2016.12.19 Monday

へんなこだわり!車の事

 

ここ数年僕は国産車によく乗っている

 

国産車に乗って仕事をしていると時々お客さんに「この前すれ違ったでしょ、代車に乗っていた?」と言われる

 

代車ではない本気で乗っている足車(営業車)

 

免許証をとってから、必ずアメ車は手元に1台はあった だがここ数年所有していない

 

車が好きで、アメ車が好きで、ハーレーに乗りたくてアメリカを目指した

 

そして月日が経ち家具屋になった

 

はじめた頃はアメリカの家具がメインだったので、アメ車に乗っていた

 

そして月日が経ち、日本製の上品で上質な家具も販売するようになった

 

そのころから僕は、国産車に乗るようになった

 

 

 

 

↑アメ車で配達していたころ

 

アストロを配達用に使っている同業者はみたことあるが、ピックアップトラックで配達する同業者は知らない

 

格好いいでしょ!

 

この車は輸入直後はじめは後輩が乗っていた(後輩の為に輸入した 当時国内にろくな車がなかった)

 

ビバリーヒルズのレクサスの整備士から買った(メンテも抜群!)

 

前にもどっかでブログにアップしたと思うがこの車↓

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して、何故僕が国産車に乗るようになったのか?

 

昔は毎日のように、アメリカの家具のいいところ、素敵なところをお客さんと話をしていた

 

最近は、日本の職人がつくる丁寧で繊細な家具の話をする

 

つまり、「日本の家具はつくりが良くていいよ」とお客さんにすすめておきながら、

 

外車に乗って帰るのはどうかと思うようになった

 

考え過ぎだろうか?

 

 

ある店の前を通ったとき、日本製の家具を販売していて経営者が外車に乗っていた

 

「アレッ」と思った

 

 

 

だから僕は最近時計も基本日本のメーカーを身につける

 

そんな僕の変なこだわり

 

 

だから今僕が狙っているのは、パネライでもなく、ティファニーでもなく

 

「Grand Seiko」

 

少し余裕が出来たら、買おうかな?

 

 

 

 

でもイーストウエストはめずらしくほしかった

 

でも露出が多すぎて少し気持ちが遠ざかった

 

 

 

 

 

 

 

 

でも後ろ指刺さないでください

 

僕が、外車に乗っていても

 

僕が、舶来品の時計をしていても

 

僕は家具が好きで、車が好きで、時計も嫌いではない

 

だからきっと外車も乗る

 

何故最近国産車に乗っているかという話です

 

 

 

 

 

 

 

今日のジョージ ポージのメンテナンスカーはこんな感じ

 

奥に見えるジャンパーは配達用

 

すぐ着替えられるように 割とこの商売服が汚れる

 

 

 

 

 

お客様に見せる椅子、張替等で預かりの椅子、サンプル、修理道具等でいっぱい

 

大きな家具、たくさんの家具はトラックで運ぶ

 

でもこまかい家具はミニバンが一番

 

ハイエースとかだとシートがなく椅子が暴れてしまう

 

仕事の段取りで数日間このメンテナンスカーはこの状態

 

だから明日の出張は乗用車でいく

 

これで高速は嫌でしょ

 

後ろ見ずらいし、ガタガタするし

 

その日の仕事によって車を使い分ける

 

車は移動の道具

 

家具は家の道具

 

 

 

 

 

 

お客様に頼まれた廃棄する家具をとりにいく

 

この日は都合によりしょうがなく乗用車に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.10 Saturday

未来のお客様へ

 

僕は、お客様に家具の色などを提案するときに、「好きな色にすれば」と言ってしまうことがある

 

多分僕のことをあまり知らない人は少し無責任に感じるかもしれない

 

なぜならば僕の仕事は、お客様に提案をすることなので

 

しかしながら、無責任で言っているわけではない

 

お客様の向いている方向、コンセプトがハッキリとしているときは、そのコンセプトに向かってよいと思う色を提案する

 

しかしながら、そのような時ばかりではない

 

都度、お客様との会話の中で最善を目指す

 

その結果、このお客様は好きな色にしたほうがよいと思うとき、「好きな色にすれば」と提案をする

 

 

 

僕は、基本好きな物にしかお金を払わない

 

好きなモノしかチョイスしない

 

絶対ではないが、特にプライベートではわがままに生きている

 

 

誰がどう思うかは関係ない あまり気にしない

 

俺がいいと思う 俺が格好いいと思うことが大切

 

だから好きなモノを選ぶ

 

その経験やスタンスを少しお客様におすそ分けしたい

 

いけないことではないが、「無難だからベージュ」「失敗しないであろうから茶色」

 

という考え方が僕の中ではあまりない 低い

 

そんな僕が選んだ、ジャージ

 

これを着て、フットサルにいく

 

このジャージを選ぶ人間だから、「好きな色にしたほうがいいよ」と言って時にはアドバイスをする

 

なんとなく、言いたいことが理解していただけたかな?

 

文章がヘタでわからないかな?

 

僕の新調したジャージ↓

 

 

 

無責任に「好きな色にすれば」と言っているのではなく、

 

僕は、好きなモノを選んで生きている その結果がこのジャージ

 

そんな人間だから、好きなモノを選ぶ楽しさや好きなモノに囲まれて生きる楽しさを

 

少しおすそ分けしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.10 Saturday

???

世の中、皆、僕もそうであるが、自分の枠組みで物事を考えてしまう

 

ガキのころから付き合っている友人でさえ、なかなか本質まで理解してもらうことは難しい

 

先日、中学生のときから通っている友人の床屋に散髪に行った

 

かなり車バカな大切な友人!! 「20代から新車のNSXに乗っていたような奴」 生活に余裕のある奴はいい

 

そんな友人でさえ、「なんで車を複数台所有するの?」と僕に言う

 

なぜ僕が、人よりたくさん車を買うのか?

 

一つは、仕事柄車が必要

 

そしてもう一つは、ベースがちがうから

 

僕は手取り13万円のガキのころから車は常に3台所有していた

 

普通のベースであれば、「3台も車があってどうするの?」と言うであろう

 

しかし、僕のベースはそうではない (ここでのベースとは家庭、家族の事)

 

ガキのころから車は何台あっても、文句ひとつ言われなかった

 

車が好きな僕は、高校生の時から(勿論免許はない)父親を連れて車屋に車を買いにいっていた

 

ビートルであったり、スカイラインのケンメリであったり、ランクルの40であったり、三菱のジープであったり

 

それどころか、いまだに父親は僕の顔を見るたびに「車を買え」と言う

 

お金があるとか、ないとか そんなことは関係ないのだ

 

限られた収入の中で、好きな車を買って他を調整する それだけのことだ

 

考え方の枠組みが違うだけ 

 

興味がある人には、ブログではなく 僕のスタイル、やり方、生き方?を説明します

 

きちんと働いていれば、みんなできるのです

 

あまりこういうところで直接的に書くと、一方的に理解されると嫌なので・・・

 

新築時の家具の買い方なんかも同じようなことが言える

 

僕から言わせてもらえれば、「やり方」「買い方」の問題 

 

 

車と洋服は、お金がなくても、どれだけ買っても何一つ文句を言われない環境で生きてきた

 

時々、母親を連れて洋服を見にいく

 

例えば、「グレーとブルーどっちにしよう?」という感覚はあまりない

 

「両方買えば」となる

 

 

 

 

 

 

2016.11.13 Sunday

納品 から こだわり!の話?

今回は、ソファーの納品

 

先月は椅子を2台ご購入いただきました

 

少し奥に見えるモダンなソファーも以前ご購入いただいております

 

ありがとうございます

 

画像でこのソファーの格好良さがわかるかな?

 

 

格好良くて、座り心地も良い

 

アメリカ人が座るためのソファーを少し日本に輸入

 

だから座り心地がよいのは納得 椅子の国だから

 

本革の質感がまた良い スタッズ?がいい感じにはいっているところも◎

 

 

 

ダイニングは、ずいぶん前にご購入いただいている 無垢でオイル仕上げ

 

イームズはすべてヴィンテージ品 ご主人のこだわり

 

 

 

 

どお? 素敵でしょ!

 

ロンハーマンより、うちのお客様のほうが格好良い

 

でも一番素敵なのは、こちらのご夫婦

 

ご主人も格好良いが、奥様がもっと素敵

 

肩の力が抜けた感じの素敵な奥様

 

うちのお客様、素敵な奥様が多いんです

 

 

 

 

 

ここから先はインテリアと関係ないので、暇な人だけ読んでください

 

こちらのご主人はたしか、ロンハーマンよりもラルフローレン

 

僕はガキのころから、アメリカの大人な格好いいお父さんがラルフローレンを着ているサマに憧れた

 

そろそろ僕もそんな風にラルフローレンが着れる年齢になってきたかな? 

 

何故だか? 当店にはラルフローレン好きなお客様が多い 特に僕は公表していないのに そんなかたが集まってくる

 

 

今日は、こんなことを書こうかなと思ったので、朝、急きょ室外機の上で撮影

 

もっと素敵なのもあるんだけど、普段履かない靴はどこにしまってあるか自分でもすぐわからず・・

 

どお? この靴 普通だけど素敵でしょ

 

今一番のお気に入り

 

 

ちょこっと、よそ行き用

 

ラルフだけどイタリア製

 

 

 

 

これはどお?

 

買ったけど誰も着ない 僕のコレクション、子供用だし

 

ひと目惚れ 衝動買い どおしよう? 店で売ろうか?

 

 

 

 

これはガキのころよく着た 最近あまり着ていない

 

たしかフロリダで買った

 

 

 

 

 

 

何故、今日はこんなこと書いているか

 

その ,茲着ているモノ 身につけているモノのことを聞かれる 「どこの?」「どこで買うの?」

 

大したモノは身につけていない「何を着るかではなく、どう着るか」が僕にとっては重要 

 

ここはインテリアの考え方と一緒 「メーカー・ブランドではなく、どんな家具をどう入れるか」が重要

 

僕の場合、ファッションは人にどう見られるかはほとんど気にしない 自分がどう着たいかが大切

 

だから変な色も着る

 

 

まあ、赤はありとしても、こんなピンクあまり着ないでしょ一番左の 実際割と変な色 黄色も画像より派手!

 

 

ちょっとゲイぽく着こなしたいときにこのピンクは着る(僕は普通に女性が好き)

 

 

 

昨日履いていた靴も聞かれた 「それどこの、ドクターマーチン?」って そうではなかったが・・

 

そう言えば最近ドクターマーチン履いていないなあ? なんて思って 下駄箱を探した

 

誇りだらけの僕の マーチン スタンダードなブラックの編み上げは見つからなかった

 

 

 

赤のほうが昔よく履いた

 

両方とも、20年以上前にロンドンに行ったときに買った

 

だからちゃんと MADE IN ENGLAND

 

 

ドクターマーチンもレイバンも最近のは僕の中では本物の本物ではない

 

日本で流通しているやつだったり

 

だから昔はほとんどレイバンを使っていたが、今はレイバンは買わない

 

ボシュロムのレイバンが僕の中ではレイバン

 

ハーマンミラーのパントンが僕の中ではパントン

 

ウェイファーラーいくつ買ったか?

 

買うたびに、似合わない

 

 

 

 

 

 

 

何故こんなことを書いているか理由その

 

この前、ラルフ ローレンが安かった 業績わるいのかなあ?

 

好きな人、チャンスかも!!

 

 

 

 

 

言わなきゃ、安いのバレないのに

 

でもそんなことで格好つけてもしょうがないので

 

安かったのです

 

 

安くない?

 

 

きっと、暇でこのブログを読んでくれた人は、次回会った時 なぜ2枚づつ買うの?って言われる

 

だから先に答えておく

 

「そういう人だから」

 

 

 

昔、たくさんイームズチェアーを集めていた時も、よく同業者に「どうしてそんなに集まるの?」って言われた

 

多分それは、ガキのころから好きなモノが変わらない? 自分の決まったスタイルがある? 迷わない?

 

だから、いいと思ったものは、複数個 ときには多数買う だからイームズは100台でも200台でもお金があれば

 

すべて買う ブレない イームズチェアーも服も一緒 但し服はいいところ2着か3着

 

僕の2つずつコレクションの一部 あまり興味がないと思うが、一部の友人はきっと笑ってくれる あいつバカだって

 

 

 

スーツも2着 色違いで

 

 

 

パンツも2枚ずつ

 

夏に出番が多い まるっきり同じ2枚

 

夏に2日つづけて同じパンツ履いていませんよ 毎日洗っています

 

別の同じパンツを2日つづけて履いただけです このパンツ涼しいので・・

 

 

 

こちらは、色違いで

 

 

 

 

ジーンズも色違い

 

 

 

 

 

仕事用のコートも色違い

 

 

同じモノ、同じサイズ、色違いで、黒とグレー

 

「必要か?」 って言うな!

 

同じようなデザインだが、ブランド違いで他の色も持っている

 

この2枚は完全に仕事用 配達に行くとき重宝する

 

さすがにコートは毎日洗わないでしょ 黒とグレーは汚れが目立ちづらいから

 

 

 

 

ガキのころから来ている

 

 

20年以上前に買った アルマーニジーンズ のアウター これは色違いも持っていた 

 

今でも時々着ている このアウターを見たことあるお客様は当店のヘビーユーザーかも?

 

 

ガキの頃、アルマーニが買えなかった でも今思えば、ガキだからアルマーニジーンズでちょうどよかったのかも

 

こんな写真も出てきた

 

 

これは、どこだっけなあ? たしかカナダ?

 

ジョルジオ アルマーニの前で 買えないよね ジョルジオは きっと今でも買えない

 

このころから赤いパンツ履いてるなあ?俺

 

10月16日の俺

 

 

赤いパンツだ!

 

 

 

 

 

 

靴も2足ずつ

 

 

 

 

ポロシャツも

 

 

 

ラルフローレンのポロシャツは、毎日違うものを着ても3週間は間違いなくいける

 

 

 

 

 

 

全部ラルフ きっとまだある

 

 

 

 

シャツも

 

 

これは、半袖2枚 長袖2枚 同ブランド 

 

 

 

 

多分僕はギンガムチェック好き? (一部です)

 

 

出てくる、出てくる、キリがない

 

右から 右のピンク2枚は、1枚半袖で1枚長袖 同じモノ

 

その次の黒と赤は色違いで

 

 

左の緑・ブルーは他にもオレンジを所有 同ブランド同サイズ色違いで3枚

 

 

 

 

セーターだって

 

 

 

 

 

 

バカか? こだわりか? 

 

みんな値段は大したことない

 

このあたりは、みなほとんど仕事着だから高いのは買えない

 

 

 

 

そして、もう一つの理由その

 

今ちょうど、夏モノと冬モノの入れ替えをしている

 

そしてよく、側近に言われる

 

「そんな同じような洋服ばかり着ていると、お客さんにジョージはいつも同じ服着ている」と思われるよって

 

たしかに! 気づかなかった!! 一応接客業 それって印象悪いかも?

 

だからいつか一度、伝えておきたかった

 

ここが一番のメインアイデア!!

 

「同じようでも、昨日と今日は違う服を着ていますよ」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.10.09 Sunday

こだわり!?

こんな商売をしているせいか、よく「こだわりが強いですね」とか「こだわってますね」とか日々言われる

 

そうみられるのであれば、そんなところを勝手に紹介してみようかな?と思った

 

ご来店いただいているお客様は、話をして大体こんな奴だと知っているが、

 

ブログは色々な人が見ている

 

私を知らない人は、どんなやつがやっている店なんだろうと思っているかもしれない

 

グレた家具をたくさん扱っているせいか、日々遠方 県外からわざわざご来店いただくお客様がいる(感謝)

 

ご来店前に、少しでもブログを読んでいただいて、交通費をかける前にどんな奴がやっている店で、

 

どんなスタンスでやっている店か判断してもらえればと思う

 

 

 

こだわりと言うよりは、

 

本人は好きなことをしているだけ、

 

好きな物を仕入れているだけ、

 

好きな服を着ているだけ、

 

好きな眼鏡をかけているだけ、

 

好きな人達と仕事をしているだけ、のような気がする 

 

その好きな物の選択の仕方が少し皆さまとは違うのかもしれない

 

先日も、「その眼鏡どこの?どこの眼鏡をかけてるの?」とお客様に言われる 

 

高級なブランドを身に着けているのであれば、格好良く教えられるのかもしれないが、

 

そうではないので、一瞬悩む 

 

でも、見栄をはってもしょうがないので、結局バラす 教える

 

 

 

インテリアの考え方、家具の選び方も同様に、僕の場合 

 

何を身につけるかではなく、どのように身に着けるかが問題

 

何の車に乗るかではなく、どんな風に乗るか

 

どこのブランドの家具を選択するのではなく、どう配置・設置するかが問題

 

だから、家具も高級なものは並んでいない ブランドみたいな家具も基本ない

 

(但し、仕入れの都合上 ヴィンテージ・ユーズドは別)

 

 

 

 

今日のブログの一番のポイントは、

 

お客様に「ソファーの色は、何色がいいですかね? オススメの色は?」と聞かれる 

 

僕は、「好きな色でいんじゃないですか?」と答えることが多い 

 

もしかしたら、無責任な答えだと思っている消費者がいるかもしれないと、いつも心配に思う

 

昨日も、ソファーの色の話をしていた

 

いつものように、「好きな色がいいんじゃないですかね?」と僕は言った

 

奥様は赤いソファーがいいと言った 

 

僕は賛成した

 

 

で、今日は最近新調した僕のパソコンとプリンタ それから、以前から使っているデスクワゴン

 

こんな感じ

 

意図的になったわけではない

 

好きなモノ? 色を買っただけ 選んだだけ

 

気が付いたら、こんな感じ

 

パソコンを買ってから、数週間後プリンタを買った

 

僕の身の回り

 

 

 

 

 

 

まず、パソコン

 

 

 

 

 

で、プリンタ

 

 

 

 

 

その下のワゴン

 

 

 

 

なんだか、みんな赤!!

 

 

 

おまけにこれは、少しこだわっている

毎日使っているボールペン

 

 

 

なんだか、同じような色

 

 

ソファーとパソコンは金額が違うって?

 

そうでもないけど

 

そう言えば、この前買った車もこんな色だった

 

機会があれば、いい色なのであとで写真撮ってこよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.02.02 Saturday

セブンチェアー 高価買取!

本日は、セブンチェアーの買取をさせていただきました。
台数も揃っていたので、がんばって買取いたしました。
家具の買い替えを検討しているお客様、ご連絡お待ちしています。
イームズのシェルにつきましては、特に高価買取致します。

ジョージ ポージ 買取専用ダイヤル
027-243-5856

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM