2020.09.18 Friday

別注シェルフ納品

 

ずっと家具を買っていただいているお客様。

 

そんな大事なお客様の事務所。

 

今回はオーダーでシェルフを製作、納品させていただきました。

 

 

僕の個人的な見解として一般的には、別注、オーダー、オリジナルについてはあまりオススメをしない。

 

なぜなら消費者にそれほど得があるとは思えないから・・。

 

既製品の中から「最適な商品をご提案させていただく」ほうが消費者にとっては得があると僕は考える。

 

ここがポイント!!

 

一般消費者が数あるお店の中から(路面店でもインターネットでも)最適だと思う商品を選ぶ事と、

 

我々プロが豊富な商品の中から最適だと思う商品をご提案させていただく事とでは大きな違いがある。

 

同面積のお店と比べ、約3倍の家具を陳列しているジョージ ポージではあるが、

 

それでも店頭に並べることができる家具の点数は限られる。

 

 

ここで「ジョージ ポージの使い方」です。

 

,泙困翰菘垢い燭世。

 

△曚靴ぞι覆鬟好織奪佞冒蠱漫

 

E切な商品が見つかった場合 → ご購入ください。

 

 適切な商品が見つからなかった場合 → 展示品以外をご提案させていただきますので遠慮せずに「何か探して」と・・。

 

 20年もやっていると取引先の数だけは膨大!?

 

 僕が家具に対しては雑食なので・・。

 

 

 

 

人生のうち一度は911(ポルシェだよ)を新車でカラーオーダーしたいとずっと思ってきた。

 

吊るし(カタログ)には無い色。

 

本国オーダー。

 

 

僕は中古が好き。

 

新車に対してのこだわりはない。

 

新車は基本みんな一緒でしょ。

 

でも中古車には1台1台個性がある。

 

前のオーナーがどんな風に愛情を注いでいたのか?など。

 

911の新車が欲しいわけではない、新車を注文する機会があれば色については本国にスペシャルオーダーがしたい。

 

カタログには載っていない色。

 

 

ずいぶん前一度ディーラーで聞いたことがある。

 

当時の現行911に「リネングレー」を塗りたくて・・。

 

車の色には名前がついている。

 

「リネングレー」

 

930や964では塗られたことがある色。

 

以前911に塗ったことのある色でももう一度本国で検証するんだって。

 

本国NGなら塗れない。

 

 

話がずいぶん脱線したけど「こんな時はスペシャルオーダーでいんじゃない!?」って話。

 

時間とお金をかけて楽しむ。

 

 

車も家具も何でもそうだと思うけれども、一部の人にとってはオーダー・別注・オリジナルが

 

既製品よりもはるかに魅力的な場合がある。

 

 

 

今回の納品先もそんな一つの例かもしれない。

 

「ここは少し時間とお金をかけてでもピシッといきたい」そんなシチュエーション。

 

お客様が事務所に入って座るテーブルの正面。

 

言ってみれば事務所の「ファザード」の次に大切な場所。

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

サイズの都合で同じ棚を2台。

 

この棚にカタログなどが整列されます。

 

今回はオーダーで大成功!!

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM