2018.03.24 Saturday

続編!! 家具補修!!

 

前回の続編です

 

30年繁盛している喫茶店の家具は・・・

 

「コーヒーにタバコ」

 

これは切っても切れないコンビ!!

 

 

 

テーブルのヤニがすごい

 

まずはヤニをしっかりと落とす仕事から

 

 

 

 

 

専用の溶剤でヤニをきれいに落とす

 

 

 

 

 

 

 

雑巾はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

バケツの水は・・・

 

 

 

 

 

一回で、「コンソメスープ」状態

 

 

 

 

 

 

少し話が変わる

 

僕はインターネットやテレビ、マスメディアを基本信じない

 

少し斜めに見るところがある

 

言葉は悪いが、芸能界なんて「まやかし!?」の世界

 

嫌いではないですよ

 

ただ、皆様のように真正面から信じないだけ

 

 

 

以前僕が新潟のおさななじみのところへ納品に行った

 

嫁も一緒に新潟に来ていた

 

その日の夕方、テレビで「彼女は今長野で・・・・」と今日取材をしてきたかのようにシャーシャーと

 

それらしき事を真面目なアナウンサーだかコメンテーターが語っていた

 

数時間前僕は新潟で彼女と一緒だった

 

今日彼女は長野にはいない

 

なぜなら新潟にいるから

 

まあ、マスコミなんてそんなもんでしょ

 

 

 

まだまだたくさんあるけれど・・

 

僕は真正面から見ない

 

 

 

 

 

それから、先週の日曜日

 

店に向かう車の中で

 

めずらしくテレビをみていた


「アッコにおまかせ」

 

まだこの番組やっているんだと思いながらみていると

 

和田アキ子が言う

 

出川達(呼び捨てですみません)を食事に連れて行く際、「コーラーは飲ませない」なんてことを言っていた

 

寿司を食べる前にコーラーを飲んでしまったら、寿司の味がわからないから・・

 

みたいな、もっともなことを言っていた

 

もちろん僕は否定はしない

 

「ごもっとも」と思う

 

しかし、僕は少し見かたが違う

 

 

和田アキ子は確か、喫煙者

 

テレビでなんどもタバコを吸う姿を目にしたことがある(間違っていたらゴメンなさい)

 

僕は思う

 

コーラを飲もうが、飲まなかろうが、煙草を吸っていたら寿司の味なんてはなからわかるわけがない

 

味はわかるかもしれないけれど

 

本当の味なんてわかるわけがない

 

コーラどうこうの話ではない

 

 


煙草を吸う人は「わかる」というでしょう

 

しかし、タバコを吸わない僕らがちょっと遊び半分でタバコをふかしてみる

 

口の中がとんでもない事になる

 

へたすると、1日中口の中が汚染されている

 

そんなものを毎日吸っている人が本当の味なんてわかるわけがない

 

 

 

タバコを吸うことをどうこう言っているわけではない

 

一見、ごもっともなことを言っているように聞こえるが、なんか違うような気がしただけ

 

 

僕は、タバコは吸わない

 

和田アキ子さんは嫌いではない

 

どちらかと言うと好きな芸能人

 

昔、東京で何か芝居を見に行ったときにその会場にいた

 

とても格好良かった

 

 

 

少し騙されている人が多いなあ〜と日々僕は思う

 

ベッドのマットレスや寝具なんてかなり騙されている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.17 Saturday

僕の裏仕事!!

 

普通のインテリアショップは家具等(家具や雑貨や照明など)を販売する

 

でも僕らは?僕は、色々な意味で日本で一番の家具屋を目指しているから余分な仕事もする

 

売上日本一を目指しているわけではない

 

それを目指すと、量販店にならなければならないし、ニトリを越えなければならない

 

そんなことは望んでいないし、僕の能力では無理

 

ではどんな日本一か?

 

全部説明すると大変なので、そのうちの一つが今日の仕事

 

昔から知っている、前橋のお店のご近所さんが改装をする

 

そのタイミングでソファーの張替と椅子とテーブルの修理?補修?を頼まれる

 

張替はそれほど問題ではない

 

そんなもの日本中でやっていること

 

しかし椅子とテーブルの手入れはなかなかやらない

 

よその店のように一般的な見積もりをして、普通に代金をいただけば誰でも出来る仕事かもしれない

 

でも大抵のインテリアショップは自社のトラックをそれほど保有していないから、その時点でそれなりの金額が発生する

 

(2日間2t車のレンタカー借りてもそこそこの金額になる)

 

そう言う意味で、こんな仕事が出来るインテリアショップは日本でも僕ら、僕しかいないであろうと僕は思う

 

こんなことが僕の目指す「日本一のインテリアショップ」の定義のうちの一つ

 

 

 

 

人が出来ない事をする

 

人がやらない事をする

 

やれるもんならやってみろ!? みたいな感じ

 

では、なぜ人がやらないような仕事をするのか? 

 

時々自分でもそう思うことがある、そう考えることがある

 

 

 

多分、「僕がこの仕事を引き受けたら、お客さんは喜ぶだろうなあ〜」

 

そんな気持ちがどこかにあるのかもしれない

 

「誰も出来ないだろうから、僕がやる」みたいな

 

 

 

 

 

 

とりあえずソファーは張替のためトラックに積み込む

 

 

 

 

 

 

引上げて来た椅子とテーブル

 

 

 

 

ボチボチ数がある

 

 

 

 

先日入荷した、いい感じのロッカーがあることを忘れていた

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、ソファーはしっかりとウレタンの状態とフレームの状態を確認する

 

 

このソファーは張替をさせていただくのが2回目

 

 

 

フレームはしっかりしている

 

 

 

いい加減な業者が張り替えると、ファブリックだけ張り替えて、中はそのままなんてことが多々ある

 

まあ、消費者が「安くして!」なんていうことに問題があると僕は思うけど・・

 

 

 

今回は付き合いの長いお客様なので、張替金額の話については特にしていない

 

だから余計に手は抜けない(でも間違いなく安い)

 

(だから、あまり僕に張替の依頼しなくていいです)

 

 

 

 

 

ウレタンの状態をチェックして・・

 

ウレタンはすべてやり変えることにしました

 

 

 

 

安く済ますのであれば、ウレタンの上にウレタン作戦でいけばいい

 

 

 

「ウレタン オン ウレタン」

 

 

 

でも今回はウレタン総入れ替え!

 

 

 

 

 

 

さて、大変なのは椅子とテーブル

 

3月の繁忙期にこんな仕事しているわけにはなかなかいかないので

 

早起きして仕事をする

 

改装する職人達と一緒の時間

 

 

 

 

 

 

前日にうちのスタッフが下準備をしておいてくれた

 

 

 

 

30年? の汚れが・・・

 

まずはしっかりと汚れを落とす

 

これだけでも数十台の椅子があると大仕事

 

 

 

 

 

 

かなり疲れています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お化粧直しして、

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいになったでしょ

 

 

 

 

 

 

 

 

奥がお化粧直し前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと赤が強かった?かな

 

でも本来の色味はこんな感じだったに違いない

 

あとは全体の仕上がりを考えてこんな感じにした

 

 

 

まだ仕上がりの半分だし

 

 

 

明日も早起きして、職人仕事しなくてはならないので今日は帰ります

 

 

朝イチで椅子を補修して、着替えて昼には店に出る

 

 

今日は僕の裏仕事でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.10 Saturday

日本初!!?? 家具の点検はじめます

 

僕らが他のインテリアショップと違うところ

 

売った人間が、配送にいく

 

店頭に立っている人間が、配送にいく

 

提携している運送会社が配送にいくと、家具も家電も決まったことしかやらない

 

何か規定以外のことを頼むと別途費用がかかる

 

 

でも僕が配送に行く

 

時々、ひどいお願い事も多々ある

 

しかし出来ることはする

 

僕がいくことにより、以前販売した家具を点検できる

 

そんな時必ず道具を積んでいく

 

 

車は車屋に点検に出す

 

車屋は、お金をもらって点検する

 

タイヤがきっちりと締まっているのか?

 

しかし家具の点検をする家具屋は僕が知るところ、ジョージ ポージしかない

 

今まではサービスの一環でやっていた

 

再度、何かご購入いただいたお客様で、配送をさせていただき、僕がお伺いさせていただく場合に限り

 

 

でも、世の中では困っている奥様が割といる

 

ご主人がドライバーでネジ1本締めないため、苦労している

 

有料にはなりますが、ご依頼いただければ僕がお伺いさせていただきます

 

当店で購入していない家具も、点検・場合によってはその場で修理いたします

 

 

 

先日お伺いしたお客様の場合

 

 

無垢のダイニングテーブルとイームズチェアー達

 

 

納品させていただいて数年経っています

 

 

 

無垢の天板が乾燥で少しヒビ?割れ?が出ています

 

 

 

 

このまま放置しておくと、割れがすすみます

 

 

 

この日も最低限の道具は車に積んでありました

 

 

 

 

 

マスキングテープをして

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなものは木工用ボンドで十分

 

 

 

 

 

よくすり込んで(これがなかなか難しい)

 

 

 

ボンドをしっかりと中まで入れないと

 

 

 

 

 

ボンドが入ったら、マスキングテープを外す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでOK

 

 

 

自分で出来る人は自分でやってください

 

 

 

 

 

それから、イームズの点検

 

 

 

現場でちょちょいとクリーニング

 

 

 

クリーニング前

 

 

 

 

 

 

 

クリーニング後(少しきれいになりました)

 

 

 

 

所要時間3分なのでこんなもの

 

 

 

 

 

それからネジも増し締めします

 

 

 

 

 

 

これが緩んで使っていたら、壊れるよね 

 

 

危ないし、

 

 

 

 

車だって、タイヤのネジ(ナット)が緩んでいたら、最悪・・・・

 

 

 

 

 

こちらのイームズもネジを増し締め

 

 

 

 

 

それからこちらの食器棚 

 

 

僕の勝手な要望で納品させていただいた

 

 

長年お付き合いさせていただいているお客様は、僕のことをよく知っているので、

 

 

大体いい感じに納品させていただけます

 

 

格好いいですよ サイズバリエーションあります

 

 

ウォールナットも出来ます

 

 

 

 

 

 

お約束の扉の調整

 

 

 

毎日使うものだから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソファーも少しメンテして

 

 

 

 

 

 

このソファーもずいぶん使っていただいている

 

 

 

ベッドは奥様が独身の時から使ってもらっている

 

 

 

価格の割にはかなり耐久性が良い

 

 

 

奥様の腰痛も僕がすすめたマットレスで改善!!

 

 

 

こんなことはとてもうれしい

 

 

 

医者じゃなくても良い事は出来る

 

 

 

 

 

 

だから、奥様のお姉さんの家にも家具を納品している

 

 

 

先月は、奥様の友人が新築で家具を購入していただいた

 

 

 

先月は、ご主人の会社の同僚が家具を購入していただいた

 

 

 

あっ、何かお礼したほうがいいかも!?

 

 

 

 

 

だからそんなお客様のところに再度お伺いさせてもらう時は、車に道具を積んでいく

 

 

やはりこれはリピートして購入していただくから出来ること

 

 

今回のこの点検はもちろんすべてやって料金はゼロ 無償です

 

 

こんな場合はいつものスタンスで無償で点検する場合もあります

 

 

しかし、何か買っていただかなくても点検におうかがいさせていただきます

 

 

その場合は少し費用をいただきますけどね

 

 

点検で飯を食っているわけではありません

 

 

有償点検の依頼がなければ、それはそれで僕としてはOKです

 

 

旦那さんが何もやってくれない

 

 

男手がいない

 

 

その他

 

 

なんかそんな理由で点検に来てくれと言う人は連絡ください

 

 

点検専用ダイヤル

 

 

027-243-5856

 

 

「点検お願いしたいのですけど」が合い言葉です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.22 Wednesday

椅子 肘 傷 修理 塗装 !! 

 

お預かりしていた椅子の肘の修理が最終形に入り、納品

 

メーカーでさえできない傷の修理

 

今回お預かりした椅子は「カリモク製」

 

当店は修理屋ではないのでメーカーに頼もうか? でもメーカーが修理できない メーカー修理できたとしてもほとんどダメ

 

何故か? カリモクさんに限らず、金額があわないことがほとんどだ

 

 

カリモクさんのホームページをみると、張替や組み替え、塗装はするが 傷の修理は出来ませんと書いてある

 

そうなんです、カリモクさんに限らず大手メーカーさんもほとんど傷の修理はやらない、出来ない、出来る職人がいないのが現状

 

困っている全国のメーカーさん、家具屋さん、インテリアショップさん、お見積りしますのでご連絡ください

 

本業ではないので、忙しい時は・・・

 

 

お預かりしたときはこんな感じ

 

 

 

 

で、こんなことしたりあんなことしたり

 

 

 

最終形です

 

 

 

お客様喜んでいただけるかな?!

 

 

 

 

 

2017.02.21 Tuesday

役員椅子肘修理

基本家具は修理屋さんがいない

 

張替屋さんはいる

張替屋さんは、中古のソファーや椅子を張り替える

 

塗装屋さんもいる

但し、塗装屋さんは基本生地の状態の新品を塗装する 古いものはしない

テーブル天板の塗装くらいはする場合がある

 

修理屋さんは基本存在しない

 

家具を修理する場合、まず木工が出来る人が直す→塗装屋さんが塗装する

 

車で言うところの板金・塗装 基本板金工と塗装工は別 車の場合需要があるので板金塗装をしている工場には

もしかすると、両方できる職人がいるかもしれないが、基本は板金工と塗装工は別物

 

時々、保険屋さんから☎がくる 「○○さんが以前購入した家具の修理ができますか?」と

「日本には、家具の修理屋さんがいませんよね」と言うと大抵納得する

 

国産メーカーの家具であれば、修理箇所によっては修理が可能

例えば、張替・椅子の組み直し・天板の塗り替え

 

大手家具メーカーのカリモクでさえ、「傷の修復はできません」と書いてある 自社製品でさえも

カリモクHP 家具修理→料金一覧→天板再塗装の横

 

何故今日ブログに書くか?

時々インテリアショップのHPに修理の事が書いてある

でも大抵の場合自社では修理しない 出来ない

僕のちいさなプライド

 

当店のHPはとても簡易的

なぜなら、僕の友人がご厚意でつくってくれた いつも世話になっている

 

HPばっかりすごくて内容が・・・という店や事務所や会社が最近多い気がする

そんな世の中に少し嫌気がさしている

 

だから僕はそれなりに修理できますよ、というちいさな主張

塗装ができる家具屋とできない家具屋

修理ができる家具屋とできない家具屋

僕のスタンス

 

 

お預かりした椅子の修理部分をまずはよーく見る

さあ、どうやって直すか?

 

ずいぶん凹みがある

 

 

 

とりあえずサンディング

 

傷を無くす 平ではないので、アールを出しながらサンディングしていく

 

 

 

次に下地を塗る

 

 

まあ、こんな感じでいいか?

 

 

 

 

そして、色を塗る

 

 

今日は、こんな感じでおしまい

また明日

 

 

直してる感あるでしょ

 

2台目はもう少し完璧に近づくはず

 

とりあえず、今日ある材料で最善をつくした

 

全部で17台ある ということは17台×2=34肘を修理しなければならない

 

 

 

直してくれる業者がいれば、僕は直したくない

 

誰かいたら立候補してください

 

連絡ください

 

仕事出します

 

 

 

 

 

 

2016.12.23 Friday

天板補修! Tycoon cafe!!

 

3年前に納品させていただいた「Tycoon cafe」

 

今回は天板の補修

 

毎日営業しているので、お預かりが少し難しい

 

結局、お店が閉店したあとにお伺い

 

無垢の天板が少し割れてきてしまいました

 

そういう材質の天板なので想定内

 

とりあえず、現場でできる補修をする

 

 

このままだと乾燥してもっと開いてしまうかもしれないので・・

 

 

 

 

ボンドを入れて、とりあえずこんな感じ

 

もともとラフにつくってあるテーブルなので、あまりピタリとさせずに

 

 

 

3年使っていただいて、この手のテーブルは塗装が少し剥げてくる

 

一緒に少し化粧直しをする

 

 

 

少し剥げている↓

 

 

 

少しお化粧↓

 

 

とりあえず、「better than before!」 ←僕はこのフレーズが好き

 

 

(安心してください、天板が剥げないテーブルが良い人はそういうテーブルをご提案します)

 

 

 

 

全体ではこんな感じ

 

 

化粧前↓

 

 

 

 

化粧後↓

 

 

現場で短時間に出来る最大限の努力

 

 

とりあえず、時間が遅いので1枚だけ化粧直し

 

他のテーブルは、材料をご主人に預けて帰る

 

時間があるときにご主人が化粧直しをする

 

 

 

11時前にお伺いして、11時40分終了

 

 

今日も忙しかった

 

 

 

 

お店の情報です

 

 

Tycoon cafe  前橋市千代田町4-3-12

馬場川通り沿い

 

 

 

やさしいご主人がいます

 

 

ちょっとレトロな雰囲気のファザード(入口)が懐かしい感じ

 

 

 

閉店後のこんな時間にお伺いさせていただくと、普段しない話をご主人とすることができて楽しかった

 

僕とご主人の共通点はアメ車でした

 

 

 

カウンター席は女性一人でも気軽には入れる雰囲気です

 

 

 

 

ブログは書けた

 

さあ、見積もりするぞ!

 

 

 

 

 

僕は、箸休めのような感じでブログを書く

 

とりあえず、書き始める

 

仕事をして、嫌になって 少し書く

 

また仕事して、気晴らしに 少し書く

 

そんな感じで書いているから、書き始めと終わりの話が違ってしまう事が多々ある

 

話が変わってしまうので、全部書いてからタイトルを書き替える

 

今日は、大丈夫だった

 

これ以上書こうとすると別の話なってしまうから終わり!!

 

 

ラーメンの話書きたかったなあ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.18 Sunday

家具修理!とメルセデスの話が少し

 

先日テーブルと椅子を納品させていただいた際に、「キャビネットの脚が折れかけているので・・コレもお願い」と言われる

 

 

 

 

お店のスタッフが一生懸命直した痕が見られる

 

修理自体は、それほど大した作業ではないが、毎日使っているモノなのであずかることが難しい

 

中には、シルバーウェアなどお店で毎日使うモノが入っている

 

しょうがないので、僕の都合の良い日のランチタイム後、休憩時間に修理することをにする

 

はやく修理をしないといつ崩れるかわからない状態

 

ましてや、忘年会シーズン

 

このキャビネットがパーティーの形態によって日々移動される

 

年末、僕も少し忙しい

 

 

 

この日は、午前に配達

 

10:00 前橋配送

 

 

 

 

 

12:00 早めの昼食

 

13:00 店で打ち合わせの準備

 

14:00 高崎にて打ち合わせ

 

 

 

 

打ち合わせに行く途中、信号待ちしていたメルセデスのW123のワゴン

 

「群 33」ナンバー 古い!

 

たしか、夏頃にヤナセに入っていくのをみた車だ

 

 

車は格好いい

 

でも残念なのは、日本で走っているとあまり格好良く見えない

 

ただの古いメルセデス

 

やはり日本の風景が悪い

 

アメリカで走っていると抜群に格好いいのにね!

 

群馬の風景がダメ?

 

都内でみると、なんか肩に力が入っている奴感が出ていて応援したくなる

 

「都会に負けるな」みたいな

 

俺は、地方で生きていくから

 

 

 

15:00 銀行

 

 

15時を過ぎていたので、担当者が裏口から迎えにくるのを待っていた

 

書類を作成して、急いで前橋に向かう

 

 

 

16:00 到着 ランチの後の静けさ 約1時間で修理しなくてはならない

 

この日は寒かった

 

 

 

 

 

まずは森田が脚をばらす

 

 

 

 

 

そして、僕が脚を修理する いいコンビネーション!

 

 

僕のメンテナンス号には大抵の道具が入っている

 

 

 

 

そして森田が、組み直す

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上がり!

 

 

30分で仕上がった 思ったよりも早く仕上がったので、少しうれしい

 

とりあえず、当分OKでしょう

 

だめなら、次回は脚を作り直す

 

 

 

 

 

来たついでに、森田が先日修理をして納品させていただいた椅子の状態をチェックする

 

 

森田が倉庫にこもって、80台の椅子を修理をした

 

僕も天板を塗装した

 

機会があれば、その様子は後でブログに書きます

 

 

 

 

なんか、真面目に仕事してるでしょ、僕達

 

そのあとは、お得意様に集金に行って

 

お客様に頼まれた、家具の画像を撮って

 

お客様にレンタルする家具を取りに行って

 

店に帰る もういい時間

 

 

 

 

昔の写真

 

車が違うけど、ずいぶん昔の写真だけど、

 

これはカナダだったかな?

 

僕のガキのころ

 

メルセデス格好いいでしょ SLだけど

 

風景がいい

 

 

 

何を乗るか? どう乗るか?

 

何を着るか? どう着るか?

 

何を入れるか? どう入れるか? ←家具の事ね

 

そんなことを毎日考えている

 

 

 

明日も忙しいからそろそろ帰ろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.09.25 Sunday

修理続編 フリッツハンセン

以前預かった フリッツ ハンセンの椅子

 

ワッシャーがだめかと思い、メーカーに部品供給を頼む

 

廃盤品の為、供給できないとの事

 

いいフレーズだ!

 

しょうがないく適合しそうなモノを探しにいく

 

ワッシャーなので、何件かホームセンターをまわり、あいそうな部品を購入 ← これが意外と時間がかかる

 

取り付けようとしたら、別の部分の不具合が発覚

 

「そうか、ここがダメだったのか!」と再確認

 

金属製のプレートが少し浮いていた 

 

浮いていたというよりも、プレートと本体の接着がわずかながら、剥がれて?いた

 

 

 

この黒いプラスチックプレートの内側

 

 

わずかな、ゆがみだったのでクッションかわりのワッシャーがダメかと最初に判断してしまった

 

 

はずした画像がコレ

 

 

 

 

そして金属製のプレートがコレ

 

 

このネジもなめていた

 

誰か、ヘタなやつが一度手をつけている

 

 

 

さあ、問題の部分はわかった 

 

あとは、この金属製のプレートとプライウッドの木を何で接着するかがポイント

 

「鉄と木」

 

「木と木」なら、みんなが知っている、使い慣れた黄色いボンドでいいのだが・・

 

そして一番厄介なのが、湾曲していること

 

平(たいら)であれば、接着剤がしっかりと、ピタット、つくのだが・・

 

もちろん、木ネジでその上からとめてはいるが、木ネジなのですでに穴は大きくなっている

 

見て分かるように、金属製のプレートにはネジ用の穴があいているので、太い木ネジは使えない

 

プライウッドの厚みを考えると、長い木ネジも使えない

 

 

 

とりあえず、今回はうまく修理できたが、もっとこんな風に修理できるよ、

 

なんて、知恵・技術を持った人がいたら、お友達になりましょう

 

連絡お待ちしております

 

 

 

数ある接着材の中から、厳選したものをチョイスして接着

 

そこだけは、あまり見せたくない

 

料理のレシピみたいなものだから 少しもったいぶる

 

 

 

で、こんな感じで固定し、

 

 

接着剤がしっかりと乾くまで待つ

 

 

 

 

そして、木ネジでしっかりと、固定して

 

 

 

 

ジョージ ポージでは、女子も修理します

 

 

 

 

えっ、髪の毛の色がおかしいって?

 

縁日の焼きそば屋じゃないんだから、

 

カツラ ウィッグ つけ毛でしょう

 

 

 

 

 

 

無事、完成

 

 

さあ、お客さんに電話しよう

 

 

 

 

明日からは、椅子80脚の修理が待っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.09.09 Friday

修理! フリッツ・ハンセンの椅子

お客様から椅子の修理の依頼

背もたれにぐらつきが・・

あまり修理したくないタイプの椅子だけれども

フリッツ・ハンセンの椅子

ヴィコ・マジストレッティ

個人的にはあまり好みではないデザイナー

因みに、僕が販売した椅子ではありません

ながく付き合っているお客様には、

「こういうデザイン好きだっけ」と言われるので・・

2000年の椅子だから、痛むのもしょうがない

 

とりあえず、慎重にバラす

 

 

 

すでにネジ山がなめている

誰かが、以前に手をつけたみたい

 

最近は痛い目にあって少なくなったが、

以前は、ネットで中古品を買う人に多かった現象

適当に直して、ネットで販売する業者?が少なくない

1週間壊れなければ、バレなければ精神

 

 

なかなか外れなかったが・・・

なんとか分解

 

どうやら、この部品がダメみたい

金属製のワッシャーとゴムのワッシャー

経年劣化で摩耗してしまっている状態

 

さあ、この部品をメーカーが出してくれるか?

 

 

 

 

 

 

2016.07.24 Sunday

ラウンジチェアーメンテナンス

ディーラーから12ヶ月点検の葉書がきた

どうしようか、出そうか出すまいか?

車には、定期点検がある

定期点検に出さなくても、車検がある

その際、車屋さんが増し締めをする

車検場で検査員がコンコンする ←微妙な感じで

でも家具には点検がない

従って、お客様がネジを定期的に締めないとならない

緩んだまま使うから、壊れる物もある

タイヤのボルトが緩んでいたら、外れる可能性があるの基本一緒

 

昼間僕らはこんなことをしている

part 1 「お得意様の家具のメンテナンス ラウンジチェアー編」

 

 

お伺いして、

まずバラす

 

 

 

チョコチョコ一生懸命メンテナンスして

 

 

 

組み直す

 

 

スツールは少し問題があり、現場ではメンテナンスできなかったので

店に持ち帰り修理

 

 

少しの時間と手間で気持ちよくなる

お客様には喜んでいただける

わかりずらいかもしれないけれど、アーム部分はずいぶんきれいになった

 

ビフォアー

少し白くなっている

革が痛んでいる

 

 

アフター

ほら、きれいになったでしょ

 

 

大変なメンテナンスの仕事を引き受けようとすると、時々従業員に言われる

「そんな仕事やるべきでないと、誰がやるの?と」

因みに今回のは大変なメンテナンスではない

でも多分みんながやらないから、僕がやる

お客様に頼まれるから、出来ることはやる

(↑ちょっといい感じでしょ)

そんな事を言っている従業員だが、わりと何でもやってくれる

きっとそれほど嫌いではないはず

切ったり、貼ったり、塗ったりと

 

 

この商売を始めた頃は、夜な夜なやっていた

今より古いモノが多かった

昼間店番して、夜配達して、夜中メンテナンス

テレビをみる事を忘れていた

だからその頃の芸能人を知らない

その頃流行った歌がわからない

 

 

 

 

 

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM