<< 新入荷「アメリカかぶれ!?」 | main | 俺の女子力!? 鴨南蛮うどん!! >>
2020.05.05 Tuesday

SL & SUPER7 & 俺のXS

 

昨日の午前、前橋市内、信号待ち。

 

コンビニの駐車場でSLが・・・!!

 

 

 

すごい、カッコいい。

 

車の下にもぐっている!?

 

 

 

 

 

 

 

 

古い車を乗ることは、それほど安易なものではない。

 

涼しい顔して乗っていても、実は「ドキドキ」なこともある。

 

2020年、G.W.中盤での出来事

 

 

 

 

 

 

 

「SL」も「ナロー」も「ディノ」も高くなってしまった。

 

手が届く、手が届きそうな時代が懐かしい。

 

 

 

 

 

「ナロー」が200万円台で買えた時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ディノ」が680万円で買えた時代。

 

 

 

 

 

 

 

実家の本棚に無言でずっといる昔の中古車雑誌。

 

ずいぶん捨てられたけれど、それでもまだ残っている。

 

一度捨てたら帰ってこない。

 

「断捨離!?」

 

そんなもの「モノ」に対する「情熱」がないやつらの行動!!

 

1冊の何の変哲もない中古車雑誌。

 

でも当時の僕は毎月、毎月、何度同じページをめくって、自分が将来運転する姿を想像したことか・・・!?

 

 

 

 

 

僕にとって、「車」も「家具」も「洋服」も「雑誌」も、人生の中での大切な思い出。

 

 

 

 

 

 

 

今日はそんな人生の1ページ、思い出つくりを厳しい車で始めた顧客が来店した!!

 

買ったことは聞いていた。

 

「スーパー7」!!

 

 

まずは横顔!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はこの角度が好き☟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりの車は難しいよね。

 

本気で買おうと思ったら、何買っていいのか??

 

「ケーターハム」

 

「バーキン」

 

「ドンガーブート」

 

色々あるものね。

 

エンジンも難しい。

 

 

 

この車、キャブの最終だって。

 

 

僕の携帯電話に登録されている人たち、少なくても3人は「スーパー7」を所有している!?

 

 

 

僕は乗るなら、スズキのエンジン積んだのが欲しい。

 

ものすごく軽いでしょ。

 

一番アクセル全開踏めるでしょ。

 

 

 

速い車、高出力な車はたくさんある。

 

しかし日本国内で、どれだけアクセルを踏めるか?

 

踏めないよね!?

 

サーキットでも行かないと・・。

 

 

 

僕が「車」や「バイク」を引退した理由の一つ。

 

「すぐ信号じゃん!!」

 

「免許証いくつあっても足りないじゃん!!」

 

「車カッコ良くても、後ろに田んぼ見えるじゃん!!」

 

「保安部品つけたら、カッコ悪いじゃん!!」

 

 ↑日本の公道を走るときはきちんと保安部品を付けましょう。

 

 

 

 

 

僕の愛機!!

 

最愛のXS。

 

アメリカのフリーウェイで。

 

 

 

 

ヘッドライトとブレーキランプ以外無し!!

 

ウインカーはありません。

 

 

命をかけて乗っている。

 

アメリカでは後ろから車に突っ込まれて亡くなるやつがいる。

 

ウインカー必要だよね!!

 

 

 

 

僕は「ハーレー」に乗りたくアメリカに渡ったと言っても過言ではない。

 

しかしそのアメリカで、学んだ。

 

この「XS」は、その後の僕の生き方を象徴するキッカケになったかもしれない。

 

 

 

何を学んだのか?

 

一言でいえば、「T.P.O.」

 

身長170ちょっとの日本人の俺が、どんなに格好いい、格好良く「ハーレー」に乗っても、

 

それは青い目をした金髪の女性が「着物」を着るようなもの・・。

 

 

 

「デイトナビーチ」にも何度か行った。

 

 

バイクウィークでの1枚。

 

 

 

「本気」度が違う。

 

格好良さが違う。

 

 

 

 

「負け戦はやめよう」

 

自分が勝てるステージで勝負。

 

 

ない物ねだりではなく・・。

 

 

 

 

 

☟このバイクがアメリカで初めて買ったバイクだった気がする。

 

 

 

 

免許を取るために買ったバイク。

 

まだこの時は次に「ハーレー」買う気満々のころ。

 

誰かのヘルメット借りていった。

 

バイクを買いに行ったのが夜になってしまった。

 

(個人売買)

 

夜間走行安全の為、「AVIREX」のMA-1を裏返して着た。

 

 

「さあ、これからドライバーズライセンス取るぞ!!」という顔。

 

アメリカはバイクを持参して免許証の試験を受けにいかなければならない。

 

従って、免許書を取る前にバイクを買う、バイクに乗る!?

 

さすがに人のバイクで練習、試験受けられないでしょ。

 

車と違って、倒したら・・!!

 

 

 

 

 

 

 

俺が乗って、俺がモデルでも「絵」になるでしょ。

 

バック(背景)がいいから!!

 

 

 

 

僕が言いたいことはこういう事。

 

洋服なんて「どう着るか?」

 

車・バイクなんて「どう乗るか?」

 

家具・インテリアなんて「どう入れるか?」

 

 

 

後ろが、田んぼじゃ!!

 

背景が、畑じゃ!!

 

 

じいさん、ばあさんが見えたら・・・!!

 

 

 

しょうがないことだけど・・・。

 

 

だから僕は日本を脱出したい。

 

畑や田んぼや爺さん婆さんの見えない場所へ。

 

 

 

 

 

 

補足:このころの僕のこだわり。

 

ライダースを無理して「XS」サイズ着用。

 

バランスだね。

 

巨漢のアメリカ人に対して、小柄な日本人。

 

よりスリムに見せるための演出。

 

この後、「フーターズ」とか行くでしょ、

 

アメリカ人「ハーレー」で来るでしょ、

 

バイク止める時、負けたくないのよ。

 

「俺のほうが格好いい!!」

 

 

ブーツは意図的にブラックではなく、「茶」。

 

これは「崩し」、「抜き」だね。

 

もちろんブラックのブーツも持っていたよ。

 

僕がインテリアを提案する際、「崩し」や「抜き」をお客様に提案する時がある。

 

そんなテクニックもこんなところから学んだのかもしれない。

 

「やりすぎない」!!

 

 

 

 

最後に僕の愛機「XS Heritage Special」

 

他にも「XS」持っていたので・・・。

 

「XS Heritage Special」をアメリカから個人で輸入した時の1枚。

 

たしか港まで取りに行った気がする。

 

家具屋やる前からこんなことしていたんだもんね。

 

一人で勝手に。

 

もちろん誰も教えてくれない。

 

インターネットのない時代。

 

今は何やるのも「楽」。

 

ちょっと検索すれば書いてある。

 

ある意味魅力ないね!!

 

誰でも出来る。

 

 

 

 

 

木箱に入れて輸出。

 

このころはダットサンの「D21」。

 

今は「D22」に乗っている。

 

 

 

 

 

 

 

楽しいそうだな、このころの俺。

 

何でもやりたいことやった。

 

今以上に人のことなんて気にすることなかった。

 

だって同級生でバイクアメリカから輸入するやついないし。

 

 

 

やっぱり俺、つまらない人間になっている!?

 

もちろん今、幸せな人生を過ごしている。

 

でもなんか「普通」!!

 

「大人になったから」の一言で済ませたくない。

 

なんかすべて「想定内」。

 

 

 

「家具」なんか売っているからかな〜。

 

 

 

こんなつまらない人間じゃなかったはずだけどなあ〜。

 

今度「加藤」に聞いてみよう。

 

「俺、つまらなくなった?」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM