<< ポロックチェアー | main | アフターメンテナンス!? 「POPS」 >>
2019.11.02 Saturday

ジョージ ポージ的カスタマー!?

 

「日本人は右向け右」だと僕は言う。

 

ときどき叱られることがある。

 

なので、「僕は右向け左です」と付け加える。

 

 

 

 

大きな車は、「黒と白とシルバー」しか走っていない!?

 

そんな国、日本。

 

 

 

フェイスブックには書いたけど、出張帰りの羽田空港駐車場での景色。

 

 

 

 

 

 

右見ても、左見ても、黒と白とシルバー!!

 

気持ち悪い!!

 

 

 

 

 

 

 

こんな個性のない国を僕は「右向け右」と表現をする。

 

 

 

 

 

 

トヨタがアルファードの黄色でも出せばすぐにでも買うのに!?

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、今日は長野からご来店のお客様が・・・。

 

 

 

 

こんなグレた色の車でご来店!!

 

(*注:ジョージ ポージでは「グレた」は最上級の褒め言葉)

 

 

 

 

 

この色買う!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「普通この色選ばないよね〜」と僕はお客様を褒める。

 

 

 

以外にも今日の奥様は全身、「白と黒」でコーディネートしていた。

 

 

 

とても素敵でした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県外からご来店いただくお客様が多い。

 

なかなかグレた商品を扱っているインテリアショップが県外には少ない。

 

 

 

 

 

わざわざ遠いほうの長野県からご来店いただいたので、

 

僕はいつものように僕のペースで「ソファーとベッド」の話をさせてもらった。

 

 

たとえお客様が「ソファーとベッド」に興味がなくても・・。

 

僕の店は、僕のホーム。

 

だから僕のやり方でやる。

 

 

 

 

 

先日2か月ぶりに時間ができた(休みがとれた)

 

2ヶ月も休まないと、お金を使わない。

 

お金がない人に教えます。

 

1ヶ月間、嘘でもいいから、外出せずに家にいてみてください。

 

無駄なお金を使わずに済みます。

 

給料をあげることは難しくても、お金を使わないことは簡単。

 

 

 

インテリアがダメな人は無駄にお金を使います。

 

なぜなら家が気持ち良く無いから。

 

家が気持ち良く無いから ➔ 外出します。

 

外出するから ➔ 無駄なお金を使います。

 

 

インテリアが良い人は無駄なお金を使いません。

 

なぜなら家にいる時間が長いから。

 

家が気持ち良いから ➔ 家にいます(外出しません)

 

外出しないから ➔ 無駄なお金を使いません。

 

 

簡単な理屈です。

 

 

 

 

ちょっと話が脱線した。

 

 

昔よく通った飲食店に行った。

 

息子の代になり、移転をしてきれいになった。

 

12時ちょっと前だったか?

 

駐車場には3台の車。

 

店の入口に「CLOSE」看板。

 

連れが確認に行く。

 

「予約があるので50〜60分待つとのこと」

 

他の店に行っても、移動時間と調理時間でそのくらいの時間にはなってしまう。

 

待つことにして店内へ。

 

テーブル席がいくつか空いていたけれど、カウンター席を指さし「ここでいいですか?」と僕。

 

店主が「待ちますよ、予約のお客様の料理がまだだから・・」と。

 

追い打ちをかけるように、「さっきも言いましたよね、50分〜60分待つと」と。

 

くぎを刺される。

 

僕はそれほどアホではない。

 

先ほど連れに確認をさせ、「待つ」という決断をして店内に入った。

 

要するに待たれるのが嫌なのだ。

 

いつもは奥様がオーダーをとる。

 

店主が調理をする。

 

なぜかこの日は奥様が不在。

 

店主が一人でオーダーをとり、一人で調理をしなければならないようだ。

 

予約のお客が4名。

 

その他2組×2名=4名。

 

僕らを除けば、計3組8名。

 

手がない、一人ですべてやらなければならないだけの事。

 

 

僕も昔料理をしていたことがある。

 

「手が遅い」やつがいる。

 

「手が早い」やつが良いわけでもない。

 

早い奴にはいい加減な奴が多い。

 

彼の手が早いか?遅いか?はわからないが・・・。

 

 

 

僕なら、待っていただいても食べてもらいたい。

 

待つことを承知で入ってきたお客様には。

 

 

でもそこは僕のホームではない。

 

彼の(店の店主)のホーム。

 

 

どんな商売でも店主が店にいるのかいないのかで線がひかれると僕は思う。

 

店主が店に立つ。

 

店主が店で調理をする。

 

店主が接客する。

 

こんな店では僕はそこの店のルールに従うことにしている。

 

行動も、気持ちも。

 

 

 

小さな店でも、店主が店にいないような店(社長業だけをしている)の場合は、大型店と同じとみなす。

 

 

 

どこの席に座ったらいいのか?

 

追加は出来るのか?

 

子供連れで入店できるのか?

 

タバコは吸えるのか?

 

(因みに僕は吸わない)

 

 

 

 

結局店を追い出される空気の中、僕らは車に乗った。

 

少し気分が悪かったけど、それはしょうがないこと。

 

僕の店ではないから、彼の店だから。

 

 

気分が悪かった原因は、追い出されたからではない。

 

「さっきも言いましたよね・・」に少し気分を悪くした。

 

「聞いてるよ!!、知ってるよ!!、2分前に聞いたんだから・・・」

 

 

 

 

さあどこで食事をしようか?

 

仕切り直し!!

 

最近良く行く別の店に向かう。

 

ここの店も老舗。

 

ただ違うのは、いまだにおやじさんが店の切り盛りをしている。

 

僕がガキの頃、高校を卒業したての頃、この店に入るのも少し怖かった。

 

二人で行くと、カウンターの奥から順に座らされる、テーブル席がすべて空いていても。

 

基本追加注文は出来ない。

 

 

初めて来た二人組のお客様は、テーブル席を希望する。

 

店のしきたりを知っているお客は、黙ってカウンターに座る。

 

僕はそれでいいと思う。

 

 

その家庭、その家庭で決まり事があるように、その店、その店に決まりがあっても。

 

ただ大型店や、量販店、チェーン店などでしか食事をしない、買い物をしない消費者にとっては、

 

少し窮屈なだけ。

 

 

人間にも個性があるように、店にも個性があっていいはず。

 

だから僕は追い出された!?店にもまた行きます。

 

あまり忙しいのが、好きではない2代目なんだなあと理解をして。

 

 

 

 

 

僕が僕の店で、僕のやり方で仕事をしていることを少し言い訳したいだけかもしれない。

 

何度も通っていただいているお客様は、「そんな事知っているよ」と言うかもしれない。

 

 

 

 

 

ちょっと時間がなくて、読み返せていないから、文章がいつも以上におかしいかも??

 

配達に行く時間になってしまったので・・。

 

これから配達に行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM