<< It's been awhile 3. | main | 出張!! >>
2020.11.14 Saturday

It's been awhile4.

 

家具屋のブログ。

 

あまり家具のことを書かないねこの人。

 

ここ数回続けて家具の紹介がない。

 

初めてブログを読んでくれた人は少し戸惑うかもしれない。

 

 

ジョージ ポージはネット屋ではない。

 

ネット販売で売上を上げようなんて気持ち今のところサラサラない。

 

昨年はごく僅かネット販売したけど・・。

 

きちんと家具を検討している人は是非ご来店ください。

 

ご希望であれば、お客様が「もう十分です!!」と言うほど僕が家具・インテリアの話をさせていただきます。

 

気が付けば24時までお客様と家具・インテリアの話をしていることもあります。

 

 

僕が目の前のお客様にどう家具をインテリアをご提案させていただくか? 

 

どんな家具を販売させていただくか? 

 

でお客様の人生が変わってきます。

 

 

「大袈裟に〜」と思う人もいるでしょう。

 

そうでもない。

 

僕が真剣にご提案させていただくと人生変わる人がボチボチいるのです。

 

興味がある人、疑う人がいれば是非僕のところへ来てください。

 

 

ただ単にジョージ ポージで家具を買う。

 

それだけではそれほど人生変わらないかもしれない・・。

 

でもくだらない同業他社で家具を買うよりはずっといいから安心して!!

 

 

僕が提案し、ご理解いただき、実行していただくと変わる人が多い。

 

 

皆さん何かしらの仕事をしていると思います。

 

大抵の場合「道具」を使います。

 

●プログラマーは「パソコン」という道具を使う。

 

●大工さんは「インパクト」という道具を使うでしょう。

 

●料理人は「包丁」という道具「フライパン」という道具を使う。

 

 

「道具」が変わると「仕事」が変わる。

 

ハイスペックの「パソコン」になれば・・・?

 

重さの軽い「インパクト」になれば? バッテリーが長持ちする「インパクト」になれば?

 

「包丁」が切れるようになれば・・? 「フライパン」が焦げ付かないようになれば?

 

「道具」が変わると「仕事」が変わります。

 

 

「家具」は「家の道具」と書く。

 

「家の道具」、「家具」が変われば「生活が変わる」

 

「生活が変わる」ということは長い目でみて→「人生が変わる」。

 

そのための「道具」を僕が提案する。

 

 

消費者がその辺で適当に家具を買う、買い替えるだけではそれほど人生変わらない。

 

自信が無ければこんなことは書かない。

 

絶対的な自信があるから僕は書く。

 

この部分に関しては「命をかけて仕事をしている」。

 

絶対に負けたくないし、負ける気なんて到底ない!!

 

 

なんで今日はこんな話になったのか?

 

命をかけて仕事をしていると「疲れる」。

 

「そろそろ家具屋を引退しようかな〜」と時々真剣に考える。

 

 

「そりゃ仕事は何だって疲れるだろ」と言われるかもしれない。

 

なぜ僕は疲れるのか?

 

なぜ僕のやり方は疲れるのか?

 

 

例えば

 

/事に行く。

 

⇒良を買う。

 

車を買う。

 

などの行為は頻度は違うにせよ、日常生活での一般的な行為。

 

上記3点を含め日本ではそのほとんどの行為が世界基準である。

 

 

どういうことか?

 

‖召旅颪鉾罎抛本の食、食生活は遅れているか?

 

答えは「NO」。

 

例えば、日本いれば世界各国の料理が食べられる。

 

日本の食は「安全」。

 

 

他の国に比べ日本の洋服やファッションは遅れているか?

 

答えは「NO」。

 

昨今世界では日本の若者のファッションが注目されている。

 

世界で勝負している優秀なファッションデザイナーもたくさんいる。

 

 

B召旅颪鉾罎抛本の車、自動車メーカーは遅れているか?

 

答えは「NO」。

 

世界では自動車メーカーの無い国のほうが多い。

 

日本にはトヨタ・日産・マツダ・本田・ダイハツ・ズズキ他多くの自動車メーカーが存在する。

 

 

 

僕らが日本で毎日生活をしているそのほとんどの行為が「世界基準」を満たしていると僕は考える。

 

「教育」「医療」「福祉」「道路整備」「水」etc. も含めて。

 

 

ピンポイントで他国と比較すれば遅れもある。

 

しかし大抵のことは「世界基準」を満たしている.

 

 

だって世界にはまだまだ「発展途上国」がたくさん存在するのだから・・。

 

 

世界で日本が表立って遅れていることなんてほとんどない。

 

 

ex.「キャッシュレス」

 

こんなことは確かに中国などから比べれば遅れてはいる。

 

しかし世界で考えればそれほど遅れているわけではない。

 

 

 

さあ、ここで僕の専門分野。

 

「家具」「インテリア」。

 

日本の「インテリア」は世界でかなり遅れている。

 

先進国(G7)では間違いなく「最下位」。

 

G7以外の多くの先進国(オランダ・ベルギー・スイス・オーストリア・スウェーデン・デンマーク他)

 

を含めても日本の「インテリア」は最下位。

 

 

だから僕が真剣に「インテリア」の話をするときは、

 

まずは日本の「家具」「インテリア」の何が間違っているのか?

 

ここからお客様に話をしなくてはならない。

 

 

例えば昨今日本で人気のLD(エルディー)。

 

何が間違いなのか?

 

全国にはそれを知らずに一生懸命LDを販売している家具屋がたくさんいる。

 

僕も時々売りますよLD、年に2セットくらい。

 

展示もしているし・・。

 

僕に時間があって、お客様にきちんと説明ができるときにはLDをオススメしない。

 

 

お客様から「LDはどうですか?」と質問があった時、

 

僕はお客様に対しきちんと「こんなものダメです」と話をする。

 

 

「ベンチ」も同じかな?

 

昨今ダイニングテーブルを検討しているお客様の半数以上が「片方はベンチがいいんです」と言う。

 

どこかで洗脳されてくるんだろうね。

 

「ベンチ」も基本ダメ!?

 

でも安心してください。

 

「ベンチ」を買ってもお客様の人生は変わらないから、大丈夫。

 

 

「インテリア」「家具」の観点からきちんと説明させていただくのであれば、

 

人生を変えるのは、人生が変わるのは、「ソファー」と「ベッド」。

 

「ダイニングテーブル」と「ベンチ」ではそれほど人生は変わりません。

 

 

最終的にお客様が「ベンチ」を選択したとしても、お客様の人生は変わらないから、

 

最近ではたくさん「ベンチ」を展示しています。

 

展示会やメーカーに行った際、ベンチを見るたび、発注しています。

 

 

でも僕は間違っても自宅のダイニングで「ベンチ」を使うことはないでしょう。

 

なぜだか答えが知りたい人は僕のところまで。

 

もちろんタダ(無料)でお教えします。

 

 

ここで初めての人のためにジョージ ポージのシステムをお伝えします。

 

何度ご来店いただいてもタダ(無料)。

 

僕が「家具」「インテリア」のことを8時間話をしても無料。

 

商品を注文した時だけお金を払うシステム。

 

ご安心してご来店ください。

 

 

 

 

ちょっと強引な話をすると、日本人が考える「インテリア」って間違っていることが多い。

 

 

その代表的な事例。

 

「家具は一生もの」と思っている。

 

大間違い!!

 

僕は「ソファー」と「ベッド」の説明をする際、

 

「ソファーとベッド(マットレス)は買い替えるものです」と説明をする。

 

 

日本にはソファーとベッドの文化がない。

 

だからソファーとベッドを理解していない僕の先輩たち。

 

先輩の家具屋が「一生もの」なんて言葉を発し、少しでも高いものを消費者に売りつけようとした結果、

 

ソファーとベッドを買い替える消費者が日本では少ない。

 

もちろん最初からあきらめて、量販店やネット屋などから安物を買った人は多少買い替えるでしょうが・・。

 

 

 

 

ちょっと脱線して・・。

 

「安価なマットレスが欲しい、寝心地の良いものが希望」という消費者が時々存在する。

 

気持ちはわかる。

 

でもそれは「軽自動車を買う、乗り心地が良い軽自動車求む!?」みたいな感じ!?

 

それを車屋さんが

 

「お客様軽自動車で乗り心地の良さを求めても・・軽自動車は経済性と・・限られたサイズの中での・・」と

 

説明してもそれほど角が立たない。

 

 

 

難しいよね。

 

 

僕は安価なマットレスをたくさん販売します。

 

例えば5万円の予算のお客様には、5万円でベストのマットレスをご提案。

 

少し予算をつけてくれるのであればその分の寝心地をご提供させていただくつもりです。

 

 

 

このあたりは僕の超得意専門分野なのでわからない人、理解できない人は僕のところへ来てください。

 

喜んで説明させていただきます。

 

●なぜ日本のインテリアは世界で最下位なのか?

 

●なぜLDはダメなのか?

 

●なぜベンチはNGなのか?

 

上げればキリがない。

 

 

もう少し広い枠組みで話をさせていただくと、

 

「マスターベッドルーム」の隣に「ウォークインクローゼット」が書かれている図面をたくさん見る。

 

悪いことではないから問題はないけれど、これが「間違っている」と気づいている設計士、工務店が

 

日本にはどれくらいいるのか?

 

 

「家具」→「インテリア」→「空間」。

 

 

これが僕の専門分野。

 

 

 

 

命をかけて真剣にご提案させていただく際、

 

まず僕はお客様に対しこんなことを2時間お話しさせてもらうことが多い。

 

それでやっとお客様がスタートラインに立つことが出来ると僕は考える。

 

いくら僕が命をかけてご提案させていただいたとしても、

 

ほとんどの日本の消費者がそうであるように、間違ったゴールに向かってスタートラインに立っているようでは、

 

きちんとゴールできるわけがない。

 

だから僕は疲れる。

 

 

本気でお客様の人生を変えてやろうという時は、商品の話なんてほとんどしない。

 

「100M走はゴールに向かって全力で走るんだよ」ということを選手が理解してさえいれば

 

遅かれ早かれ自ずとゴールすることが出来る。

 

つまり何事もその競技を理解し、

 

ゴールへ向かって、

 

きちんとスタートラインに立てばそれなりの結果はついてくる。

 

 

インテリアとはどんな競技か?

 

インテリアのゴールはどこにあるのか?

 

そしてきちんとインテリアのスタートラインに立ってさえいれば、消費者がそれほど間違うことはない。

 

 

結果僕がなぜこの商品をすすめるのかを消費者は理解できるはず。

 

本当はどこのお店で家具を買ったとしても消費者の趣味的な事を除けば、答えは一緒のはずなんだけどな〜。

 

だから僕の場合、商品の話なんて最後の20%くらい。

 

80%は何が正解で何が不正解かの話。

 

 

 

 

一つ答えを教えよう。

 

LD(エルディー)。

 

高さが少し低いダイニングテーブルのセットのことを指す。

 

ダイニングテーブルの高さが65センチが多いかな?

 

片方がベンチ、または背付のベンチの場合が多い。

 

椅子とソファーの中間くらいな食事をする道具。

 

そんな認識。

 

 

本来はリヴィングダイニングのスペースにソファーとダイニングのセットを別々に設置するはず。

 

しかし日本では長い間、今も、くだらないソファーばかりが販売されている。

 

結果世界では考えられない「うちはソファーいらない」「うちはソファーがない」という間違った

 

インテリアつくりをする家庭がまだまだ多い。

 

 

こんなことを言うお母さんが多い。

 

「新築の時にソファー買ったけど、古くなって誰も座らないから処分しちゃったの。でもダイニングチェアーだと

 

 くつろげないから、テーブルはちょっと低めにして、椅子よりもくつろげるベンチタイプにしたの」なんてことを・・。

 

 

そんな間違ったインテリアが日本のみで増え続けている。

 

 

 

 

「家具」は「家の道具」と書く。

 

世界では「ダイニングテーブル = 食事をする道具」。

 

世界では「ソファー = くつろぐ道具」。

 

 

日本では「くつろぐ道具 = ソファー」という方程式が成り立っていない場合が多い。

 

だから結果「LD」なんていう家具が日本では売れている。

 

 

「LD」なんてものは「インテリア超後進国」の日本にしか存在しない。

 

 

「ダイニングのセットとソファーを両方買うとお金がかかる」なんて消費者が稀にいる。

 

「シャツとパンツ両方買うとお金がかかる?」なんてことを世界中の人が言いますか?

 

「シャツは着るもの」「パンツははくもの」。

 

「ダイニングは食事をするもの」「ソファーはくつろぐもの」。

 

 

ご来店いただき僕が本気で命をかけてご提案させていただくときはまずこんなことを理解してもらう。

 

だから疲れる。

 

LDのセットだけ検討している消費者に「ダイニングのセットとソファーは必要不可欠」なことを説明する。

 

 

 

 

僕よりもへそが曲がった、性格の悪い人は考えるであろう。

 

「商売だからダイニングのセットとソファー両方売りたいんだろ!!」と。

 

商売だからではない。

 

家具・インテリアのプロだからきちんと提案したいだけ。

 

 

買う、買わない、の判断は僕の仕事ではない。

 

それはお客様の仕事。

 

 

こんな例も山ほどある。

 

「両方買いたいけど、予算が・・」なんて消費者も・・。

 

20年近くこの仕事をやっていると、群馬県内で一番長くインテリアショップを営んでいると、

 

大抵のことは経験済み。

 

 

だから僕はリーズナブルな家具をたくさん販売する。

 

場合によってはLDを1セット買う予算でリーズナブルなダイニングと心地が良いリーズナブルなソファーを買えばよい。

 

高いものを売りつけようなんて気持ちはサラサラない。

 

基本予算なんてお客様が考えること。

 

食べ物も洋服も車も家具も「良い物」が欲しい人は少し予算をつければよい。

 

 

 

基本1日3回食事をする。

 

毎食事、体に良いもの、美味しいものを食べようと思うとかなりお金が必要。

 

 

アウター(コート・ダウン・ジャンパー・ジャケット)、パンツ、シャツ、スーツ、ジーンズ、セーター、その他。

 

すべて素材の良いものやブランド品を買おうと思うとかなりのお金がかかる。

 

ファストファッションで毎年買い替えたとしても、1世帯が1年に消費する洋服代金は膨大。

 

 

地方では一人一台車が必要。

 

大人が3人いる世帯では3台の車が必要となる。

 

1年間で車1台維持するのにかかる費用がどれだけか?

 

(昨今、レンタカーやシェアが多くなっているよね!!)

 

車両代金の他に、

 

毎年自動車税を払う。2000ccで¥39,500くらい。

 

一般的には2年に一度車検。普通車であれば特に修理する箇所が無くても最低¥100,000〜。

 

当然自動車保険も払うよね。20等級で60%くらいの割引になっている人でも月々数千円。

 

そろそろスタッドレスタイヤを履かなくては・・。

 

あたり前のことだけど、週に一度? 人、車によっては月に一度? ガソリンを入れる。

 

そうそうオイル交換もきちんとしなくては・・。

 

流行りのドライブレコーダーをつけて・・。

 

中古車買ったからナビを新しくしよう・・。

 

どれだけ車にお金がかかるか?

 

ベントレーやフェラーリを買った時の話ではない。

 

 

僕の提案する「家具」とは、

 

車のような莫大なランニングコストがかからない。

 

ほとんど0(ゼロ)円!!

 

ソファーなんて車のように一人一台の必要がない。

 

一世帯、ソファー1台で大抵の場合話がつく。

 

それでいて価格が車の1/10で購入することが出来る。

 

 

 

 

「体に良いもの、美味しいものを食べるな」と言っているわけではない。

 

福島家のエンゲル係数は高い。

 

 

「洋服を買うな」と言っているわけではない。

 

僕はかなり洋服を消費する。

 

 

「車にお金をかけるな」と言っているわけではない。

 

僕は誰よりもたくさん車を買った。

 

ガキの頃はアメリカで「Automotive の Marketing」を学んだ。

 

これまでの人生たくさん車にお金をかけた。

 

個人的には車はそろそろ卒業!?

 

「あがりの1台」を探している。

 

 

 

 

家具ってね、高くないんですよ決して・・。

 

それでいて、家族を心地良くしてくれたり、体をいたわってくれたり・・。

 

 

「家具は高いですよね〜」と言われることが僕は1番悲しい。

 

「何と比べているのお客さん!?」

 

 

「家具は高い」

 

「ソファーなんていらない」

 

「俺は、私は布団派」

 

まだまだそんな考えを持った日本人が多い。

 

 

少しでも興味がある人、人生を心地良く変えてみたいという人は僕と真剣勝負をしてみませんか!?

 

今日このブログに書いたことなんて「まえがき」の「まえが 」程度。

 

「俺が日本のインテリアを変えてやる!!」とは言えない。

 

でも「僕がお客様のインテリアを提案することで人生を変えることはできる」と思っている。

 

 

今日は何書こうとしたんだっけな〜?

 

毎回忘れるほど僕のブログは脱線する。

 

少し書いては、別の仕事をして・・。

 

少し書いては、接客して・・。

 

だからいつも話がまとまらない。

 

もうジョージ ポージはとっくに閉店している。

 

エアコンがかかっていない店内で僕は一人ブログを書いている。

 

パソコンのバッテリーが少なくなったからもう帰ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEORGE PORGIE Modern HP
george-porgie.com
GEORGE PORGIE Modern 公式Facebookページ
ジョージポージモダン公式FACEBOOKページ
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM