2017.09.23 Saturday

納品! 「ラグジーな不動産屋」

 

今回の依頼は、「ホテルのロビーのようなラグジーな空間」

 

もちろん僕は家具屋なので、その雰囲気を出来上がった内装、空間の中で演出しなければならない

 

この不動産会社の会長には何度も仕事をいただいている

 

今回は少しスケジュールがタイトだったためほとんどぶっつけ本番

 

実質1週間くらいしか僕が動ける時間がない

 

従って、打ち合わせの時間はない

 

一度、担当者とメールのやりとりをした程度

 

予算も聞いていない

 

初めてのお客様との仕事だとこんな段取ではうまくいかないが、何度か仕事をやらせていただいている

 

お客様の場合スタンスがわかっているのでやりやすい

 

だから僕は基本自分から営業にはいかない

 

もちろん、来ていただければ、ご依頼されれば、どなた様の仕事でも一生懸命努力させていただきます

 

「誰と仕事をするか」 「誰の仕事をするか」が大切

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはメインスペース

 

ラグジーでゴージャスなソファーセットを配置する

 

画像ではわかりずらいが、上質なファブリックがより一層空間を演出する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬あたりで、このクラスの応接はなかなか目にしない

 

思い切って、5点セットで ここがポイント!

 

普通なら、長椅子1本に一人掛け2台の3点セット

 

これが、5点セットで一人掛け4台になるとより一層ラグジーな空間が演出できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前のスペースは少しカジュアルにドリンクを楽しむ空間

 

あまり使いたくないフレーズだが、「カフェ」を少しイメージして

 

イームズのコントラクトテーブル 天板はブラックをチョイス

 

チェアーにイームズを持ってくると「いかにも」となるので、チェアーは無名でファブリックの物をチョイス

 

全体の雰囲気を考えて、少し淡い色合いで

 

 

 

 

 

 

 

なんかイメージは大手IT企業の休憩室?みたいな感じ!?

 

さりげなく、イームズにネルソンの時計をあわす

 

ウォールナットの壁にちょうどいいバランス感

 

見る人が見れば、しっかりとミッドセンチュリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、セカンドの応接スペース

 

まるで予算の話もしないまま納品だったので僕も気を使う

 

ここはシンプルなレザーの一人掛けを4台

 

テーブルはコルビジェのガラス

 

ラグジュアリーというよりも、少しモダン

 

手前のメイン応接部分を主張させるため、奥はあえてシンプルに(引き立て役)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、奥の個室(ミーティング・商談)スペース

 

 

 

 

 

 

 

 

小物も少しラグジーで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィズ不動産販売株式会社様 ありがとうございました

 

 

 

今回会長に、「日本一格好良い不動産屋」と言われましたが、

 

僕のイメージは、「日本一バランス感の良い、ラグジーな不動産屋」

 

「格好良い」より「ラグジー」のほうが、大人な雰囲気でしょ!

 

2017.06.25 Sunday

納品! 日本一格好いいデイサービス

 

色々な仕事の依頼を受ける

 

今回は「デイサービス」これは初めて 多分あまり世の中の「インテリアショップ」がやる仕事ではない

 

でも僕にとってはとてもうれしい仕事 色々な物件に納品させていただいた

 

カフェ・美容室・飲食店・ラーメン屋・キャバクラ その他

 

 

「デイサービス」とてもやりがいのある仕事

 

今回の依頼のコンセプトは今までにない「格好いいデイサービス」

 

 

大抵デイサービスといえばそれ用の家具が入る 別に格好良くする必要はないかもしれない

 

でもそんなセンス(感性)を持ったお客様がいるから、僕らの仕事は成り立っているのかもしれない

 

とてもありがたい話

 

 

昨年末から物件の依頼が多い 僕はおかげさまでとても忙しい 

 

正月に2日休んだ GWも休みはなかった 月に4日は休めない

 

でもこんな時代に仕事がいただけることに感謝

 

基本僕は自分から営業はしないので、いただいた話はすべて受ける姿勢 一生懸命やる

 

だから仕事(依頼)がない時はぜんぜんない そんな時は少し休む

 

 

僕が物件の仕事で忙しくしているせいか、店の売上が散々の状態 よくない!

 

コレはこれからの課題

 

 

 

 

 

今回お仕事をいただいたのは 株式会社日本ケアストラテジー様

 

常務が仕事を仕切る! 今回感動した!! 

 

このような会社、このような人とはぜひとも仕事をさせていただきたい

 

「誰と仕事をするか、誰の仕事をするか」コレが僕にとっては大切

 

今回の常務はすべて一人で判断する 納品させていただく家具すべて

 

こんな事が、出来そうで出来ない事 会社が大きくなればなるほど


会社が大きいとか小さいとかではない 誰に決定権があるのかないのか?

 

例えば、社長と話(商談)を何十時間させていただいていても、結局最後に判断を下すのは奥様だった なんてことがある

 

だったら、最初から奥様と話をさせていただきたい 「社長」という肩書きだけで決定権がまるでない

 

同じ説明(プレゼン)を担当者にして、上司にして、社長にする できれば一度に説明させていただきたい

 

なんてことがある

 

一人で判断できるということのすばらしさ

 

 

 

 

 

 

 

まずは、メインとなるダイニング

 

 

 

 

デイサービスということを考えて、ダイニングは高さ700mmを選択(身長の問題)

 

チェアーは半肘で 

 

お年寄りは膝・腰に問題を抱えている人が多い 半肘があることにより立ちやすく

 

全肘が付いているほうがいいと思った人 アウトです 全肘だと ^愡劼重くなる 引きしろが多くなる

 

 

それからセンター部分には少し低いダイニングテーブルを設置 高さはより低く650mm

 

2〜3時間話をしても気持ちよく座っていられるように、ソファーに近い背付ベンチをチョイス

 

椅子よりも座り心地が良いものを

 

 

それから、上記2点のテーブルはどちらも無垢材で これは単純に木のぬくもり 

 

大抵のデイサービスはメラミン仕上げの天板を使うでしょう 

 

もちろんメラミンのほうがメンテナンス性は上 

 

でも大丈夫、無垢で簡単にメンテナンスが出来る方法を考えてあります

 

やっぱり無垢の木のぬくもり

 

 

それから背付ベンチのカバーはカバーリングで外せます 洗えます 作り替えられます

 

これなら担当者も安心 季節によってはカバーを変えてみる計画です

 

 

あまり皆様が選択しない生地を選択 これは担当者(常務)と僕のセンスが一致

 

 

 

 

 

妥協はしません、材質もしっかりとウォールナット材を使用

 

 

 

 

 

それから、自宅のように過ごしていただきたい思いから あえてカウチタイプのソファーを2セット

 

窓の外の景色を眺めて・・・   座面は割と低めで設定 

 

 

 

 

 

それから今回のポイント!

 

本当のリクライナーを2台納品させていただきました

 

このあたりはほとんど僕の趣味で販売させていただいている LA-Z-BOY(レイジーボーイ)

 

店頭に並べておいても正直全然売れません デザインはクラシカルだし

 

だから今は店頭に並んでいません

 

僕のスタンスを理解してくれるお客様だけに販売 もちろん興味がある人は言ってください 

 

座れます 体感出来ます

 

ご要望があれば ストレス〇スチェアーなんていう ストレスがない椅子も納品させていただきますが

 

それとはまた違います 一度ご検討を! 

 

 

「なんだ普通のリクライナーじゃん」って思っている家具屋さん 残念!!

 

座りたい人は連絡ください 同業者でもOKです

 

 

余談ですが、そろそろ家具の販売にも飽きてきたので、家具屋さんのコンサルタントでもやろうかな? 格安で!

 

「これならうちでも払える」みたいなプライスで! 

 

 

 

 

絶対よろこんでくれる、お年寄りがいるはず

 

心のケアにも最適! 

 

リクライナーでくつろぐことにより、ゆったりとした気持ちを得られる 結果 心が落ち着く そんな道具かもしれない

 

 

 

それから、ちょっと二人でヒソヒソ話をしたい時、外を眺めたい時

 

ここの椅子が活躍する予定

 

 

 

 

ちょっとモダンでしょ!

 

 

 

それからメインのテーブルは大小すべて奥行きを合わせあります

 

何かイベントがあるときの為に

 

奥行きが一緒ならテーブルをつなげて使えます

 

クリスマス会? お誕生会? 

 

 

 

 

 

それから、少しはなれた別スペースはこんな感じ

 

ここは少しカフェ風で

 

 

 

 

 

 

 

天板はあえて変えてみました(これは単なる遊び心)

 

 

 

 

 

どんな天板でもつくります

 

ご依頼ください

 

 

 

 

キッズが少し遊べるように

 

 

 

 

 

 

ソファーはちょっとオリジナルにしました

 

僕のこだわりで・・

 

 

 

 

 

今回も僕の大好きな椅子を納品させていただきました

 

県内、近県の業者様 真似しないでネ! 僕が納品したお店と勘違いされるから

 

時々、お客様がどこかで椅子をみて「あそこに納品したでしょ」と言われる

 

格好いい店や住宅ならいいけど、格好悪い店や住宅を僕が納品したと思われるのは少し気持ちが・・・

 

もう僕は10年以上もこの椅子を納品し続けている 最近始まった事ではない

 

これだけ、ブログやフェイスブックに納品例をアップしているのだから、

 

プライドがあったら別の椅子を納品してください

 

 

 

 

僕は基本他店のHPやSNSはみない(絶対ではない、時々用があるときはみる)

 

これだけ僕は手の内を公開しているのだから

 

 

僕よりも手の内を公開しているショップがあれば教えて、少し見てみたい

 

 

 

 

 

 

僕らのこだわり

 

納品は特別なことがない限り、少ない人数ですが当社スタッフで納品させていただきます

 

今回はトラック2台

 

 

 

 

 

 

だから僕らは、誰よりも家具を知っているつもりです

 

 

 

売って、納品して、時々直す

 

どんな商品を売ればいいのか、どんな商品を売ってはいけないのか

 

 

 

 

 

 

日本ケアストラテジー様 ありがとうございました

 

少し僕の仕事が落ち着いたら、庭を見に伺わせていただきます

 

夜のライトアップも期待しています

 

 

 

 

それから、毎回家具を手配してくださるメーカー・仕入れ先様ありがとうございます

 

たくさんは売れませんが、細く長く 大好きな家具を販売していきます

 

 

 

 

 

それから、忘れてはいけない三瓶君ありがとう

 

楽しい仕事をさせていただきました 感謝

 

たまにはランチでもしようよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.07 Sunday

納品!医師会!!

 

フォーマルな納品

 

医師会移転につき家具の納品と修理をさせていただきました

 

今回は格好良くと言うよりも、きちんと適切な家具を適切なプライスにて納品させていただくことに努力

 

もちろん、当社で納品させていただくからには、オフィスメーカーさんと一緒では・・・

 

見た目はそれほど変化はありませんが、細部に気を使わせていただきました

 

もしかしたら、僕らの仕事はアンダーグラウンドの仕事なのかもしれません

 

普通に納品させていただくと、そのための準備はほとんど表には出てきません

 

それでも今回の納品などは、使っていただく人が何も気づかずに違和感なく普通に使っていただくことが、

 

正解なのかもしれないと思っています そのための努力を少し時間をかけて準備します

 

 

 

 

納品当日 あいにくの雨

 

それでも軒が出ているのでとても助かります

 

 

 

 

今日は当社のトラック3台と4t車1台

 

4t車はチャーターで現場につけます

 

敷地が広い納品先は助かります

 

 

 

 

少したくさんご注文いただくとチャーター便を走らせることが出来るので

 

普段注文できないサイズの商品もオーダー出来ます

 

僕にとってもお施主さんにとっても好都合!

 

 

 

今回の運転手は前日から前橋に入って準備をしてくれていました(感謝)

 

 

 

 

 

うちの優秀なスタッフが納品の段取りをする間、僕は養生仕事に励みます

 

 

 

 

 

 

 

 

この養生がきちんと出来ているのと、出来ていないのでは、ずいぶん納品の時間が違ってきます

 

 

 

 

さあ、納品開始です

 

 

 

 

 

 

 

僕は養生をして、全体の段取りをして、後はスタッフ二人に納品を任せて一度現場を離れます

 

ベテランのスタッフ二人が効率よく納品を進めていきます

 

安心して任せられるから僕は別の仕事へ

 

(今日のお昼は好きな店で好きな物を食べてね!)

 

 

 

 

 

午後、僕も別の仕事を終えて再び現場に

 

大体の納品が完了しています

 

あとは位置のバランスと不具合がないか全体のチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、全て完了!!

 

 

いつも思うことですが、納品させていただいて感謝

 

 

仕事をさせていただいた医師会様 理事の方々 事務局の方々 ご担当者の方々 

 

設計事務所の方々 メーカーの方々 運送屋さん その他 ありがとうございます

 

(↑アカデミー賞の受賞演説みたいになってしまった)

 

納品先が少し大きいと、納品させていただいても直接顔を合わすことがない方々が多いので

 

きっと読んではいないだろうけれども、ブログにて感謝の気持ちを伝える

 

そう考えると、SNSっていいツールかもしれない

 

 

さあ、次はどこに納品させていただけるのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.03 Wednesday

納品!群馬パース大学!!

 

今日も少しフォーマルな納品

 

高崎市問屋町にある群馬パース大学に納品させていただきました

 

今回のミッションは「同じ予算で格好良く」!!

 

もちろん、機能が落ちるわけにはいきません

 

時間をかけて最善を尽くします

 

 

さあ、納品です

 

まあ、よくあることですが、搬入経路が1ヶ所

 

他の業者が荷物を降ろしています

 

すでに次のトラックが順番待ち

 

大抵こんなことなので、僕が先に乗用車で現場に行き下見

 

 

 

 

 

 

だからこんな現場はミニバンで行くのです

 

ちいさな、仮設事務所みたいな感じ?

 

仕事が出来るまでの待ち時間、ミニバンが僕の小さなオフィスになる

 

 

 

 

 

 

僕のミニバンには着替えもたくさんつんである、特に冬場は・・

 

1日のうちで、お客さんと打ち合わせをしたり、納品したり、家具を直したり

 

その時、その時で着替えなければならないからだ

 

もちろん、靴も積んである

 

塗料で汚れたジャンパーを着て、打ち合わせには行けない

 

ジャケットを着て、納品には行けない

 

 

 

僕はあまり人を尊敬するタイプではないのだが、格好いい大人の代表として「石津謙介」氏を

 

どこか意識してしまう

 

彼が広めた?「T P O」という言葉を心刻んで

 

 

でもこれはとても難しい

 

すべてをきちんと理解した大人でなければ、実行できない

 

僕のスタンスでは到底追いつかない

 

でも君たちのスタンスよりは僕ほうが上だと思うけどね・・・

 

例えば、僕は仕事で軽井沢に行くことが多い

 

毎年プライベートの夏の休暇も決まって軽井沢だ

 

仕事で行く場合、スーツ・ジャケットを羽織っていてもOK

 

しかし、休暇で行く場合はスーツ・ジャケットを羽織っていくのは、どうだろうか?

 

それは粋ではない気がするのだ

 

基本NG?!

 

なぜなら、軽井沢は日本屈指の避暑地である

 

みなバァケーションにいくのである

 

だから少しカジュアル、ラフでいいはずなのだ

 

 

「石津謙介」氏ならなんと答えるのか?

 

「藤村俊二」氏ならなんと答えるのか?

 

 

残念ながら、現状僕のまわりにはこのようなことに関してアドバイスをいただけるブレーン、大人がいない

 

 

こんな仕事をしていると、「こだわっていますね」なんて言われることが多い

 

しかし、僕がこだわっているのは、こだわりたいのは、みなさんが見ている、思っているところではなく、

 

実は、こんなところなのだ

 

 

今日も少し脱線

 

 

本題に戻り

 

 

納品です

 

 

 

 

 

さあ、荷物をせっせと降ろして

 

 

 

 

 

段取りして

 

 

 

 

 

今回は組む仕事があまりないので・・

 

 

 

 

でもテーブルは組みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納品完了!

 

ボチボチはやく終わった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

大学としては、ずいぶん素敵に出来たと思っています

 

椅子はイタリア製です

 

価格はリーズナブル

 

ソファー席は学生も喜んでくれるはず

 

ちょっとモダンで、今風を意識した空間に仕上がりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.03 Wednesday

納品!普通のオフィス!!

 

今日のブログは少し刺激が足りないかもしれません。

 

ご紹介いただいた栃木県の会社(オフィス)に納品です。

 

何度も栃木県に足を運ばせていただいて、考えて納品させていただきます。

 

僕が、ヴィンテージだ、イームズだ、なんて言ってこの仕事を始めたことを知っている人たちは

 

少し首をかしげるかもしれません。

 

だからこういうフォーマル(真面目)な仕事をSNSにあげるか悩むことがあります。

 

でも、15年以上この仕事をさせていただいてきて、実はこのような仕事も僕の仕事の一部なのです。

 

 

ガキのころ少しお世話になっていた会社があります。大道具の会社です。

 

そこの人たちが格好よかった。

 

何が格好よかったか? 

 

仕事の前はろくな話をしませ。

 

でもいざ仕事に入ると会社は小さいのですが、大きな現場でも必ずこの会社の人間が仕切ります。

 

仕事の奥行きが違うのです。

 

大道具は色々なタイプの大道具いて、テレビをやるやつ。舞台をやるやつ。催事をやるやつ。

 

みな得意分野が違います。

 

でも彼らは何でもできるのです。

 

だから会社の違う、タイプの違う、大道具の職人が何十人、何百人集まっても必ず現場が仕切れるのです。

 

そんな大人たちをガキの頃みていた僕が選んだ仕事が家具屋、インテリアショップ。

 

僕はあの時の彼らのような仕事がしたいのです。

 

デザイナーズは得意だけど、一般住宅は苦手とか、一般住宅は得意だけど、オフィスは苦手とか、

 

そうではなくて、「空間に家具を納品する」という仕事であれば何でも出来る。

 

そんな大人を目指してやってきました。

 

だから昔はよくキャバクラにも納品させていただきました。

 

イームズを売りながら、ラーメン屋の家具を見積もりしていました。

 

そんなスタンスで仕事をしてきているので、オフィスの仕事なんて Very Welcome なのです。

 

でも大抵の場合、ご紹介していただく方はまず、「オフィスだけど・・・」みたいなスタンスで電話をしてきます。

 

少し生意気なことを書かせていただくと、一般住宅やカフェなどは図面を見せていただいて、現場をみせていただけば

 

ほとんど頭の中で絵が書けます。時にはまかせてくれればもっと格好良くなるんだけどな〜なんて思うことがあります。

 

でも僕は家具屋なので、お施主様の意見を聞いて少しアドバイスするように心がけています。

 

基本的に一般消費者は家具屋や家具を売るのが仕事だと思っているからです。

 

でも空間と家具は切っても切れない関係なのです。

 

 

 

さあ、納品です。

 

現場にトラックが着きました。

 

少し物量があるので、4t車はチャーター

 

僕はスタッフと2tのロングに家具を積んで納品

 

 

 

 

商品を降ろします

 

 

 

 

さあ、段取り

 

 

 

 

従業員さんが使うデスクなどは実用性を考慮して

 

 

 

 

社長室は少しこだわって、アメリカメーカーのデスク&チェアーで

 

 

 

 

 

応接も少しこだわって仕上げました

 

 

 

ボチボチ時間がかかりますが

 

 

 

 

ボチボチ仕上がってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1Fは完璧!

 

 

 

2Fも納品して

 

 

 

 

 

ありがとうございました。


感謝!

 

 

 

2017.03.06 Monday

納品! 専門学校

 

納品!

 

色々なところに納品をさせていただく

 

皆さまが想像しないような場所にも納品することがある

 

だからそんな納品はブログには書かない

 

今日の納品は専門学校なので問題なし

 

素敵な専門学校のロビー

 

 

毎日が楽しい

 

空間があればそこは僕にとってはフィールドみたいなもの

 

ガキのころスペースがあればサッカーボールを蹴っていた感覚

 

今は空間があれば家具を提案する

 

 

本来僕は古いモノが好き

 

アンティークやヴィンテージ

 

でも僕は雑食だから、新品も中古もアンティークもヴィンテージも関係ない

 

お客様が何を求めるか? どんな空間にしたいのか? それに僕の感覚をプラスする

 

だからいつも感性は磨いておかなければならない

 

感性が錆びないように

 

 

もう少し遊びが必要かな?

 

ガキの頃誰よりも遊んでしまったから、スタートが遅かったから、この仕事をはじめてからは、仕事ばかり

 

やっと同級生に追いついたかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.03 Friday

納品! 院長先生の椅子と本棚

 

今日は病院へ納品に行ってきました

 

何度も納品させていただいているお客様

 

今回は、診察室の院長先生の椅子と本棚

 

椅子は色々考えて(先生の体型や使いやすさ、見た目など)

 

一度診察室を下見させていただいて、ご提案

 

本箱はオーダーでつくってもよかったのだけれども、

 

私の勝手なポリシーで、リーズナブルでしっかりしている

 

バランスのとれた最適なものを納品させていただきました

 

 

 

そしていつもお伺いさせていただくたびに驚かされます

 

院内のきれいさに!

 

 

 

ブルーをポイントにした院内なので、椅子はブルーで

 

本棚は圧迫感を感じさせないため、白系で

 

 

 

あえて、ハイバックにせず

 

診察しやすいように、肘無しで

 

 

 

椅子の張り生地は少しこだわって

 

一番のポイントは、座面の耐圧分散!

 

長時間の診察でも心地よく座っていられるように

 

 

 

本棚はこんな感じで

 

 

今回もありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.11.26 Saturday

納品! 料亭金光様

 

 

 

 

ヴィンテージの家具をメインにスタートさせた僕のスモールビジネス

 

かれこれ15年以上、皆さまのおかげで生活できている(感謝!)

 

 

 

今回は昔からプライベートでもお世話になっている、地元の老舗料亭 金光様に納品させていただいた

 

何か特別な日には、金光 きんしゃぶさんでしゃぶしゃぶはいかがでしょう?

 

きっと、素敵な日になることまちがいなし

 

 

僕もいつかは、老舗料亭のような家具屋 老舗ホテルのような家具屋になりたいと思うときがある

 

ブログなので、どんな方が読んでいただいているのかわからないが、

 

僕はオリジナルのイームズチェアーもたくさん売るが、料亭にも納品させていただく

 

だんだんと僕が理想とする家具屋になってきた、気がする

 

 

 

僕が、まだ10代のガキのころにある人に言われたことがある 「1専多能」

 

この言葉が僕の中では格好良い

 

イームズだけが売れるような家具屋にはなりたくない

 

一つのことが、誰よりも長けていて それでいて多くのことも出来る、能力がある

 

そんな家具屋になりたい

 

だから僕は、ヴィンテージを売る アンティークも売る 輸入もする 新品も売る 家具も直す 塗装もする 買取も

 

外注ではない 自分でする 家具に関する出来ることはなんでもするスタンス

 

僕より大きい家具屋、インテリアショップは、きっとできない

 

だから僕はスモールビジネス スモールビジネスが面白い

 

 

 

少し長くなったが、今回いただいたお仕事は、

 

‐の上で使える(畳が傷まない) ¬收宗紛眤哀侫譟璽爐任呂覆ぁ法´スタッキング(積み重ね)出来る 椅子

 

少し難題ではあったが、無事納品させていただけた

 

控室で出番を待つ椅子達

 

 

 

 

最終的に選択したレッド系が正解だった気がする

 

ブラックフレームとのコントラストが良い

 

きっと舞台に上がると、もっと素敵になるであろう

 

フェイスブックにも上げたが、このアングルがよい

 

 

 

 

さあ、忘年会シーズン

 

こいつらが、活躍してくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.11.04 Friday

納品!開院!!

「くるみ歯科」開院

 

やさしい先生です

 

こんな先生なら、安心して通院できるかも!!

 

ジョージ ポージから車で2分のご近所さん

 

 

 

時々お医者さん系も納品します

 

大抵は、待合の椅子程度なので仕事としてはイージー

 

イージーと言っても、どんな椅子をどのように提案するかは手を抜きません

 

今回も6〜7回も打ち合わせしたり、現場に行ったり

 

納品量に比べるとずいぶん時間を使っています

 

 

 

今回は内装が少し甘い感じなので逆に少し格好いい椅子でバランスをとることに

 

最近店頭では、需要の少ないモダンな感じで

 

サイドテーブルは、僕の趣味でやらせていただきました

 

デザイン違いで・・

 

 

 

椅子はこんな感じで

 

 

フェイスブックとはちょっと違う角度でアップ

 

 

 

 

サイドテーブルが素敵でしょ

 

 

 

 

 

 

ウォールナット3連発!

 

 

 

当店では女子も納品します

 

 

 

もしかすると、洋服屋さんの店員は結果を見て少し嘘をつく? ←悪気はありません

 

お客様がオレンジ色を試着する「本当はこの人緑が似合うのになあ?」と思いながら、「オレンジ色お似合いです」と言う

 

少なくとも、僕の人生オレンジを試着して、緑がいいですよと言われたことはない

 

(それだけ、本音を言ってくれる決まった店で買い物していないという証拠だが・・・)

 

何が言いたいのか、洋服屋さんの店員が悪いと言っているわけではない、システムの問題

 

インテリアショップの店員は、120%良いと思ってお客様にインテリアを提案しても、そのほとんどの店員が結果をみない

 

悪く言えば、「売りっぱなし」

 

配送は、提携している運送屋か配送専門の配送係が担当

 

つまりは、売った人間が納品をしないから結果が見れない

 

自分が提案した家具がインテリアとしてどうだったのか?

 

「売る人間」と「配送する人間」が分業

 

どこかの国の行政みたい

 

ここからここは市道 ここからは県道 

 

道はつながっているのに、そこから先は管轄が違うから知らないみたいな・・

 

 

 

 

僕は、スタッフにコーディネートの事を言ったことがない

 

お客様にご提案させていただき、ご購入いただき、納品させていただき、結果を見る 確認する

 

それだけで十分 実力がついてくる

 

だから女子も時々納品

 

 

↑最後は僕の、ジョージ ポージの、スタンスの話でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.05.12 Sunday

Y chair

"Y chair " 入荷!
GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM