<< 掲載誌!! Cal !! | main | コロナウイルス対策!! >>
2020.04.05 Sunday

C.W.ニコル死去〜ポンティアック

 

C.W.ニコルが亡くなった。

 

僕は少年の頃、彼の書いた本を読んで彼に興味を持った。

 

「こんなおじさんがいるんだ!?」

 

出だしで強烈だったのは、「ウェールズに生まれ17歳でカナダに渡る」

 

 

僕はあまり人に影響されないタイプ。

 

C.W.ニコルに影響されていたら、

 

〇冒険家になっていたかもしれない。

 

〇環境問題についての仕事をしていたかもしれない。

 

〇もっと「捕鯨」のことについて訴えていたかもしれない。

 

〇山にこもって生活していたかもしれない・・・。

 

当時から長野県に住んでいたC.W.ニコル。

 

会いにいこうと思えば会えたかもしれない!?

 

しかし僕は彼に会いに行ったのではない、彼が生まれた「ウェールズ」に行ってみた。

 

21、22歳くらいの時。

 

 

金なんてない。

 

どうやって僕がウェールズに行ったか?

 

当時アメリカにいた僕。

 

そろそろ日本に帰る準備。

 

1台の車を買った。

 

ポンティアック フィエロ。

 

外装に不具合があって$2,500(25万位)で売りに出ていた。

 

当時のブルーブック(中古車の相場が載っている本)で$5,000(50万円)位の相場だったような気がする。

 

そのフィエロを確か$800~$1200くらいで買った。

 

その車をタダで直して、$3,500くらいで販売し、差額の$2,500(25万円)でヨーロッパに行った。

 

 

 

フェイスブックを書いた直後、少しめんどくさかったのでいい加減に書いた(反省)

 

大事なところなので、僕の帰宅時間が遅くなるけどもう一度きちんと説明しよう。

 

 

 

当時アメリカにいた僕、そろそろ日本に帰国する時期。

 

毎月日本から国際電話がかかってくる。

 

「いつ日本に帰ってくる?」と。

 

僕の友人のアパートの電話に・・。

 

当時僕は自分の部屋を持っていなかった。

 

友人のリビングの隅を間借り。

 

友人の家の地下を間借り。

 

そんな生活。

 

だから電話なんてものはない。

 

何かあったときのために、親には友人の電話番号を伝えておく。

 

 

日本に帰国した際、少し世話になった地元のある企業。

 

当時の人事部長が、僕を勝手に社員にした。

 

これは帰国後判明したこと。

 

僕はその会社の社員になっていて、勝手に作っていただいた僕の銀行口座に給料も振り込まれていた。

 

その人事部長や世話になった部長から月に1回アメリカの友人宅に国際電話がかかってきた。

 

「いつ帰ってくる?」

 

もちろん約束はしていない。

 

入社するつもりもない。

 

入社したつもりもない。

 

今考えると楽しい話だよね!!

 

僕の人生のそんな時期の話。

 

 

 

当時アメリカから日本に最終帰国する商社勤務の日本人。

 

帰国の際に車を売却する。

 

僕はそんな商社マンの車(ポンティアック フィエロ)を買った。

 

家具だろうが、車だろうが、センスがあれば何でも売れる!?

 

そのフィエロ、リアスポイラー(後ろの羽)がいたずらされてもぎ取られていた。

 

所有者は帰国前だったのでリアスポイラーを直さずにそのまま売却するつもりで、

 

相場価格よりも安い金額で売りに出していた。

 

$2,500でも十分お買い得!!

 

しかし僕は交渉する。

 

彼に「帰国の日まで車乗っていてもいいよ、そのかわりもう少し安くして?」と。

 

彼にとっては都合の良い話。

 

個人売買の場合、引き渡し日が少しネックになることが多い。

 

売り手は出来れば帰国前日まで車を使いたい。

 

大抵の買い手はすぐに車が欲しい、必要。

 

もちろん僕は他の車も所有していた。

 

だから焦って引き渡してもらう必要はない。

 

日本の商社に勤めている海外勤務の商社マン。

 

お金がないわけない。

 

僕にとっては大きなお金だったけど、彼らにとっては25万円とかの話。

 

今の景気の悪い日本でさえ、あまり25万円の車の話なんて出てこない。

 

 

 

夫婦で帰国する日本人の車は買いずらい。

 

大抵の場合、日中仕事をしている旦那さんに代わって、奥さんとの交渉。

 

やはり女性は金額で手ごわい。

 

ファミリーカーは人気、需要がある。

 

ポンティアックのフィエロはミッドシップの2人乗り。

 

独身商社マンでなければ買わない。

 

まして当時不人気車種。

 

交渉の末「好きな日まで車使っていいから」と言って

 

最終的に$800か$1,200くらいにしてもらった。

 

 

 

さあ、転売するならリアスポイラーはどうする?

 

直して売るか? そのまま売るか?

 

もちろんそのまま転売しても十分に利益は出る。

 

 

 

 

さあ、僕はどうしたでしょうか?

 

大抵の日本人は任意保険を「Full cover」で入っている。

 

これは日本でいうところの「一般の車両保険」。

 

大抵のことは保険で直る。

 

彼もFull cover で保険に加入していた。

 

通常保険を使うと、次回の契約更新で保険料が上がる。

 

しかし彼は日本に最終帰国。

 

今回保険を使っても、次回更新はしない。

 

 

僕は頼んだ。

 

「自動車保険使わせてくれる?」

 

この時点で車はまだ彼のもの。

 

彼が支払った、彼の自動車保険で、彼が彼の車を修理する。

 

ただそれだけの事。

 

彼は快く承諾してくれた(感謝)。

 

 

 

 

僕は「人を助けた分だけ、自分も人に助けてもらえる」なんて甘いことをいつも考えている。

 

実際僕はアメリカで友人のベトナム人を何度も助けた経験がある、僕の自動車保険を使って。

 

彼らは親元を離れてアメリカに単身渡米。

 

ホストファミリーのもと学校に通う。

 

決して裕福、普通とも言えない生活。

 

それでもアメリカ、車のない生活は難しい。

 

しょっちゅう彼(ベトナム人)の車は動かなくなる。

 

その車を僕の自動車保険の特約を使って、百キロ以上離れたホストファミリーの住む家までレッカーする。

 

 

 

 

 

世話になったアメリカ人を自宅まで度々送った経験もある。

 

彼は高校を卒業して一度就職。

 

結婚して、子供が出来て、離婚して、仕事辞めて、20代後半で大学に入る。

 

金がない。

 

車もない。

 

大学が休みに入ると、自宅に帰省。

 

車で帰れば片道4時間。

 

バスで帰ると片道8時間〜10時間。

 

それを聞くと僕は自分のピックアップトラックで彼を自宅まで送る。

 

よくよく考えると、僕は往復しなければならない。

 

彼は4時間で帰れるが、僕は往復8時間かかる!?

 

そんなことは関係ない。

 

人間損得ばかり考えていたら楽しくない。

 

自分がやりたいことに対して、見返りは求めない。

 

見返りなんて求めるから、心が寂しくなる・・。

 

 

 

 

 

 

話を戻して、

 

結果僕は$1,000程度の出資で、相場価格$5,000の車を手に入れることが出来た。

 

そして、その車を相場より安いたしか$3,500位で友人に転売した。

 

その差額約$2,500(25万円)を軍資金にヨーロッパに行った。

 

 

車の売り主は帰国直前まで車が使え、僕の友人は相場より安く程度の良い車を購入でき、

 

僕はその差額でヨーロッパに渡ることが出来た。

 

 

そして僕はC.W.ニコルの生まれ故郷、ウェールズに行った。

 

何もすることなく、カーディフの街を歩いた。

 

カーディフ城もずいぶんとフラフラした記憶がある。

 

素敵なお城だった。

 

20代前半で行ったウェールズ。

 

今、大人になって再びウェールズ、カーディフの街を訪れたら何を感じるのだろうか?

 

気が付くとずいぶんと大人になった。

 

子供のころに思い描いていた、自分の大人像とはちょっと違う!?

 

もっと格好いい大人になっているはずだった??

 

まあ今更悔やんでもしょうがない・・。

 

 

C.W.ニコル

 

1940年ウェールズに生まれ、17歳でカナダに渡り、北極地域での調査12回。

 

1962年初来日。

 

1980年 長野県移住。

 

1995年 日本国籍取得。

 

(一部抜粋)

 

僕も彼のようにもう少し行動的な人生を歩みたい。

 

 

 

彼の著書

 

「誇り高き日本人でいたい」

 

僕が少年の頃この本を読んだかどうかは覚えていない。

 

しかしこの言葉を聞くだけで、僕は身の引き締まる思い。

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM