<< 入荷! ダイニング!! | main | 修理 椅子・テーブル 平日の仕事 >>
2016.06.12 Sunday

入荷! アメリカのソファー

スタンダードなアメリカのソファー入荷しました
素敵な、絶妙な色合いが画像ではわかりずらいのが残念です
まあ、ネットなんてそんなモノだからしょうがないのでしょうが・・
興味がある人は見に来て下さい
最近あまり人気のないアメリカンソファーですが、
「ブルックリン」「ロンハーマン」なんてモノが
人気な時代なので本物志向の方にオススメです

○○ライクではなく、○○風ではなく、リアルなアメリカがあります
間違いなく、西海岸のアメリカ人が座っているソファー
間違いなく、ブルクッリンの住人が座っているソファー

モダンなクッション2個付けます


家具とあまり関係ない話ですが、車好きなお客様がよくブログをみていただいているようなので
3人くらい楽しんで、共感してくれるかな?
昔、20年以上前日本では、フォードトーラス・シボレーアストロ・シボレーカプリスというアメ車が流行った
当時イケイケの若者が皆ローンを組んで一生懸命乗っていた
僕もすべて乗った みんなより少し早めに
自動車遍歴パート
.函璽薀絞
トーラスは当時ディーラーでも扱っていたのだが、ディーラー物は色の設定が3色しかなかった
とても日本的な 白・紺・茶系の3色 そんな色には乗れない
当時アフターを考えるとディーラー物が楽ではあったが色の問題で新車並行にする
皆が想像するトーラス(人気が出たモデル)はたしか1992年モデルあたりから
かたちで言うと ライトが細くなったモデル
日本で人気が出始めたのが1994年〜1995年頃
僕が乗っていたのは、1989年式 発注したのは1987年か1988年
車屋に3.8のLX(上級グレード)の新車を発注するも、納車された車は3.0GL
ぜんぜん内容がちがうので、発注通りの車を待つ
その間の代車が楽しかった
メルセデスの450SLCであったり、ボルボの244?GLEであったり(240ではない)
トヨタのディーラーでも間違って別グレードの車が納車されたなんて話がよくあった時代
ライトブルーのトーラスでカルフォルニアの臭いをプンプンさせながら群馬県を走り回った
ほとんど誰もトーラスワゴンなんて車知らない時代
少し余裕のある若者はシルビアのQ'sだ、K'sだ、GTRは買えないがスカイラインのGTS-T タイプMだ、
なんて言っていた時代
ベンチシートで8人乗りのトーラスワゴン FFではあるがトルクがあってそこそこ楽しかった
人が乗っていない時に乗るのがうれしい
並行物を買ったのでミッションがいってしまった時は大変
アメリカに行って、ミッションを買ってきた
インターネットがない時代 並行物の部品もなかなか出ない
車屋に頼んでも、部品屋に頼んでもダメ
しょうがない自分でアメリカに買いに行く
部品を支給して車屋に直してもらう
それを考えると今は楽

▲▲好肇輅
アストロは最終的に新車で後輩に納車した車
後輩がフォードのF−150に買い替えの為、アストロを僕が買い取って乗っていた
1995年式 新車並行 センターコンソールが運転席に向いていないモデル
ボイドのホイルを履いて、インチアップ グレードはLSではなくLT
新車はいいが、中古はろくな車がない時代
トーラスもアストロもそうだが、なんでも日本に輸入すれば売れる時代 車屋が皆西海岸に買付にいった
右も左もわからない業者が教わった通りに買付にいくので、西海岸のある車屋には日本人の列が
アストロが仕上がるのを待つ日本人の列
そんな状態だからロクな車はなかった
ボンネットを開ければ、色は違う
30万マイル走った車がベースだからすぐ壊れる
アストロは後輩から買い取って乗っていたので優越感はなかった

カプリス
3台の中でこの車が一番思い入れがあったかもしれない
たしか、1993年くらいの事だった 買った車は1991年式
最初は、新車のキャデラック STSをディーラーに買いに行った
当時20代の僕は敷居の高さと身分不相応なことを考えキャデラックを断念
次に新車のアストロのコンバージョンをディーラーに見に行く
なかなかピンとくる1台がなかったので保留
そんな時に、中古屋のハービーとディーラーのオークションに行く
程度が良ければ中古でもいいかなと思い・・
オークション会場中の車をチェックしたが、やはりピンとくる車がなかった
間違ってコルベットを買おうとした(危ない)
オークション終盤で遅れて入ってきた1台がカプリスだった
シルバーでセダン もちろんノーマル Aタイトル(ワンオーナー)で走行距離もローマイレージ
無事落札!!
この車を日本に輸入し、ずいぶん長い間乗ることになる
カプリスとマスタングと足車3台もっていた時代は自動車税に泣いた
若者の安月給で
カプリス  5000cc ¥88,000
マスタング 3800cc ¥66,500(本当はV8の5Lがほしかった)
足車    1500cc ¥34,500
合計 ¥189,000
このころからの名残で僕は納税準備金みたいな口座を今も持っている自動車税のための
カプリスも日本で流行った
でも僕は流行る前に乗った それもセダンでノーマル
当時日本に輸入されていたほとんどが、ワゴンでローダウン、スムージング、エアロ付みたいな車ばかりだった
車検で部品が出る 部品屋の人間が車を見に来る この車はノーマルじゃないから部品が出ないと言われる
部品屋のプロが本当のノーマル車を見たことのない時代 みんないじってある車ばかり
そういう意味ではインターネットが普及してよくなった部分もある 今はそんなことはない
この車もやはり部品が出なかった
マフラー(エキゾースト)を手荷物でニューヨークから飛行機にのっけたこともあった
今では考えられない
身長くらいある大きさ
想像してください、搭乗口でエキゾーストを抱えて国際線に乗り込む日本人
それも僕自身ではなく友達に持たせた
僕はニューヨークの残るため、日本に帰国する友人に
ブレーキパッドでさえなかった
まあ、ブレーキパッドくらいは手配出来たのだが、頼んだ車屋が手配できないということで
ブレーキパッドを盛っていいかと電話が来た「えっ」と思ったが頼んだ手前不本意ではあったが了承した
V8エンジンでベンチシート ドロドロを気持ちよく走った まだガソリンが安い時代であったが
満タンにすると1万円では足りなかった
ゴルフには向いてなかった
山が登れない
山を登っていると、ミッションが壊れてしまったのかなと思ったこともあった

長くなったが、何故今日はこんな車の事を書いたかというと
日本人は、喜んで、格好いいと思って トーラスワゴン・アストロ・カプリスワゴンにのっていた
しかし、アメリカでこの手の車を若者は絶対乗らない 乗りたがらない
乗るのは、16才で免許をとった一般家庭の高校生がイヤイヤながら親のおさがりで乗っている
なぜならすべてファミリーカーであるからだ
きっとアメリカにあこがれて渡米した若い日本人がアメリカ人に「俺、日本でアストロにのっているんだ」
なんていうと、アメリカ人は「お前若いのにファミリーがいるのか?」と言われたはず
当時、西海岸の一部のアメリカ人がこの手の車を改造してのっていた それが日本で流行った
日本人が思い描くアメリカと現実
アメリカの若者は誰もアストロをローダウンして乗ってはいなかったのだ
インテリアの世界でもそんな事がある
だから今日はリアルなアメリカ リアルなアメリカソファー
ブルックリンや西海岸で絶対使われているリアルなソファー
ロンハーマンに身に着けこんなソファーに座っているアメリカ人は多いはず

日本では、雑誌の「DAYTONA」や「所ジョージ」の影響も大きかったかもしれない
こぞってアストロ特集とかやっていた
ちょうどその頃僕は毎年デイトナビーチのバイクウィークに通っていた
3月の第一週あたりだった記憶がする
全米からハーレー乗りがやってくる お祭りだ
日本でハーレーに乗っている人、一回行ったほうがいいと思います
出来ればフリーウェイを走ってもらいたい レンタカーでもいいから
フリーウェイを走るやつらが格好いい
デイトナビーチに向かうやつらが格好いいい
街はハーレーで埋め尽くされ、お祭り騒ぎ
デイトナの街につき店でビーチサンダルを探していると所ジョージがいた
何を話したか覚えていないが、普通に話をした記憶がある
オーラは出ていなかったが 好印象
この時期はデイトナビーチはモーテルが取れない
足をのばして、キーウエストへも行った
キーウエストと言えば、文豪ヘミングウェイだ
あの頃は楽しかったなあ、加藤(←みてくれているかな?)
キーウエストの海岸で強風の中、BBQをした なんかわけのわからない貝をスーパーで買って 
マイアミビーチでのジェットスキーにもはまった
だから僕は日本でジェットスキーが出来ない
マイアミビーチはお金を払えば、30秒後に海に出られる
免許も講習もいらない
加藤がコンバースをどっかのマーケットで買った記憶がある
ワニ料理を食べた後だ
ホテルに着きコンバースにヒモを通そうとすると、両方右足(うけた)
今では靴を買うとき、店員が右と左のサイズを確認してくれるが、当時そんなことはない
近所で買えば交換できるが、そこはアメリカ それも旅行中 戻れない 戻る距離ではない
マイアミは南部のせいか、豆料理が多かった まずかった
地のモノを食べたがる僕に付き合って加藤は一緒に豆を食べてくれた 
加藤以外の同行者は皆別のレストランに向かった記憶がある 今思えば加藤に感謝
なんだかどんどん思いだす
今、僕も加藤もかなりまじめに毎日仕事をしている
きっと若いころ遊びすぎたせいだ

今日のブログは脱線


 
GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM