板金の手伝いをしていた時、少し衝撃を受けたのを覚えている。

 

アメリカ人のところに遊びに行く。

 

大抵の場合、それなりに料理を振舞ってくれる。

 

しかし中々アメリカ人の本当のランチをみることは少ない。

 

当時僕と一緒に板金をしていた彼らのランチ。

 

このようなランチボックスの中に、ジップロックの袋が2つ。

 

1つには「野菜のスティック」が。

 

もう一つには「クラッカー」が。

 

それで終わり。

 

 

 

 

えっ、昼食がこれだけ!?

 

 

メキシコ人は「チリ」と「クラッカー」。

 

 

 

 

コストコに通い慣れた日本人なら帰りに「ピザ」ではなく、「クラムチャウダー」をオーダーするはず。

 

必ず「クラッカー」がついてくるよね。

 

あれです。

 

「クラッカー」を粉々にして、スープに入れる。

 

きちんと「アメリカかぶれ」している日本人は、正式な食べ方でクラムチャウダー他、

 

スープ系をいただきましょう。

 

 

正式な食べ方。

 

.ラッカーを袋から出さずに、細かく砕く。

 

袋を開けて、スープに入れる。

 

かき混ぜる。

 

い靴辰りとスープを吸わせたら食べる。

 

 

これが正式な食べ方。

 

 

 

で、「ブルーワーカー」御用達のランチボックスはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどエルカミーノが入ってきたので、助手席に置いてみた。

 

 

 

 

ほら、「本物」になってきた。

 

 

 

 

 

 

 

安いのに、「MADE IN THE USA」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B海い討魯灰譟

 

 

 

 

「STANLEY」のドライバーセット。

 

「Snap on」は誰でも知っている、使っている。

 

「ディッキーズ」も「スナップオン」も、もう誰も驚きはしない・・・。

 

 

 

エルカミーノの助手席に転がしてみる。

 

 

 

男の「アクセサリー」だよね。

 

 

 

女性がピアスをするように、

 

ドライバーを車の助手席に転がしておく。

 

女性がネックレスをするように、

 

ドライバーをガレージに転がしておく。

 

女性が指輪をするように、

 

ドライバーをデスクの上に転がしておく。

 

 

 

 

 

安いのに「MADE IN USA」

 

 

 

 

アメ車に乗っている人。

 

住宅を「カリフォルニア風」とか「ブルックリン風」とか言っている人。

 

リーバイス履いて、ロンハーン行って、レイバンかけている人。

 

一つでも当てはまるようであれば、今日ご紹介した商品は買うべき!!

 

本物の本物だから・・。

 

リーバイスとロンハーマンは知らないけれど、

 

「レイバン」はもう「ボシュロム」じゃなくなってしまったでしょ。

 

僕らの「レイバン」は「ボシュロム」

 

きちんと「アメリカかぶれ」したやつらは、「ボシュロム」。

 

 

 

また話が脱線した。

 

 

 

今日ご紹介した3点。

 

「安価で本物」。

 

売っても大して儲からないけど、僕はこんな商品が好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.04.12 Sunday

必見!! デッキ用テーブル&椅子

 

優れもの。

 

普段はベンチで格好つけて・・。

 

cast:T.M.(GEORGE PORGIE STAFF)

 

 

 

 

友達が来たら・・・。

 

cast: T.M.(GEORGE PORGIE STAFF)/ special thanks: Mr. O.(GEORGE PORGIE CUSTOMER)

 

 

 

 

4人用のテーブルと椅子のセットに早変わり!?

 

フェイスブックでは動画をアップした。

 

 

 

 

 

 

 

 

4人で十分座れます。

 

こんな商品ほしかった!?

 

 

 

 

 

2万円のテーブル1台買って、

 

1.5万円の椅子を4台買うとする。

 

トータルで8万円。

 

 

 

 

そう考えるとこの商品はかなりリーズナブル!!

 

店頭に展示してあります。

 

 

2020.02.02 Sunday

アカシア テレビ台 New item !!

 

フェイスブックに新商品をあげることが多い。

 

ブログに新商品を上げることを忘れる。

 

何故か?

 

何となく、「フェイスブック書いて、あとでブログ書こう。」なんて思う。

 

結局フェイスブック書いて終わってしまう。

 

 

先日顧客に、「ブログ更新して」と言われた。

 

「フェイスブックはやってないから」と。

 

僕は素直だからがんばってブログを書く。

 

とは言うものの、僕にブログやfacebookのオーダーをする顧客のほとんどが、

 

「車・洋服・アメリカのことを書いて」という要望。

 

「家具・インテリアのことを書いて」という要望は皆無!?

 

まあジョージ ポージの顧客で、僕に物申すような奴らは、

 

もうすでに「家具・インテリアが仕上がっている」に違いない。

 

もしもまだ、ベッドがきちんとなっていないようであれば・・・。

 

 

 

で、1発目。

 

「T.V. Stand made by Acacia.」

 

アカシア材のテレビ台です。

 

人気のテレビ台の入荷が3か月以上先なので、急遽ピンチヒッターとして登場。

 

僕らが扱う商品の一部は、受注から4か月〜6か月納期をいただく商品も少なくない。

 

海外生産の輸入商品の場合、簡単に言うと「欠品」。

 

量販店などは最初から欠品するような商品は扱わない。

 

でも僕らは「ニッチ」な商品も扱わなければ量販店と勝負できない。

 

と言うよりも、「ニッチ」な商品こそ面白い!!

 

          (↑こちらが本音かもしれない)

 

ニッチな小売店は、ニッチな商社とも付き合う。

 

ニッチな商社は、1回に又は年間5つしか輸入しないなんて商品も扱う。

 

日本は欧米と比べると、家具のマーケットがびっくりするほど小さい。

 

簡単に言えば、家具を消費しない、買わないという事。

 

「家具なんてたくさん買うものではないでしょ」と言う人がいるかもしれない。

 

そうではない。

 

欧米諸国では、日本に比べ定期的に生活スタイルにあわせて家具を買い替えていく。

 

 

●日本人が生活スタイルにあわせて、車を買い替える。

 

(子供が出来れば、ミニバンにする。子供大きくなれば、車を小さくする)

 

 

●日本人が生活スタイルにあわせて、生命保険を買い替える(見直す)。

 

(結婚すれば、1つくらい生命保険に入る。子供が出来れば補償を大きくする)

 

 

●日本人が生活スタイル!?にあわせて、洋服を買い替える。

 

(太れば、ズボンのサイズを大きくする。痩せれば、シャツのサイズを小さくする)

 

 

一般的に、家具より高い車も、家具より安い洋服も、カタチの無い生命保険も、生活スタイルに対応して買い替える。

 

だからインテリア先進国である欧米諸国では、家具も生活スタイルに対応して買い替える。

 

 

悪い例として。

 

不動産情報を見てごらん。

 

中古住宅の画像。

 

数十年経っている住宅に入っている家具のほとんどが、新築時に買ったもの。

 

時々あるでしょ、まだ生活感のある画像が載っている住宅が・・。

 

 

そんなインテリア後進国だから輸入商社の社長が、たくさん家具を輸入できないことはしょうがないこと。

 

僕の立場からすれば、「よくこの商品を5つも輸入してくれた」と商社の社長を絶賛する、感謝する。

 

小売りも卸も誰でも、売りづらい商品を仕入れて在庫するのは嫌なはず。

 

 

ピンチヒッターのこのテレビ台も在庫数は僅か!?

 

たくさんオーダーが入り、バックオーダー状態にでもなってくれれば、商社の社長のお尻を僕がたたく。

 

「はやくオーダーして輸入しろ」と。

 

 

アカシア材テレビ台(code:AC2005)

 

 

いいサイズ感。

 

スラックスを履くのではなく、ジーンズを履くような感覚で使ってもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.29 Wednesday

NOW ON SALE!! 

 

 

 

 

まずは、今のアメリカで指示されているソファー。

 

「格好いいアメリカ人は2020年、こんなソファーに座っています。」

 

アメリカで実際に販売されているソファーを日本でひそかに!?販売中。

 

その証として、アメリカのソファーに必須のタグがきちんとつけられています。

 

ご来店いただいた方にはお見せいたします。

 

本革の質感を是非店頭で・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にイチ押しの照明です。

 

照明こそ実物を見ていただかないと質感や雰囲気が伝わらない。

 

「百聞は一見に如かず」

 

「照明は発光をみないと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 SHELL」の看板は「MADE IN U.S.A.」

 

古い物ではないけれど、その分リーズナブルです。

 

奥の「GENERAL ELECTRIC」 G.E.の工具箱?は古い物。

 

8朕妖には手前の椅子がオススメ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

イームズチェアーは僕の「ライフワーク」

 

古い物から、新しい物まで。

 

もう何十年集めているのだろう??

 

この商売を始めるずっと前から・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとこんな画像だとイームズチェアーがかわいそう!!

 

バックヤードの散らかっているところです。

 

まあアメリカでも、安いディーラーのバックヤードはこんな感じが多い。

 

きちんとしているディラーは、価格もきちんとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.11 Saturday

デスク(机)「大人になっても使える」がコンセプト!!

 

子供用のデスクではありません。

 

今日ご紹介するデスク(机)は大人用です。

 

ですから大人も安心してご検討ください。

 

 

数日前フェイスブックに同じタイトルで文章を書いた。

 

なので少し落ちたトーンで今日は書きます。

 

内容が重複するかもしれません。

 

「ブログだけ読んでいる」というお客様もいるので。

 

 

お子様のデスクを用意する際、「〇〇学習机では嫌」という人。

 

「大人になっても使えるデスク」

 

「子供が使わなくなったら、私が使う」

 

みたいな人必見!!

 

 

年間を通してリーズナブルなデスクを数台並べています。

 

今日は4台並んでいます。

 

因みに価格は2万円台から6万円台。

 

もちろんもう少し値段の張るデスクが並ぶこともあります。

 

ここ最近はそんな感じ。

 

 

僕はお金に余裕がある人も、そうでない人も、ドンドン家具を買っていただきたい。

 

「必要以上に買う」という意味ではない。

 

まず使っていない人、持っていない人、は何でもいいから買って使おう。

 

「ある」と「ない」では大きく違う。

 

 

 

 

 

2020.01.06 Monday

大人になっても使える机(デスク)

 

年が明け「デスク」(机)の需要が増えた。

 

(売れているわけじゃないけど、見に来るお客が増えた)

 

大人が使うためではなく、子供用だ。

 

しかしジョージ ポージに子供用のデスクを求めにくるご両親たちは、

 

「大人になっても使えるもの」を探し求めに来る。

 

 

「子供が使わなくなったら、私が使うの!!」なんて奥様も少なくない。

 

 

1年を通して4台くらいのデスクが展示してある。

 

正直限られた空間に大して売れないデスクを4台も並べること自体とても不効率!!

 

しかし僕の場合、ジョージ ポージにご来店していただくお客様のために仕事をさせていただいている。

 

売れるとか、売れないとかは二の次。

 

「福島さん、子供のデスク見に来た!!」なんて声かけられて、1台も展示がないようでは申し訳ない。

 

だから本当は1台か2台展示したい。

 

でもそうすると必ず、「コレ上の子が使っている」なんて会話になってしまうので、

 

少し多めに展示する。

 

 

今の世の中、家具屋に限らず商売を考えると、「効率」を最優先してしまう。

 

しかし不効率が大好きな僕らは、そんなこと関係なく仕事をする。

 

だから僕は「1か月に何が何台売れた」なんてことは気にしない。

 

大体そんなことチェックしない。

 

知りたいときは年に3回スタッフに聞く。

 

「何が売れている?」

 

「コレ売れている?」

 

 

 

一応僕も経営者。

 

ぜんぜん売れていないものがあると「展示をやめよう」なんて気になってしまう。

 

だから何が何台売れているかはチェックしない。

 

何かが売れていてさえくれればそれでいい。

 

 

まあ、デスクは不効率!!

 

 

 

それから子供に聞いちゃう親が多いよね。

 

だから余計に売れない。

 

だって子供は引き出しがたくさんついていたり、基地みたいだったり、真っ白だったりと

 

量販店で売っているようなデスクがいいに決まっている。

 

大人用の少し洒落たデスクを欲しがる子なんているわけない。

 

もし子供に大人になっても使えるようなデスクを使わせたいのであれば、

 

勉強する道具(デスク)として、親が選んできちんと買い与えてください。

 

 

 

僕は誰よりも「感性」を大切にする人間。

 

「家具を販売して生計をたてている」

 

しかし「家具を売っているというよりも、感性を売っている」と思い毎日仕事をしている。

 

子供の「感性」を豊かにすることはとても大切。

 

だから「デスク」なんてものは「道具」として親が適切なものを買い与える。

 

だから場合によっては、量販店で販売しているようなデスクでも僕はいいと思います。

 

 

 

「感性」を豊かにさせるためには、「デスク」ではなく日常的に買い与える

 

「洋服」や「靴」を子供たちの「感性」で選ばせればいいんじゃないかな?

 

 

 

今日現在並んでいる4台のデスクは、みなリーズナブルです。

 

価格帯は2万円台から6万円台。

 

もっと高級なデスクが欲しい人は僕(福島)に言ってください。

 

ご用意させていただきます。

 

 

 

^き出しのないタイプ。

 

シンプルで飽きがこない!?

 

 

 

 

 

 

 

△靴辰りと引き出しあるタイプ。

 

タップリ収納4ドロアー。

 

もちろん大人も使ってください。

 

基本は大人用ですから。

 

 

 

 

 

こちらは引き出し3杯(3ドロアー)のタイプ。

 

椅子はご相談ください。

 

キャスター付のチェアーもご用意してあります。

 

 

 

 

 

ず埜紊賄携張Εールナットの無垢材。

 

オーク材の天板も対応できます。

 

引き出し付。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.18 Sunday

シーリングファン 入荷!! 取付!!

 

基本、工事を伴う照明器具の販売は手間がかかるのでしたくない。

 

なぜなら、家具屋の僕らにお客様が取り付け方や工事について聞いてくる。

 

勿論、わかることはお答え致します。

 

しかし、それは電気屋の仕事?

 

 

 

僕はいつもこう考える。

 

僕は、「家具・インテリアのプロ」

 

僕に家を施工してもらいたくないでしょ?

 

僕に設計(構造的な、デザイン的ではなく)してもらいたくないでしょ?

 

僕は、施工のプロでもないし、設計のプロでもない。

 

 

 

 

要するに、「餅は餅屋」という考え方。

 

 

家具・インテリアについて、誰かに言われたことを信じたり、参考にするのであれば、僕らの仕事はいらない。

 

家具・インテリアのプロでない人の話を参考にするなら、「俺の意見聞くな!!」と思うことが時々ある。

 

僕らが存在する意味がない。

 

お客様の「確認作業」のためにいるわけではない。

 

「コレ、どう思います?」みたいな・・。

 

家賃払って、家具並べて、全国飛び回って、時には海外行って、情報をゲットする必要もないわけで・・・。

 

僕は、僕らは、「家具屋・インテリアショップ」

 

だから、「家具・インテリア・空間」のプロ。

 

施工や設計や、どうしたらインターネットで売れるか?なんてことは正直興味はない。

 

きちんとした工務店に施工してもらい、きちんとした設計士が設計すればよいだけの事。

 

お客様が選んだ工務店、設計事務所に僕がなんだかんだ言うつもりはない。

 

いい工務店、設計事務所が知りたければ、それは喜んでお教えします、ご紹介いたします。

 

たくさん家具を納品させていただいていますので、誰よりもたくさんの家を見ています。

 

どんな工務店がどんな思いで家を作っているのか?

 

どんな設計士がどんなスタンスで家で設計しているのか?

 

 

 

「餅は餅屋」

 

うどん屋のラーメン食べたくないでしょ?

 

「量販店で買う、チェーン店で買う、フランチャイズ店で買う」と言うことは、

 

「ファミレスで食べる、コンビニで買う」と一緒だと僕は解釈する。

 

もちろん、好きなところで食事をして、好きなところで家具を買ってください。

 

システム? 商売の仕方? の問題。

 

 

 

先日テレビにニトリの会長が出ていた。

 

僕が言うのもなんだけど、やはりニトリさんは凄いと思う。

 

一代で日本一になった。

 

日本人のほとんどはニトリさんで家具を買えばいいと思う。

 

家具・インテリアに興味のない人は・・。

 

僕は、日本一の家具屋を目指しているわけでもなく、ただ家具・インテリアに興味のある人に

 

家具を提案したい、販売したいだけ・・。

 

ニトリさんの家具はいまだに会長が海外の工場に足を運び(すごい)、

 

デザインだ、なんだかんだを第一線で指揮しているようだ。

 

僕がみたテレビ番組がヤラセでない限りは・・・。

 

失礼な言い方をすると、70歳過ぎのおじいちゃん(ごめんなさい!!)がデザインしたり、

 

考えてたり、指揮をしている家具で満足する消費者を僕らは対象にはしていない。

 

群馬で一番インテリアを良くしたい消費者。

 

群馬で一番格好良くしたい消費者。

 

群馬で一番心地良くしたい消費者達の為に僕は努力しているつもり・・。

 

 

 

今日もちょっと脱線した。

 

本題に戻って。

 

 

それでも「ジョージ ポージ」の電気部隊? 電気係?(一人だから部隊ではないか?)が

 

シーリングファンを取り付ける。

 

 

 

 

まずは位置確認から。

 

 

 

 

 

 

 

今回取り付けるのはこんなシーリングファンです。

 

 

 

 

 

 

 

マットなブラックが格好いいです。

 

勿論販売していますので見に来て下さい。

 

時々、「シーリングファンを付けたいんですけど、工務店が用意するシーリングファンはあまり格好良く無くて」

 

と言うお客様がいるので・・。

 

早めに支給してやれば、嫌がる工務店さんもいるとは思いますが、つけてくれる工務店さんもいるはず。

 

「ジョージ ポージ」も階段の上にシーリングファンついていますが、これは一般家庭でも必須アイテムのような気がする。

 

空気の流れ。

 

 

 

「ウォシュレット」と「シーリングファン」は必須!!

 

まあ、興味がある人は見に来て!!

 

ついているから、展示してあるから。

 

カタログで発注するのとはわけが違う。

 

発注してから、取付してから、「感じが思ったのと違う」と言っても後の祭り・・・。

 

時々います。

 

「インターネットで注文したんだけど、思っていた感じと違ったので、買い替えにきました」というお客様が・・。

 

そんな人はインターネットで買わない方がいいのにね。

 

結局余分なお金を使うことになる。

 

どうでもいいと思う人が、インターネットで物を買うべきだね。

 

そう考えると、インターネット会社もたいへんだよね。

 

基本、どうでもいいような、いい加減な人を相手に商売をする。

 

「どうでもいい様な人=いい加減な人」

 

「いい加減な人=きちんとしていない人」

 

 

極論かもしれないけど、「家」ってインターネットで買わないでしょ。

 

みんなそれなりに「きちんと」買いたいから。

 

きちんと買いたい人はインターネットでは買わないのです。

 

それは金額が小さくても、大きくても・・。

 

車だってそうでしょ、

 

中には、「車なんてインターネットで買えない」という人もいるけど、

 

今の時代、インターネットで買う人も少なくはないはず。

 

服だってそうです。

 

「服なら、インターネットで買える」と言う人もいる。

 

多分それは、人それぞれの価値観の問題?

 

服はインターネットで買えるけど、家具は買えない人。

 

家具はインターネットで買えるけど、車は買えない人。

 

結局、きちんと買いたい人は、服も電気製品も、家具も、車も家も、インターネットでは買わないのです。

 

 

 

書いている自分が、なんだかよくわからなくなってきた?

 

インターネットの話をするつもりではなかったけど・・・・。

 

要するに、「展示してあるから見られますよ」という話だった。

 

 

 

 

 

リモコンもあります。

 

 

 

 

 

 

配線して。

 

 

 

 

 

 

 

取付完了です。

 

 

 

 

 

 

わかるかな?

 

まわっています。

 

 

 

 

 

 

もちろん、照明にもなります。

 

 

 

 

 

 

もう一枚

 

 

 

いかかでしょうか?

 

 

 

 

2018.11.17 Saturday

スチールロッカー !! インダストリアル !!

 

 

どうでしょうか?

 

数量限定!!

 

他のタイプもありますが、コレは仕入れが安かったので安価です。

 

 

2018.05.26 Saturday

入荷!! モダンなスツール 2サイズ!!

 

〃擇!!

 

格好いい!!

 

リーズナブル!!

 

店頭に展示してあります。

 

興味がある人はご来店下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.12 Monday

新商品入荷!? ソファー??

 

昨日フェイスブックで新商品のソファーをご紹介した

 

今日のブログはテレビの副生音のような感じで読んで下さい(僕の本音!!)

 

 

ある家具メーカーの営業が来た

 

そのメーカーの商品は展示していない

 

でも来た

 

どこか近所、又は近県の店に営業に来たついでに当社にも寄ったのであろう

 

以前の営業担当は一度も来たことがない

 

それどころか、営業担当の名前も僕は知らない

 

まあ、たいして取引のないメーカーなんてそんなもの

 

たいして売っていないのだから、営業も来ない

 

まあ、それはそれで特に問題はない

 

ほしい商品があればこっちから行く

 

でも今回の営業はわざわざ来た

 

そして、今関西で売れているソファーを僕にすすめてきた

 

「ジョージ ポージさんの近くでこのソファー販売しているお店ないです」

 

「まちがいなく売れます」とすすめてきた

 

僕はそのソファーの資料をみたとたん売れない自信があった

 

結果、僕は彼がすすめない商品を発注した

 

数か月経った

 

また関西から奴がきた

 

僕は、売れない自信があるソファーを発注した

 

そのソファーが昨日フェイスブックにあげたソファー

 

今日、ブログにもアップします

 

こんなソファーです

 

 

 

 

時代遅れでしょ!

 

グリーンのモケット!

 

どこかのカ〇モクのソファーをパクッて上質にした感じ

 

もちろんどこかのカ〇リモクのソファーよりはずいぶんいいけれど

 

フレームは一応オーク材を使っている

 

ビーチではない

 

きちんと説明しておきます 

 

誤解が無いように

 

どこかのカ〇モクのソファーが悪いと言っているわけではありません

 

1960年代から日本を代表する家具メーカーがずっと売り続けてきた安価な応接の長椅子

 

いい商品だから、続いたのです

 

僕はある意味群馬で一番最初に販売しました

 

20年近く前、この商売をはじめたころから売っていた

 

群馬では僕だけだった気がする

 

当時、東京の恵比寿の代官山のインテリアショップ達と取り合いで仕入れをしていた

 

その当時我々が売っていたのはそのほとんどが中古品

 

D&Dくらいじゃない、新品売っていたのは

 

その後、メーカーが別部隊を作って拡販させた(メーカーは驚いた)

 

だって、カタログの応接セットの一番安価な長椅子が若い人達に売れ始めたのだから・・・

 

そう言えば、ずいぶん経ってからメーカーの少し偉い二人が当社に来たことがある

 

当社は取引していないのに

 

どこからか聞きつけてきたのであろう

 

メーカーの少し偉い二人が僕に言った

 

「次は何が売れますかね?」

 

「次、こんなのどうでしょうかねえ?」なんて

 

今回のブームは我々どちらかと言うとアンダーグラウンドなインテリアショップが作り上げたブーム

 

まあ、一番の立役者は間違いなくマスコミの露出が多かった D&Dだろうけど

 

メーカーが仕掛けても無理なこと

 

そんな流れの中、僕はいち早く販売することをやめた

 

それには理由がある

 

群馬では前橋でインテリアショップを営んでいた〇〇〇さんが手を上げ販売をはじめた

 

しかし、彼は一度店を閉めた

 

その際、メーカーとのつながりが切れた

 

僕はそれを知っていた

 

その時僕が手をあげていれば、もう少し僕も楽に家具が売れていたかもしれない

 

でも僕の中では、もう終わりでしょ?みたいな感覚があったのである日県内の同業者と電話で

 

話をしている時彼が「カ〇モクやりたいんだよね」と言うから、「今なら出来るよって」って

 

パチンコ屋の駐車場で話した記憶がある

 

注:僕はパチンコはしません 

 

現在、カ〇リモクを販売していい思いをしているインテリアショップはほとんど後乗り

 

当時、僕らみたいに先頭きって販売していた業者で現在も販売している業者は多分いない

 

昔を思い出して、色々書いてみたがそんなことで「カ〇リモクの長椅子」がどうこう

 

 

 

 

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM